--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/01 (Mon)
 Palacio de la Rumba



件の Palacio de la Rumba ですが、いいですよー。
毎週木曜日から土曜日の21時からと日曜日の19時から、Afrocubana の演奏が楽しめます。Muñequitos de Matanzas も月1で出演するそうです。
出来たばかりの頃はエントラーダが外国人は20CUC だったそうですがお客が来なくて、現在はキューバ人は50MN 、外国人は5CUC です。
飲み物は、ビールやコーラなどが1CUC 、他にもいろいろあるようですが、オーダーしたことないのでわかりません。

San Miguel y Aramburu などというちょっとわからない場所にあると思っていたら、何のことはない、 Entre Aramburu y Hospital で、Hospital と言えばおバカの Norberto が住んでいるので以前何度も行ったことのある道。Palacio de la Rumba は、Norberto の家の裏にありました。
私的には何の問題もない場所なんだけど、キューバ人にも危ない場所と言われる場所ではある。向かいが公園なんだけど、「夜は悪い子達が集まっているから気をつけなさい。」と。でも Palacio de la Rumba が出来たおかげで、セキュリティもタクシーもいつもいるし、Palacio de la Rumba の前は問題ない。そして San Miguel から1本 海寄りの Neptuno で私はマキナ・パルティクラルを拾うのだけど、明る~い電灯が点いてました。週末の23時半、道にはまだまだ人もいて、そんなに怖いことはなかったです。
でも、他の人には前からタクシーに乗ることをお勧めします。行くときも、真ん前までタクシーで行った方がいいです。近くまで行くバスもマキナもないしね。
Hospital は Infanta から3本目なんですけど、Infanta を通るバスが San Miguel よりもちょっと内陸の辺りに止まるのですが、歩くなら海寄りの Neptuno がお勧めですし、Infanta は危ないです。ちなみに P1 、P4 、今年は見かけてないのでなくなっちゃったかもしれないけど213などが通ります。
地域的には、あまり良くないです。

以前は映画館だったそうで、改装してピカピカ。Salón Rojo のようなゴージャスさはありませんが、今いちばん素敵なクラブかもしれません。まだ汚くないし。あ、トイレは、お水が流れないので、、えー、、、ま、そんな感じです。手を洗うお水は出ます。
ステージと、ステージ前のホール、そしてゆったりとテーブルが置かれた客席。いい感じです。寒いけど。お二階もあるのですが、二階はまだ観てないのでどんなだかはわかりません。後日覗いてみようと思います。
バーカウンターで直接飲み物をオーダーすることも出来ますし、カマレロにテーブルでオーダーすることも出来ます。カマレロも皆良く働きます。

難点は DJ だな。1曲終わると次の曲まで数十秒待たされるって感じ。私はあまり踊らないけど、座っていてもその時間は気になります。たまたま新人さんの日に当たっちゃったのかもしれないのだけど、次の日も1曲毎ぶち切れてました。Timba ばっかりだったり、Reggaeton ばっかりだったり、Disco Temba ばっかりだったり、メレンゲばっかりだったりって具合なのもびっくり。キューバ人、何でも踊るんだけどね。プレスリーもかかっちゃいましたよ。。

時間はちょっと押し気味に始まり、最初にプレゼンターが演目の紹介をして演奏開始。1部と2部があり、今のところ1部は特別な演目、2部は Rumba という感じです。ちょっと高級なショークラブっぽい。
前の方のお席が観やすいでしょうが、何席か並んだ後ろは1段上がるという具合の造りなので、たぶんどの席からも楽しむことが出来ると思います。

出演グループは、今週が素晴しくて、木曜日が Columbia 何とかという Cárdenas のグループ、これは Changuito のライブで観たのですが、超お勧め。金曜日が Rumbatá 、土曜日が Afrocuba de Matanzas 、日曜日が Muñequitos de Matanzas という超一流グループばかり。
この調子だったら、毎週木曜日から日曜日まで通ってもいいかもって感じです。マチネーに行って Palacio de la Rumba に行って夜のライブに行くことだって充分可能だし。音楽三昧したい方にお勧め。いつ晩御飯食べるんだろ~?って感じですが。
Yoruba Andabo はまだ出演したことないと言ってましたが、来週初めて出演するそうです。
でも、これまであまり Habana で観ることの出来なかったグループが今週のようにいろいろ出演するのなら、本当に素晴しいコンセプトの場所が出来たと思います。
場所もいいし、演奏グループもいいし、夜なんだし、外国人は Casa de la Música のように10CUC でもいいんじゃないかと思ったりしますが。

