--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/04/30 (Sat)
 Charanga Habanera 2005



Charanga Habanera 今年もまたご滞在なさるようです。
かなり確実なお話みたい。


スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(5) |


2005/04/29 (Fri)
 Bamboleo décimo aniversario



Bamboleo の十周年記念ライブのリポートが Timba.com に UP されました。
非常に、、なんと言うか、、、まぁ、濃~い内容のリポートで、とても興味深いものでした。いろんな意味で。

ライブの詳細報告もあるのですが、キューバの音楽教育体制、音楽一家 Valdés 家の系譜、何故こうも長きに亘って新しいアルバムが出ないかの考察、Bamboleo の狙いの推測と筆者の思う進むべき道などなど、多岐に亘る長い文章です。


* 蛇足 *

元 IRAKERE 現 DIAKARA のオスカール・バルデスは、ラサリートのオジサンなのね。 CHUCHO の名は出てこなかったので、血縁ではないのかな?

このところ La Zorra y el Cuervo でライブをしている Lázaro Valdés はお父さんの方かと思っていたんだけど、スケジュールが載っているフランスのサイトにある写真はラサリートなので、どうやら Jazz もがんばっているみたい。
私がキューバにいたときにラサリートを捉まえて「 Jazz のライブはしないの?」と訊いたら「今はやってない。」って言ってたけど。

ゲスト出演したチャランガ・アバネラの新メンバーレオについて、「ダビの好みとは思えない。彼がことを翻して、もっとかわいい男の子を入れてくれるよう願う。わたしはまだ彼が次の "16歳の頃のミチェル・マサ" を見つけてくれるのを待っている。」っていうのには笑いました~。
「我が意を得たり!」って方、多いのでは?
やっぱりみんなそう思うのねー。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/04/28 (Thu)
 KLIMAX Y TELMARIS



今日からキューバに旅立つ友人がいて、彼女はどんな日々を過ごすのかな?と、ライブ情報とかいろいろ眺めてた。
ら、、、ら!
KLIMAX Y TELMARIS の " LA MUJER DE MI VIDA " が del 7 al 13 de abril の 第8位にランクイン されてるではないか!
これってきっと、Telmary のことなんだろうなぁ。。
ってことは、昨日というか今朝 「 Telmary Díaz 」 のコメント欄 に書いた Telmaris Hernández ってやっぱり Telmary Díaz のことなんだろうなぁ。違うかな??

Piloto どこに行っちゃうんだろう??

それにしても、聴いてみたい。

timba | trackback(0) | comment(1) |


2005/04/27 (Wed)
 CUBADISCO 2005 Programacion



CUBADISCO 2005 のプログラムが発表になったようです。
以下、CUBADISCO 2005 公式サイト より。
ページ中段のプルダウンメニューで日付を選択し「 Buscar 」ボタンで開くことも出来ますし、サイト右上の「 PROGRAMACION 」ページ一番上の 「 Programación artística general 」 で同じように見ることができます。

続きを読むに、転載しました。

必ず現地でご確認のうえ、いらしてください。
また、各テアトロ等には、いくつもの会場がある場合があるので、チケット代支払いの前に誰のコンサートが行なわれるか必ず確認することをお薦めします。

otoras | trackback(0) | comment(0) |


2005/04/23 (Sat)
 Telmary Díaz



**下記 The H Music 、戻ってました。
前回とは多少内容が変わっていて、Telmary のミュージックビデオも映像は観られるようになったのですが、音声が入っていません。何故?! ( 1/6/2005 )

* 下記 The H Music ですが、5月10日には SINTESIS と X.Alfonso のミュージックビデオ ( Telmary のは開かなかった)を無料でダウンロードすることが出来たのですが、5月20日現在、全く別のサイトになってました。音楽関係ではあるのですが。。サーチサイトになっていた。
自分がダウンロードしたときにすぐにお知らせしなくて、ごめんなさい。
5月9日からオープンですよと書いてあるページが更新されていなかったので、ちょっと様子をみようと考えたのでした。 ( 20/5/2005 )

