--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/10 (Thu)
 Orquesta Aragón , Cumple 70 años



近所の友人宅に挨拶回りをしたときのこと。最初に寄った友人は不在、Centro Habana で新しいアフロキューバンの催しが行なわれるようになったそうで、そこにいると弟が言う。相変わらずだなぁとおもいつつ、Teatro Amadeo Roldán の前を通る際にスケジュールを見よーっと思いつつ歩いていると、Amadeo Roldán の脇でその友人にばったり会った。
ひとしきり再会の歓びを伝え合った後、彼女が「今日は Orquesta Aragón のコンサートがあるのよ。それでここにいるの。」と言う。彼女はこういったステージの催し関係の仕事をしている。サブ・ディレクターのようなことを言っているけど、ディレクターの補佐って感じで、それほど地位は高くないんじゃないかと思ってるんだけど。
Orquesta Aragón は、その昔私の目から鱗を落としたキューバのクラシックのグループ。Danzón や Cha Cha Cha 、Son などを演奏する。ウィーン・フィルや MET 、ロンドン交響楽団やイスラエル・フィルなど来日した名だたるクラシックのオーケストラをかなりの数聴いている私が、「美しい音楽って、こういうものなのね!」と大感激したグループである。さやかちゃんの師匠 Lázaro Dagoberto González もメンバーのひとり。
「えー !!Aragóoooon!!」と言うと、「リハーサル観る?」と。彼女には Jazz Plaza の際などもよくリハーサルを見せて貰っていたのだ。

彼女が言うには、リハーサルに潜り込むのは以前と変わらず簡単なのだけれども、本番を見るのは難しくなったそう。チケットは完売だそうで、兎に角もう当日、誰かに入れてもらわなければ。
キューバってコネ社会で、どこにどういう知り合いがいるかで受けられるサービスが全く違う。コネさえあれば長い列に並ばなくても済むし、こういったコンサートに無料では入れたりする。
幸いなことに以前お世話になっていた家族が Teatro Amadeo Roldán と Teatro Karl Marx のディレクターをしていて、これまでずっとどちらも自力でチケットがゲットできなかった際には入れてもらってたりした。
彼女に難しくてもその家の人に頼んでみようかなと思ったところ、「8時に裏口に来て。」と言うので、彼女に任せることにした。

20時少し前 Teatro の裏口に行くと彼女が待っていて、取り敢えず楽屋口に入ることは出来た。その先がなかなか進まなくて、他の人と難しい顔をしながらぶつくさ言い合っている。舞台袖で聴くことが出来るだけでもいいので追い出されないかどうか心配になったのだけれども、「兎に角落ち着いてここに座っていろ」と。
暫くすると客席への通路に通してくれて、客席へ。端の席に座っていろと。「この席のチケットを持った人が来たら、どうしたらいいの?」と訊いたのだけど、「大丈夫だから座っていろ」と。
始まるまではらはらし通しだったのだけど、その席の所有者は来なかったので、もしかしたら関係者席か何かでとってあったのかもしれない?よくわからないけど、無事にコンサートを観ることが出来ました。

どうやら Aragón 、9月に結成70周年だったようで、その記念コンサートでした。
こういうことってたぶん珍しいと思うのだけど、コンサートの始まり、メンバーがステージに揃ったところで早速スタンディングオベーションをする観客もけっこういた。それだけ愛され期待されていると言うことね、と思う。
なんか、、日本で初めて観たときのようにてんからキラキラしたものが降り注いでくるような感じはなかったのだけれども、半分 Son 、半分 Danzón - ChaChaChá といった演目で、なかなかいい感じ。
おじいさんふたりがときどきステージに出てきて、Aracón の功績を讃えたりした。たぶん以前在籍していたミュージシャンなのではないかと?後日知り合ったおばあさんも「ああきっと昔のムシコだわ。」と言っていたので、たぶん。このおばあさんたちは、申し訳ないことに凄く行きたかったけどチケットが手に入らなかったんですって。。私は外国人でいろんな人が助けてくれるし、彼らに比べたらずーっとお金も持ってるので、一般の人たちよりも得をすることが多くて、こういうときは本当に申し訳なくなる。
その他に Bárbara Yanis というリリコの歌手がゲストとして2曲ほど歌い、女性コメディアン(なんだと思う。。)が華を添えた。華なのか?!華はダンサーさんたちね。1組のペアーが2回ほどステージ上で踊りました。
また、子ども達の Charanga 楽団 Charagonsito も2曲演奏。ティンバレスとピアノのこが素晴しかった。ヴァイオリンソロをした子も。Charagonsito は、Charanga と Aragón を併せて、子ども達とかの愛称になる - sito から命名されたそう。主にメンバーの身内から構成されているとのうわさ。
ちなみに Charanga というのは、楽団の構成のことで、ヴァイオリンやフルートなどが加わった形式の楽団を指します。
クラシックとはいえバイラブレ、気持ち良さそうに楽しそうに踊って楽しむ観客が多かったです。遠くてよくわからなかったのだけど、ひとり通路全部使って踊りまくっているおじいさんがいて、みんな大喜び。