Rumbatá を観に行った日には、Vannia と Yalordy 、Changuito が来ていて、Vannia が Rumba で "20 años" を歌いました。
そして何と!!終わってから踊りたいクバーナたちに付き合って DJ タイムも残っていたら、元 C.H. の Leoni がやって来て出て行きました。なんかよくわからないんだけど、入ってきてステージの近くまで歩いていって、そのまままた戻って出て行ったような。。。目の前を2度通りました。

2月13日の夜から14日にかけて、Vannia のライブがあるそうです。バレンタインだからねってことでしょう。
うーん、このまま Rumba の殿堂になって欲しいものです。

San Miguel e/ Arambura y Hospital, Centro Habana
Teléfono ; 873-0990

スポンサーサイト

lugares | trackback(0) | comment(0) |


2009/06/12 (Fri)
 El Jelengue de Areito



久々に EGREM のライブ情報 を覗いてみたところ、知らないライブハウスの名が。どうやら新しいとこがオープンしたらしい。
ってんで、調べました。

El Jelengue de Areito
Lugar : Patio Areito
San Miguel 410 e/ Campanario y Lealtad, Centro Habana
Teléfono : 862-0673
Horarios : de 5pm a 7pm
Días de peña de miércoles a sábados
Venta de CD, Póster y Cassettes en MN

Juventud Rebelde などによると、EGREM 創立45周年を記念してたぶん4月に設置したそうで、CD や雑誌、ポスター、カセットなどをモネダ・ナシオナル(MN=ペソ・クバーノ)で販売するそうです。座って飲食することもできますが、こちらは CUC (ペソ・コンベルティブレ)とのこと。

毎週水曜から土曜日に営業とあり、EGREM のお知らせ から推測するに、以下のようなスケジュールにするつもりだったみたい。

水曜日は Trova の日 “TROVANDO”: FIDEL DÍAZ Y SUS INVITADOS
Presentación de la edición 351 de Caimán Barbudo
Poeta invitado Alpidio Alonso, presentando su poemario “Tardos soles que miro”
Trovadores Yordis Toledo, Pedrito Beritán y Diego Cano entre otros.

木曜日は Balada の日 “TARDES DE VICTROLA”
Conducido por: Ricardo “RIKY” Trujillo
Dedicado al cantante al compositor Luis Marquetti autor de : Plazos Traicioneros, Deuda, Allí donde tu sabes y otros.
Invitados: Mundito González, Camilo Mederos.
Descarga del Cuarteto Voces Latinas y otras sorpresas.

金曜日は Rumba の日 “RUMBA ABIERTA”
Presentación de “Rumberos de Cuba” bajo la dirección de su productor Rodolfo Chacón.

土曜日は Feelin と Bolero の日 “CARNAVAL DE AMOR”
Espacio dedicado al feeling y al bolero con la legendaria cantante Ela Calvo.
Conducido por la cantante Mina Reyes
Invitados Especiales: Niurka Reyes, Hilda de la Hoz , Freddo, Jorge Sánchez, Palacio Chenique y otros.

ですが、今週のスケジュールは以下の通り。
火曜日 "EL SON ENTERO" SEPTETO HABANERO Y SUS INVITADOS
水曜日 "TROVANDO" FIDEL DÍAZ Y SUS INVITADOS
木曜日 休み
金曜日 "RUMBA ABIERTA" CON RUMBEROS DE CUBA
土曜日 "FIESTA DE TAMBORES" OBINÍ BATA
日曜日 COMPAÑIA FOLKLÓRICA PROYECTO AZUL
月曜日 休み

そーよね、Son の日があってもいいと思う。
上記 Juventud Rebelde によるとエントランスは20ペソ(もちろん MN だと思う。)ってことなんだけど、いろんな情報を鑑みて、たぶん Trova の日は入場無料みたい。外国人は別料金だろうけど。予想としては、5CUC かな?