The H Music. Habana in MP3. Free Cuban Music というのかな?こちらのサイトで映画 MISICA CUBANA に出演した Free Hole Negro の Telmary Díaz の音源を無料でダウンロードできると Floating Voice で紹介しています。

The H Music では Telmary Díaz を HAVANA'S NEW HIP-HOP QUEEN としているのだけど、確かにキューバでは Rap の女王らしい。

Rap はよくわからないのだけど、その使う音とかアレンジとかとは別に、オピニオンもしくは訴えたいことがあるはずだと思ってしまうの。
なので、聴くと何て言っているのか、ものすごく聞き取りたくなってしまう。
とても疲れましたが、ぜんぜん理解できなかった。。
でも、けっこう好きかも。

この The H Music は、5月8日までは働いていないようです。
ダウンロードは出来るけど。

The H Music のミュージッシャンは Telmary と X Alfonso と Sintesis のみのようです。
ミュージックビデオがたくさんあるんだけど、たぶん登録するとかしないと観られないのかな?働いていないので何故なのか確認することが出来なかったのだけど、開けませんでした。

SINTESIS を観ようと Café Cantante "Mi Habana" に行ったら、確認してから行ったにもかかわらず X.Alfonso の日で、LIVE を観たことがある。
隔週金曜日に交互に LIVE しているのですよ。
ヘビメタっぽい?
ドラムスの他にティンバレスとコンガをやる人がいるんだけどね。その分シンバルが多くて、ちょっと豪華?パーカッション系小物も多用してた。
いやしかし苦手でした。
お客もふだんの Timba Live では見かけないような不良白人ぽい人が多かったし。。別世界。

SINTESIS は フュージョンとロックとアフロクバーナを融合させたような音楽で、UNEAC ではライブの合間に流してたし、コンフント・フォルクロリコは SINTESIS の曲を使ってパフォーマンスをしたりもしている。
ずっと興味があったにもかかわらず、きちんと観たのは去年12月の Jazz Plaza でが初めて。(Live 行っても空振りだったし、その後は気力が萎えていた。)
すごかったですよ。印象深いのは、ドラムス。めちゃくちゃ良かったです。
Jazz Fes ということでジャズナンバーもやったんだけど、ふだんコロのみをしていると思われる女性2人が歌い、Jazz 歌手としても通用するであろう実力にびっくり。


この Floating Voice の主を私は存じ上げないのだけど、かなりキューバ音楽がお好きなようなので、ご存知の方もいらっしゃるかも?お名前は Floating Voice の方で。。
最近 渋谷のタワーレコードで HOT IN CUBA という DVD を手に入れた そうで、これも見逃せない情報です。

* 追記 *

なんとタイトルからして Telmary の名前を書き間違ってたことに気づき、訂正しました。
ちなみに Telmary の姓を Díaz としたのは、こちら が根拠です。
リンクも張り間違えてたりして。。今後気をつけます。

otoras | trackback(0) | comment(5) |


2005/04/22 (Fri)
 Adel Gonzalez Gomez


2000 年の Chucho Valdés en Blue Note Tokyo 、初チューチョのピアノにびっくり感動も出来たのだけど、なんだかチューチョのピアノを聴かせてもらったというよりは、Adel Gonzalez Gomez の技を見せ付けられに行ったように思えた。
これはチューチョのライブではなく、Adel Gonzalez Gomez のお披露目なのでは?と思ってしまうほど、彼の見せ場が多かった。
見た目まるで子どものようなのに、凄腕である。
大感激してスタンディングオベーション!
はっと気付いて見回したら、ひとりスタンディングオベーションだった。。。私だけ。。

ライブが終わって話しかけたところ、(スペイン語全く出来なかったんだけど、どうやって話したんだろう??)まだ10代かと思ったら20代前半だった。
サインをお願いしたら、コンガをふたつ描いてくれた。
とってもかわいい子だった。

