--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/02/25 (Fri)
 Web Site



なんと昨日は、5つもサイトを作ってしまったよ。
軽いものから中くらいのものまで。
UP するのはまた後日。
だって、UP する先がない。。。
動画があるとデータ量が多くて、すぐに容量がいっぱいになってしまう。

それでも大物はね、残っているのですよ。
Jazz と AfroCubano を作るのは、ちょっと大ごとかな、と。。
素材の量が多すぎるのよね。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/02/16 (Wed)
 ゴンサロ・ルバルカバ


チャーリー・ヘイデン & ゴンサロ・ルバルカバ

来日するそうです。
このふたりは2001年にラテン・グラミーを受賞している。
詳しい略歴などは、 Blue Note のページ に書いてあるので、そちらを参考になさってください。

スケジュールは 3/14(月)~3/19(土)。
チャージ8400円。しくしく。。

Blue Note って何であんなに高いんだろう~。。
オマール・ソーサだって、ロンドンでは5ポンドだよ!
日本てホントに物価が高いと思う。
Blue Note は特別に高いけど。
お料理やデザートも美味しくて食べてくれと言わんばかり。
飲み物も高いしぃ。
軽く1万円超えてしまう。・・・行かないかも。。

ゴンサロ・ルバルカバですが、2年前観に行きました。
JazzJazzJazzJazz って感じでラテンぽさはあまりないのだけど、上手い!の一言かな。

私はラテンに於いてはピアノもパーカッションだと思っている。
ゴンサロ・ルバルカバも子どもの頃からパーカッションもやっていたそうで、パーカッションで賞をとったりもしている。
そうして鍛え上げられたリズムは、きれいな Jazz を弾くときにもベースとなっているに違いないと思う。
でも、キューバ出身のミュージッシャンだと思わずに聴いていいと思う。

お父さん "マエストロ" ルバルカバをキューバで聴いたのだけど、お父さんのピアノはとても軽やかだった。
のほほんと弾いてる感じ。

jazz cubano | trackback(0) | comment(0) |


2005/02/13 (Sun)
 ベサメ・ムーチョ


キューバンじゃないし訃報続きでなんだけど、ベサメ・ムーチョの作者コンスエロ・ベラスケスさんが1月22日に亡くなったそうです。享年83歳。
っていうか、作者については何も知らなかった。。
彼女はメキシコのピアニストで、レコード会社の社長と結婚した後はあまり音楽活動をしていなかったそうです。
他にもカチートなどのヒット曲があるそうです。

ベサメ・ムーチョは、死期が迫った男性が妻に向かっていった言葉に曲想を得たそうで、そっか、だからベサメ・ムーチョなのね。。とあらためてベサメ・ムーチョの知識を深くしてしまった。

キューバンではないとはいえ、ベサメ・ムーチョはキューバのボレーロ歌手もよく歌う、ラテンのスタンダード、名曲ですね。
曲想の元を知ると、さらに胸に染み入る歌です。

otoras | trackback(0) |


2005/02/13 (Sun)
 ラサロ・ロス


数日前、ラサロ・ロスが亡くなったそうです。
9日に「昨日か今日」と聞いたので、キューバでは7日か8日ということになると思う。
ラサロ・ロスは、yoruba(ヨルバ*キューバの宗教音楽)の大御所。
各 orisha(オリシャ*神様)の唄を全て録音して、CDにしたと思います。
た~くさんあるので、私は徐々に購入しようと思い、まだ Eleggua(エレグア*神様の一人)しか持ってない。

Eleggua は、扉を開くとかやきもちを焼くとかいう理由で、いつでも最初に歌われます。
初めに手に入れるCDとしては、最適かな?と思って。
というか実は私、キューバ滞在中に yoruba の唄を習っていて、やっと Eleggua が終わったところなのである。
なので確認と復習の為に。

yoruba は口伝で歌詞も曲も耳で覚え伝えられたものなので、系統によって歌詞も曲も違ってたりする。
ラサロ・ロスは、まさに私が習っていた系統の唄を歌う人であった。
いい具合に枯れた歌い方をする人で、かといって声に艶もあり、何とも言えない味わいがある。
生で聴いてみたかったなー。

◆ yoruba とは、アフリカのナイジェリア辺りからキューバにつれてこられたヨルバ族の宗教が現地化して成り立った宗教サンテリアのこと。


ちょうどこのニュースを聞いたとき私はクロコダイルにいたのだけど、DJの須田さんがライブ終了後1曲目にラサロ・ロスの Eleggua をかけ、フェードアウトしながら Van Van の新しいCDのタイトル曲 Chapeando に入り、なんかすごく良かった。

afrocubana | trackback(0) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。