場所は、Casa de la Música Habana の近くですね。知人の家が、まさに San Miguel から Campanario に入ったところにある。
もう1本下の San Rafael のもっと Habana Vieja 寄りはショッピングストリート(と言っていいのか?)で、MN での CD や本、ポスターなどのお店が近くにあったんだけど、それもまだあるのかな?CUC の立派な CD 屋さんももう少し Habana Vieja の方にあるんだけどね。
以前お知らせした 通り、来年100万枚の CD を販売するそうですからね、それへ向けてってことでもあるのでしょうね。

あ、ちなみにこの辺はちょっと危ないかも。
私は一人で歩いていたけど、やはり長期滞在の日本女性は Centro Habana には昼間でもひとりでは絶対に行きませんでした。キューバ人も気をつけるところです。引ったくりも多いし、知らない人から暇つぶしに「ねぇ、私に石鹸くれたらどう?」と言われたりして、不愉快。
時間が17時から19時なので、終わったらとっとと帰るって感じですかね。
San Miguel は確か Habana Vieja 方面への一方通行なのですが、あまりタクシーは通らないかも?1本 Malecón 方面に上がると Vedado 方面への一方通行の Neptuno で、こちらはたぶんタクシーが通ると思います。Neptuno は、乗り合いタクシーはたくさん走ってます。
すぐに Neptuno に行って右折、Neptuno 添いに Casa de la Múlsica Habana まで行ってタクシー拾うといいかも。

lugares | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/26 (Mon)
 Jazz Café



ずっと放置していた Lugares カテゴリーですが、ようやく第2弾を。

Dirección ;
1ra esq. al Paseo , Galerías de Paseo
Vedado, Ciudad de la Habana
Tel. : (7) 55-3170 ext. 121 / 55-3556 変わっているかも?

Jazz Café は、Garelía de Paseo の2階にあるお洒落スポット。Haila の夫婦共演で話題になった "Quien fue" のミュージック・ビデオの撮影現場としても有名?
昼間から営業をしていて、お茶やケーキだけってのも出来ますが、お食事も美味しい!店員さんも、噂によるとキューバの給仕学校を卒業したばかりの子達がカマレロをしているそうで、すっごくサービスがいいです。女性客には紙ナプキンでバラの花を作ってくれたり。カマレラもかわいい子ばかりで、みんな気が利きます。

Habana の2大ジャズ・スポットとして有名ですが、La Zorra y el Cuervo はいかにもといったジャズ好きが集まる店であるのに対して、こちらはお洒落スポットとして紹介されてもいるお店なので、お行儀の悪い欧米人客もいます。しかも団体でいたり。そーいうときは、本当に五月蠅いし、ミュージシャンのテンションも落ちて演奏も酷いことになります。
ですが、出演グループはいいんですよね。
なるべく早めに行ってかぶりつき席をゲットし、正面でミュージシャンのテンションを上げてあげましょう。そうすれば、ミュージシャンとの間に存在している今にも始めてしまいそうな中年カップルが嫌でも目に入ってしまうという事態は避けられますし。
また、更に後ろの席になってしまうと、お店の構造上、ステージは観えないし音は回ってるしっていうことになってしまいます。
でもお洒落スポットであるし出演グループは良いので、お客で来ていた Chucho Valdés や Haila に遭遇したこともあります。

出演グループは固定で、曜日によって決まっています。
現在のローテーションは、以下の通り。
月曜日 Tres Mas Uno
火曜日 Oscarito Valdés Jr.
水曜日 Oscar Valdés y Diakara
木曜日 Oscar Valdés y Diakara
金曜日 César López y Habana Ensamble
土曜日 César López y Habana Ensamble
日曜日 Conexion

但し、グループがツアーに出ていたりすると別のグループが出演することになるので、お昼間に Galerías de Paseo でお買い物がてらでも、確かめてみてください。入り口のお兄さんに訊けば、ちゃんと確かめて教えてくれます。