終演後、昼の暑さが納まった Malecón をそぞろ歩きたくなるような、そんな気分にさせてくれる素敵なコンサートでした。

スポンサーサイト

clasica | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/01 (Wed)
 "Danzón #2" de Auturo Márquez por Dudamel



先日書いた Gustavo Dudamel 君指揮のベルリンフィルのワルトビューネ・コンサート 、YouTube 映像を見つけたのでお知らせ。



6A - Arturo Márquez - Danzón - Dudamel y la Sinfónica de Berlín

続きは 6B - Arturo Márquez - Danzón - Dudamel y la Filarmónica de Berlín


ね、クラベスが木製じゃないって感じでしょう?ステンレスに見えたのは気のせいだとしても。
ラテンな太鼓が並んでいて、楽しそうですねー。いいなぁ、ティンパニー。アクティブで。私はオーケストラで出番がないときのティンパニー観察が好きです。ここでは演奏がね、アクティブでいいなと。
Dudamel かわいいぃー。

これは、Danzón をモチーフに取り入れて作られたクラシックの曲ですね。だから、これが Danzón だと思ったら違うんだけど。
この曲がどのくらいの頻度で演奏される物なのかは知りませんが、Dudamel 君は頻繁にやってます。ラテンの国出身だからなのか、本人の好みでなのかどうかもわかりませんが、ラテンリズムの曲が多いように思います。もちろんマーラーとか普通のクラシックもやるし、Opera のラ・ボエームも振ったけど。

いいなぁ、野外コンサート。気持ち良さそう。
去年イタリアの Verona で Opera 観たの、書いてなかった?みたいですね。Verona にはローマ時代の野外コンサート劇場があって、そこでカルメンとアイーダを観ました。ここほど大きな会場じゃないけれども、ちゃんと生音が聴こえてくるのよね。オープンエアは、とにかく気持ち良かったです。
前の方のお高い席の観客はちゃんとイブニングやタキシ-ドなどで正装しているんだけど、後ろの上の方は何しろお席がローマ時代の切り出し石階段だからね、ヒールの靴じゃ危険です。けっこうラフで、近所のおばちゃんグループやファミリーでって感じで来ていました。ここでは花火やってるけど、Verona の Arina では、1913年のヴェルディの100回目の誕生日以来ろうそくを灯して観るんですって。3回目の開演の合図の銅鑼が鳴ると、あちこちでろうそくがぽっぽっと灯っていって、ちらちらと光る灯がすっごく綺麗だった。


ところで YouTube 、違法に UP した物は削除されたりしてますね。過去に私がリンクを張った物も、無くなっちゃったりしてます。お気に入りシリーズが一斉に無くなって、軽くショックを受けました。
以前から書いているけど、売り物を UP するってのは、しちゃいけないことだと思ってる。どのくらいミュージシャンやアーティストに入るのかは知らないけれども、本来だったら収入になるかもしれなかった分が減っちゃうわけでしょう?愛が足りないって思うのよー。もしくは、知ってもらう手立てになるかもしれないし、宣伝になるかもしれないのだけど。
キューバのミュージシャンを含め、私が UP しているのは、ほぼ全て許可を貰っています。1グループだけ、まずいかもってのはあるんだけど。
なるべくこれは売り物だろうってのはリンク張らないようにしていたのだけど、そういうものの方がえてして状態が良いのよね。興味深いし。無くなっちゃったのは残念だけど、しょうがない。

clasica | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/26 (Fri)
 Abanico



YouTube で Changuito,Tata guïnes, Poncho Terry en el ISA (1) を観ていて思い出した。あ、ちなみに Poncho Terry じゃなくて Pancho Terry ね。Tata guïnes じゃなくて Tata Güines ね。思い出したっていうより、書かなきゃって思ってたことの一つ。