Tres Mas Uno は、今は亡き Peres Peres さんのグループ。ベーシストがすごく良かった記憶があります。
Oscarito Valdés Jr. は、Oscar Valdés の息子で、超絶技巧のバテリスタ。必見です!!!
Diakara は元 Irakere の Oscar Valdés のグループで、Batá を使った Afrocubana 色の濃いジャズ。
Habana Ensamble はやはり Irakere メンバーのサックス奏者 César López のグループ。日によって、やる音楽の種類が違います。Bailable が多い日もあるけど、基本的にジャズ。
Conexion はちょっとわからないのだけど、もしかしたら Chucho Valdés の娘がピアノを弾いているグループかなぁ?だったら、まぁまぁ良かったです。

お店のシステムは、22時以降はミニマムチャージ10CUC を支払って中に入り、お料理や飲み物を注文します。10CUC を超えた分は、後で精算。帰り際にレジに寄って下さい。要するに、ライブのチャージはとられないってことね。
入店の際にドアマンのお兄さんがそう説明してくれた上で、キャッシャーに案内してくれます。ドアマンに立ちはだかれブツクサ言われても、びっくりしないでください、説明しているだけですから。
22時前からずっといたって経験はないので、その場合のシステムは知りません。

ライブが始まるのは、グループによって違うのですが、23時か0時くらい。終わる時間も、グループによって違いますが、2時には終わってますね。お店は DJ タイムで続きます。私が行ってたころは、80年代ディスコって感じでしたが。

キューバではあまり美味しいお魚が食べられないのですが、ここのは美味しいので、私はたいていお魚を食べていました。生ハムとかも美味しいそうですし、ランゴスタのカクテルとか、海老のカクテル、チキンスープも美味しいです。ケーキもね、モノによるけど。
カクテルも豊富だし、コーヒーをアレンジした飲み物も豊富。
これは美味しい!とか美味しくなかったとかの情報があれば、コメントお願いします。

帰りは、建物の前に白タクがいることもありますし、いなくても大丈夫。Paseo を挟んで左斜向かいが Hotel Riviera で、その前がタクシーのたまり場なので、たいていタクシーがいます。黄色か白のPana Taxi (パナタクシー・シンコシンコ)が他より割安です。メーターを使ってくれれば。

ちなみに建物向かいのガソリンスタンドには、24時間営業のコンビニのようなお店があって、そのまま飲み物を購入して Malecón で夕涼みなんてのも、夏にはいいですね。流しのグループがいたりして、夏の Malecón の正しい過ごし方を楽しめます。ただ、飲み物に薬を入れられて身包みはがされたって話も聞いたことがあるので、飲み物は自分で買うこと。キューバ人と楽しみたければ、自分で買ってきて、彼らに振舞って下さい。バッグなどからは手を離さない。

夜の Malecón を楽しみたいのなら、この辺りがお奨めです。明るいしね。多少。
Hotel Nacional よりも Centro や Vieja 寄りだと、結構危ないって話です。

lugares | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/10 (Thu)
 Piano Bar "Habane ciendo"


Habana に新しい音楽処が出来たようです。その名も Piano Bar "Habane ciendo" 。
住所が Neptuno e/ Águila y Galiano. Centro Habana 、つまり、Casa de la Música Habana の辺りですね。電話番号が 860-8296 で Casa de la Música Habana と同じなので、たぶんその2階なんじゃないかと??
Casa de la Música Habana は Galiano 沿いにあるのですが、Neptuno に楽屋口があるし、Casa de la Música と Neptuno の間にあったビルが去年崩れ落ちたはずなので、改装したとか建て直したとかしたのかも?

私は行ったことがないのですが、元々2階にはライブが観られるスペースがあって、別料金を支払って上がると、飲み放題で2階から1階のライブが観られて、それが終わると別のグループがライブをしたりしてたという噂でした。本当に1階のライブが観られるのかどうかは不明ですが、お店のシステムはお店の人から直接聞いたので確か。不明な点があるのは、私のスペイン語力の問題ですね。上記のように言われたのだけど、本当に観られるのかなぁ?と怪しんでいるのです。

オープンは21時から夜明けまで。美味しいカクテルとお食事があるそうです。
たぶん、今週オープンしたんじゃないかなぁ?水曜日からスケジュールが入っています。昨日ですね、って言うか今頃オープンなのかも?

ちなみに今週行なわれているライブは、以下の方々のもの。
IVETTE CEPEDA
OSDALGIA
COCO FREEMAN
FREDY VERA
LEO VERA
ELIZABETH D' GRACIA
Osdalgia と Leo Vera しか知らない。聴かせる歌系って感じなのでしょうか?

どなたかいらしたら、ご報告お願い致します。

lugares | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/21 (Sun)
 La Zorra y el Cuervo


Dirección ;
Calle 23 e/ N y O
Vedado, Ciudad de la Habana
Tel. : (7) 833-2402
オフィシャル・サイト(フランス語)

La Zorra y el Cuervo とは、きつねとカラスの意。
Jazz を聴くなら、ここ。
赤い格子状の電話ボックスのようなものが入り口です。

出演者は、有名グループから若手まで。
これまで何度も行ったけど、ハズレだったのは1ステージで終わっちゃったってことだけ。そのグループは急遽かり出されたトラだったんだけど、演奏はとても良かったです。
あと、Jesus Fuentes y Canela は Jazz っていうよりとても Bailable なものだったので、Bailable なら Casa de la Música の方が楽しいなって思ったことだけ。
特に観たいのがないな~って夜には、迷わず La Zorra y el Cuervo へ。

エントランスは10CUC 。入り口で支払い、チケットを貰う。貰ったチケットは、席に着いたらカマレロに渡す。 Consumo 5CUC 。(エントランスで支払った10CUC の内5CUC まで食べ物もしくはドリンク(2杯以内)の代金に充てられる。)オーバーした分は、オーダー毎もしくは帰りに清算。
Consumo が飲み物にしか適用されない時期もある。以前は食べ物には適用されなかったがその後適用されるようになって、また適用されなくなって、、という感じなので、確認してください。

メニューには軽食が載っているが、調理が必要なものはないことが多い。あれば美味しいんだけどね。乾き物は、大抵ありますが、おなかにたまるようなものはない。
お客は、たまにお行儀の悪い観光客も居るけれども、大抵の場合は演奏を聴きに来ている人がほとんど。

開場は22時。演奏は、以前は0時過ぎからだったが、昨年辺りから23時開演。
数年前は3ステージあったり前座があったりしたが、現在は2ステージ。2時閉店になったらしい。
あまりにもお客が少ない場合は、1ステージってこともあった。

席に良し悪しがあるし、人気のあるグループの場合は席がなくなってしまうので、早めに行くことをお勧めする。
冷房がきつすぎることもあるので、ジャケットやストールなど持って行った方がいいかも。

スケジュールは、オフィシャルサイトの Le Programme du Mois に。もしくは月間のスケジュール表がお店で貰える。また、お店の表にある掲示板に日替わりで、その日の出演グループの情報が張り出される。
お店で配られるスケジュール表には出演グループの紹介もあり、観るグループを決めるのに役立つ。スペイン語版の他、英語版もある。
昼間でもお店に立ち寄れば、スケジュール表を貰うことが出来る。
スケジュール表は月初に出されることになっているが、印刷が上がってくるのが月中になっちゃったりすることもある。そんなときは、お願いすれば PC から一覧表をプリントアウトしてくれる。

昼間にもちょっとしたライブをすることもあるが、私の滞在中は特に観たいと思うようなのがあったことはない。が、行ってみたらすっごくいいのだったりして?そのスケジュールは、お店の表の掲示板に。