Jerry González の1日ツアーに連れて行ってもらったときのこと。メンバーは、Caramelo と Alain PérezKiki 。お昼ご飯を食べていると、バテリスタの Kiki が言い出した。「最近 Abanico が間違った叩き方をされている。」と。
Abanico とはスペイン語で扇子という意味で、Danzón から ChaChaCha に展開するときのティンバレスの音が扇子を広げる音に似ていることから、その展開部分の叩き方を Abanico と言うのです。
タン・タタタタ・タンって感じなのだけれども、そのタタタタは、スティックを1回太鼓に落としただけで鳴らさなきゃならないのに、両方のスティックを細かく叩くことによって鳴らす人が増えたと。
「同じように聞こえるかもしれないけど、あれは間違いだ。」
たぶん、たぶんたぶん、プロのパーカッショニストなら誰でも知ってるんじゃないかな?そのスティックを1回落としただけでタタタタと音を出すってのも、日本でなら小学校の鼓笛隊でもやり方を習うはずのことで、基本中の基本の叩き方なのではないかと思うのだけど。。
でも Kiki がそう言うなら、そのように間違った叩き方をしている人が多いってことなのかもしれません。欧米では。

そのツアーバスは、バスっていうより9人乗りのバンですが、楽しかったですよ。道中皆ほとんど寝ていたのですけどね。Jerry González は、寝ているのか起きているのかわからないけれども、ずっと彼の貴重なコレクションのテープを大音量でかけっぱなしで、Alain は誰かと電話で話すことが多くて、そのたびに「音量を下げてくれ。」と何度も頼み、音量を下げたとたんに Jerry が音量を上げ、「だから!電話中だと言っただろう!」音量を下げて30秒も経っていないのに、Jerry は「まだ話しているのか?!」って感じだったり。私としてはその貴重なテープ、楽しかったんですけどね。メンバーも時々「これは誰の演奏?」と訊いたりしてたのだけど、最後には「ずっとパッパラパッパラ聴いていられない!」と Alain と Kiki が不満を爆発させたり。Kiki はずっと自分の i-Pod で何か聴いてたけど、それでも耳障りだったようで。。

Jerry はのんびりした人で、いつもご機嫌。すごくマイペースで、そのツアーも Jerry のペースで出発時間も帰るための出発時間も変わってしまった。

ツアー当日、8時出発と聞いていて、その前に Caramelo が迎えに来てくれるはずだったので、帰ったのが2時過ぎにもかかわらず6時には起きて7時過ぎには出かけられるように準備していた。そして Caramelo には「準備 OK 。いつでも出かけられるよ。」と携帯にメッセージを送ったのだけど、返事が来ない。8時前に電話もしてみたのだけど、留守電になっている。9時過ぎて、「置いていかれた。。。」と思ってとぼとぼと外出。そのうち私の携帯がつながらなくなってしまったので、もう恨み言を書いたメッセージも送れない。。で、街を彷徨っていたところ、Vodafone があったので、「つながらなくなっちゃったの。」と言って直してもらった。ら、Caramelo からたくさん電話が入っていた。で、慌てて電話したら、「今どこにいる?これから迎えにいくから!」と。既にメンバーは集合しているそうで、行きがけに私を拾うことになったらしい。既に11時過ぎてたんだけどね。
で、待ち合わせ場所に、徒歩10分なんだけどタクシーで飛んで行った。30分以上待たされた。それだったら、ホテルに置いてきた貢物に用意した3年物の Habana Club を取りに戻ってから来ても、充分間に合ったではないか、という感じ。結局出発は12時前でした。