店員さんは、いい方だと思う。人によっては無愛想だったりするんだけど、実はいい人って感じで。ちょっとチップ置いて帰ってもいいかなってくらい。

DJ ブースでは、La Zorra y el Cuervo でのライブ CD など、多少の CD を販売している。ちょっと高目かも。

周辺にはクラブが多く、夜中でも人通りは絶えない。でもその人たちは、酔っ払い?
すぐ前に白タクが待機しているので、それに乗って帰るのが無難かも。ボッタクリなのも居るから、乗る前に交渉して、納得できる値のタクシーを捜すこと。
酔っ払いグループがいくつかいる暗く長い Calle23の坂を2ブロック上って Hotel Habana Libre の角まで行けばメータータクシーも居るが、夜中なのでメーターではなく言い値でって言うタクシスタも多い。それにその辺りは昼間でも引ったくり天国。
そこまで行っちゃえば10ペソMN のマキナ・パルティクラルも40センタボMN のバスも来るんだけどね、運が悪いとすごく(1時間とか)待つことになるし、もっと運が悪ければ引っ手繰られるし、もっともっと運が悪ければ酔っ払いに絡まれたり強盗にあったりするかも。
Calle O を上って下りると Hotel Nacional があるけど、夜中のこの道では外国人が強姦されたり殺害されたりしているので、暗くなってからは絶対に歩いてはいけない。

オフィシャル・サイトのスケジュールページ、グループ名横にあるテキストの絵は、「年代記」とありますが批評集のような気もする。どのグループからも、同じページに行く。フランス語。
ギター持った人の絵からは、各アーティストの演奏へリンク。Yasek Manzano 聴いてみて。言われてみれば、マルサリスの弟子って感じがする。

lugares | trackback(1) | comment(0) |


2007/10/20 (Sat)
 Lugares


キューバの音楽処、以前 住所録 を掲載した。
今後折に触れ、それらがどんなところなのか、各種情報をご紹介していくつもり。
カテゴリーに "lugares" を追加しました。
情報は、2007年1月のものとお考え下さい。

キューバでは、マチネーと夜の公演があるところもいくつかあるが、マチネーの場合はキューバ人と外国人のエントランス料金が違う。夜は大抵同料金。
テアトロは、昼夜かかわらずキューバ人料金と外国人料金がある。
これに文句を言う外国人も居るけれども、収入差を考えれば、料金の違いはもっと大きくてもいいはずだと私は思う。

エントランスには Consumo(コンスーモ)の場合もあり、例えば Consumo 5CUC とあれば、5CUC まで飲み食いできるという意味。他に Consumo 2 bebidas とあれば、2杯の飲み物込みという意味。但し、ビールではなくカクテルをオーダーするとか飲み物の金額によっては1杯になってしまうとかってこともある。
また、ミニマムチャージの場合もあり、エントランスでミニマムチャージを支払い、その金額に至るまでは飲み食い出来、オーバーした分は後払いというシステムである。


メニューは、昼と夜で料金が違う場合が多い。
お店によるけど、ビールやコーラなど、昼は1CUC で夜は2CUC 、外国製はプラス50センタボ~1CUC くらいってのが多いように思います。もちろん、もっと高いお店もあります。夜は外国製のしか出さないとか。カクテルは、いくらでしょう?知らない。ストレート Ron(ラム酒)のショットもあるし、ボトルもあるけど、ボトルはべらぼうに高い!って思った。お店で5-6CUC のものが35CUC とか。
軽食の用意があるところも多い。ボカディージョやピザ、パパス・フリートス(フライドポテト)、サラミ・チーズ・オリーブなど。1-5CUC くらい。

たまにキューバ人と違う代金を言われることがあるけど、これは違法なこと。おかしいと思ったら、メニューを見せてもらうなり周りのキューバ人に確認するといいと思う。どうやら、自主的にチップを含めた料金を請求しているらしい。
チップは、いいサービスを受けたと思ったときに、その人に渡せばいいと思う。着席で席までオーダーを取りに来てくれたかとか、いろいろ加味して。


お店によってはクロークに荷物を預けることを義務化しているところもある。
預けるのが嫌な場合は、バッグ等持って行かない、もしくは小さいものにする。
帰りがけ預けたものを受け取る際お金を請求されるが、それは義務ではなくチップであるので、言い値を支払うことはない。でもまぁ、夜の場合は1CUC かな、と思う。マチネーだったら、1CUC でも25センタボでもお好きにどうぞ。もちろん、渡さなくてもいいのだ。
「口紅を抜かれた」という人も居たけど、そういうことはまずないと思う。その場合は、セキュリティ等お店の人に訴えること。泣き寝入りはいけません。
貴重品は預けない方がいいと思うし、それ以前に持ち歩かない方がいい。