泊まらずに帰るはずだったのに仮眠をとってから帰ることになったとき、ホテルにはメンバー分の部屋しか用意されておらず空き部屋もない、そしたら主催者が「Jerry の部屋はダブルだから、変えてもらえば?」と。Caramelo の彼女と勘違いされてた模様。Caramelo は、「僕が Jerry と一緒に寝るから、まさこは僕の部屋を使いなよ。」と言ってくれたのだけど、「それは Jerry に申し訳ない。」と。でも「Jerry は音楽にはうるさいけど、それ以外のことは広い心を持っているから、ぜんぜん気にしなくていいよ。」と言われた。確かにそんな感じで、言えば気軽に OK してくれただろうなと思う。結局、私は前日もほとんど寝ていなくて、「寝たら明後日まで寝ちゃうと思う。」と言って、ホテルのロビーで過ごすことにしたのだけど、ロビーと言っても1メートル半くらいのフロントデスクに二人掛けのソファーがあるだけの場所で、ホテルの人が2階にあるコンベンションルームみたいなところを使わせてくれて、毛布を持ってきてくれた。
翌日私がベットで寝なかったことを知った Alain が Caramelo に「アテンドが悪い!」と言っていたので、それはそれで Caramelo に申し訳なかったなーと思ったりもしたんだけど。
ずっと「まさこは僕のゲストとしてツアーに同行しているのだから、何の遠慮もしなくていいんだからね。」と言ってくれてたし、途中のお食事も全てツアー経費で賄われたみたいで支払わせてくれなかった。

話は前後するけど、昼食は、どうやらその地方の名物らしいステーキを Jerry を除く3人と運転手さんがオーダーしたのだけど、30×20×2センチくらいある大きなステーキはレアで、Alain と Caramelo は焼き直してもらったにもかかわらず、ミディアム・ウェルくらいに焼かれた肉も「赤い!焼けていない!」と言って、Caramelo はほとんど食べられなかったのがかわいそうだった。Kiki のは最初からミディアムには焼けていたみたいで、少し切り分けてあげたりしてたんだけどね。Alain も多少は食べてたけど、やっぱり赤い肉はダメみたいでした。味見させてもらったけど、日本人の私には不味い肉でしたし。Jerry の食べてたお魚のムニエルがいちばん美味しそうだった。私は何を食べたか、忘れちゃったけど、1プレートランチのようなもの。ツアーには同行できないと思って宿を出たので、あまり手持ちがなかったから、安いのにしちゃったのであった。気を使わずになんでも好きなものを食べなさいと言われてたんだけどね。
急いでいると言う割りに、デザートまでの、けっこうフルコースっぽく食べてました、みんな。勧められるがまま、私も。
邪魔にならないようにいつも一足先の行動を心がけていたので、やたら感心された。キューバ人とかあまりしないことだからね。たぶん、日本人くらいしかそういう心遣いする人種っていないんじゃない?

車中では、大阪在住本物の Charanguero 、Viti の話も出ました。「Viti を知ってるか?」と。「奥様とは Web 上で交流があって、Madrid のライブ情報も Viti がお友達に問い合わせてくれたりしたんだけど、会ったことはないんだ。」と言うと、ちょっと残念そうだった。いやはや、この場を借りて Viti と hiroko さんにお礼を申し上げます。
ついでに、「Alain は MySpace を持っているし、Viti も Melon も持っていて、MySpace 上でメッセージのやり取りもしているのに、Caramelo はどうして持っていないの?ライブ情報探すの、大変だったんだからね。」と言ったところ、「いや、来週には作るよ。」と言ってたのだけど、たぶんまだ作っていないんだろうな。

Alain と Caramelo は、Issac Delgado の日本公演で来日したことがあって、Sr.Murakami の話になった。「ここ数年は、Bamboleo ばかり招いているよ。Tania がすごく気に入っているみたい。」と言ったところ、後ろから Alain が「ちょっと待て!まさこは Bamboleo が好きなのか?!」といきなり。「私は、Vannia の時代の Bamboleo がすごく好きだった。」と言ったところ、「Ahora si.」ですって。最近の Bamboleo は、彼らにも評判悪いようで。。。そうそう、Alain は去年の Paco de Lucia 公演でも来日したそうです。
Kiki は、本名を Enrique Ferrer といい、Elmer Ferrer のお兄さんなのですって。吉祥寺にあった懐かしの Habana Club で数ヶ月間演奏していたそうで、日本にはステキな思い出があるそうです。後日おうちにお邪魔したら、中国人が書いた「愛」と「和」色紙があって、Caramelo に「Amor」と「Paz」だと自慢してました。キューバ人には珍しく猫好きで、猫を飼っています。

ツアー翌日は Madrid 内でホテルを移動する予定で、チェックアウトの11時に間に合うか不安でたまらなかったのだけど、無事11時頃チェックアウトすることが出来ました。その不安でたまらないのがすごく伝わっちゃったみたいで、「安心して、仮眠のための部屋のことは何とかなるから。」と、「いや、不安なのは、Madrid のホテルを11時にチェックアウトできるかどうかってことなの。」と何度も言ったのだけど、部屋のことを心配しているんだとずっと誤解してたみたい。万が一一緒の部屋に寝ることになっても、襲われない自信はあったんだけどね。そういうことする人だとは思わないし、Caramelo は宗教上女性とそういうことをしてはいけない時期にあったから。何故それがわかったかというと、現地に到着してリハーサル後ホテルで一休みってことになったとき、「まさこ、僕たちは友達で、友達として同じ部屋で休むけどそれ以上の何もないから僕の部屋で休みなさい。」と言われて困っていたら、Alain に「Caramelo は危ない男じゃないし、ほら、白尽くめの服装だろう?宗教上今はそういうことできないから、安心しなさい。」と言われたので。そーいえば Boris が「Caramelo は Santeria の儀式を受けるためにキューバに帰っている。」って言ってたなーと思い出したのであったよ。

計23時間弱の強行ツアー、その後体調がぼろぼろになったのは、言うまでもないこと。
なんたって、12時出発、途中昼食とって、19時現地到着、リハーサルして小一時間休憩、休憩時間中、私は人生で2度と行かないであろうその町を散策後背中に故障を抱えている Caramelo にマッサージ、21時半からのライブ後0時過ぎから夕飯、2時から4時まで休憩して4時半には現地を出発、Madrid には10時半くらいに到着っていう、すごいツアーでしたから。Jerry はその日、NY へと旅立ったのだよ。
ホテル移動後は丸1日ホテルで寝てたし、夜な夜なライブには出かけたけど、昼間はホテルにいることが多かったなー。またしても美術館めぐり、出来ませんでした。公園のお散歩は2箇所でしたけど。

ライブの模様は、臨場感溢れる映像と共にご紹介します。誰か AVI 動画を YouTube に UP する方法教えてくれたらね。MOV とかに変換すればいいんだけど、変換ソフトが使えなくなっちゃったんだよね、何故か。。


clasica | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/24 (Sat)
 最終幕は泣きっぱなし


2005年ザルツブルグ音楽祭の "椿姫" テレビで観ました。素晴らしかったです~♪
"椿姫" は、純情な青年の名を借りたろくでもない男にひっかかっちゃった乙女の哀れな恋ってくだらないお話ですが、マルグリッド役の歌手の表現力によって恋しちゃったんだもん仕方ないよねって納得させてくれるオペラとなると素晴らしいです。
私は最終幕って死の床の幻影だと考えているのですが、アンナ・ネトレプコのマルグリッドちゃんには泣かされっぱなし。素晴らしいです。

キューバでも "椿姫" 観たのですが、グラン・テアトロでは、お隣のホテル・イングラテーラで演奏している son が聴こえてきちゃって、泣きました~゛気持ち悪くなりました。
グラン・テアトロは、美しい建物だし、内装もランパラマニアな私はほくほくしちゃう素敵なところ。
でもね~゛外の音が入ってきちゃうってのは、酷すぎなのでは?
お席選ぶときには、気を付けて。私、当日直前にチケット購入したので、端だったから。

clasica | trackback(0) | comment(8) |


2006/06/08 (Thu)
 La Flauta Magica

CUBADISCO 2006 の一環として、Gran Teatro で Ballet Nacional de Cuba が La Flauta Magica をやりました。
これって、たぶん魔笛なんだと思って、魔笛好きの私としてはすっごく興味があったんだけど、Interactivo に続けて Bamboleo に行ってしまった。
フルじゃなくて Gala だったんだけど、バレエの魔笛って、どこをどう踊るのか、オペラでもいろんな演出があるものなので、今更ながら、とても知りたいです。

clasica | comment(0) |


2005/12/30 (Fri)
 Frank Fernández & Orquesta Sinfónica Nacional de Cuba


Teatro Amadeo Roldán(テアトロ・アマデオ・ロルダン)にて、Orquesta Sinfónica Nacional de Cuba(オルケスタ・シンフォニカ・ナシオナル・デ・クーバ)と Frank Fernández(フランク・フェルナンデス)のコンサート。


第1部は Orquesta Sinfónica Nacional de Cuba のみのコンサート。指揮者が誰だったか、メモするの忘れちゃいました。
この5台並んだコントラバスの美しさに目を奪われました。


そして第2部は Frank Fernández 登場。


本当に、素晴らしいピアニストです。
アンコールでソロをやったのですが、ちょっと泣いちゃいました。


こちら で直後レポートを書いています。

clasica | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。