持ち歩くお金は、使う分だけ。
CD を購入したいとか、大酒呑みたいとかない限り、ライブ代と飲み物代プラス10CUC で充分足りるはず。私は、プラス2CUC くらいしか持ち歩かない。タクシー使わないから。
タクシー代も10CUC かかるってことは余程遠出しない限りなく、せいぜい5-7CUC くらいだと思う。
「お釣りがない」と言われることもあるので、なるべく小さなお金を持った方がいい。特にタクシーは、お釣りがないことが多い。1・3・5CUC がいいと思う。エントランス以外では10CUC 札とか使ったことがない。
大きいお札しかないと帰りのタクシーで困るから、店内で飲み物を買う際に崩すといい。


写真・ビデオは、大抵の場所で撮り放題。
あちこち行ってダメだったのは、El Turquino くらい。一時期 Cabaret Las Vegas でもダメだったけど、翌週には OK になっていた。
ビデオは、Dilirio Habanero が「革命広場に面しているからダメ」と言われたこともあるけど、OK な場合もあった。また、Rumberos de Cuba は、グループとしてダメみたい。デジカメの動画も禁止されている。

荷物は絶対に手放さない。テーブルの上にも置かない。
写真を撮ってあげると言われても、カメラは渡さない。
いちど コーラに薬盛られたかもって思った ことがあった。飲み物にも注意。まぁまずないと思うけど、Malecon ではたまにそうして身包みはがされてしまう観光客が居るようです。

最近は緩和されたようだけど、まるで冷凍庫の中のように冷房が効き過ぎていることもあるので、待ち時間が長かったり着席で聴く場合は、ジャケットやストールなどを持っていった方がいい。凍えるから。


交通は、メータータクシーをお勧めする。
メータータクシーは、PanaTaxi =555555の Cinco Cinco(シンコシンコ)が他のものより安目。 Habana Vieja から Vedado まで、Vedado から Miramar まで、どちらも3~5CUC くらいだと思う。
メータータクシーの場合、多少のチップを渡すといいと思う。端数とか、50センタボくらいとか。どうだろう?あまり乗ったことないから、詳しくないのだけど。

夜中にメータータクシーを捕まえるのはちょっと難しくて、メータータクシーを使って白タクのバイトしてる人もいるし。。観光客が行くような場所はたいてい表に白タクが待機しているので、メータータクシーの料金プラス2CUC くらいだったら諦めてそれに乗るといいと思う。
繁華街ではなくポツンとあるようなお店の場合、白タクの数が限られるので、出遅れると暗闇に取り残されることになったりもする。その場合は、お店の人に相談しよう。自力で探そうと下手に歩き出さないこと。お店の前にはセキュリティも居るし明かりもあるからまず安全だけど、1ブロックも離れると真っ暗だから。言葉わからなくても、「タクシー、タクシー」とか「シンコシンコ」とか言えば通じるから。
行きに乗った車にお迎えを頼むって手もあるけど、時間に制限が出来てしまうし、来てくれないってことも往々にしてある。だったら電話番号を聞いておいて、終わってから呼び出した方がマシかも。携帯電話を持っているタクシスタもけっこういるし。

夜中でもマキナ・パルティクラルは存在しているけど、見つけるまでに時間がかかると思うし、その間に引ったくりや強盗にあうかもしれないから、お勧めしない。
バスは一応24時間走っているけど、昼間同様、いつ来るかわからないし、降りてから同乗していた人にあと付けられるかもしれないから、止めた方が無難。5-6人の男の子達が「ここが終点だ」と私達に声をかけダーッと降りていったけど、運転手さんに確認したら「違うよ。」と言われたことがある。多分そうして降ろしてから強盗しようとしていたのでは?と思ったり。
キューバの夜は暗いから、ご用心。


あとは、、、また思いついたら書きます。

lugares | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。