そんなアデル君、数年後の IRAKERE にはいなかった。
どうしてるのかな~?と友人(日本人)に訊いたところ、「もうとっくにやめてキューバとかヨーロッパとか、あちこちでやってるよ。」とのこと。
「でも、自分が上手いことを知っていて鼻にかけてる嫌なヤツだよ。」って、そんなことまで訊いてない。サインくれたときはとてもかわいい子だったのだ。

先日ふと思いついて検索してみた。
灯台下暗し。。ってこともないか。Habana Jam Sesson で叩いているではないか。
第1弾 HABANA JAM SESSION とその再販版 HABANA JAM SESSION / Crema Nota 、第2弾 HABANA JAM SESSION / Veneracion と、今月20日に発売された第3弾 Habana Jam Session _ Live
活躍してるのね~。

その他にも、イサック・デルガドの "La Primera Noche" でも叩いているし、なんとバンバンの "Llego Van Van" でも叩いてる。
ちょっと待って、La Primera Noche は1998年って、君いくつだったの?
と思ったら、、2002年の2枚目の Habana Jam Session のとき24歳だったらしいから、20歳か。
17歳で IRAKERE メンバーになってしまうって、すごい。。

1999年には IRAKERE メンバーとしていわく付きのマイアミ公演。
2000年には Katia Cardenal の "Ven a mi casa esta navidad" (誰だか知らない)
2002年には懐かしの元 Bamboleo Osvaldo Chacón Y Su Timba の "Salsa Timba"
2003年には Afro Cuban All Stars のメンバーとしてヨーロッパ公演に出てる。
2004年にはこんな豪華なメンバーで David Murray Latin Big Band として 何か したみたいだし。。
Besetzung (tbc): David Murray (Tenorsaxofon), Irving Acao Sierra (Tenorsaxofon), Boris Sarmiento (Posaune), Roberto Carcasses Colon (Klavier), Narciso Reyes Hernandez (Kontrabass), Olivier Valdes Rey (Schlagzeug), Adel Gonzalez Gomez (Konga), Orlando Sanchez Soto (Tenorsaxofon), German Velazco Urdelis (Altsaxofon), Roman Filiu Oreilly (Altsaxofon), Moises Marquez Leyva (Baritonsaxofon), Rasul Siddik (Trompete), Bacilio Marquez Richards (Trompete), Alexander Brown Cabrera (Trompete), Denis Cuni Rodriguez (Posaune) オランダで。
・・・これって、La Zorra y el Cuervo で毎夜代わる代わる演奏しているバンドリーダー達じゃないか。。
2005年には Jessie Marquez の "SANA LOCURA" (誰だか知らない)

こんな感じの子ですー。
でも待って、それだけじゃない。
1996年 "Havana Flute Summit"
 Jane Bunnett, Orlando 'Maraca' Valle, Celine Valle, Richard Egues(fl),
 Oscar Rodrigues(b), Hilario Duran(p), Roberto Vizcaino, Adel Gonzalez, Juan Carlos Rojas 'El Peje'(pc)
Jazz Flute Blog にアルバムに関する詳細情報あり。18歳か。。
1999年 El Indio "Nuevos Horizontes"
El Indio(tp,flh), David Alfaro Garcia(p), Adel Gonzalez Gomez(perc), Omar Gonzalez Sanchez(b),L ukmil Perez Herrera(ds), Yosvany Terry(ss), Eladio Terry(shekere)
FBULUES にアルバム評あり。

昨日今日と私はデータ集め屋さん?
もう何日か前から、これらのページ開きっぱなしだったから、早く書いちゃいたかった。。

ところでこのアデル君がイラケレに入ったという17歳という年齢、おそらく高校を卒業してすぐってことだと思う。
アデル君が ENA 出身かどうかはわからないのだけど、ENA という芸術高校、正式名称を la Escuela Nacional de Artes de Cuba といって、音楽関係者は ENA に青田買いに来るのである。
日本では芸術大学の ISA(Instituto Superior de Arte)が有名だけど、目を見張るような才能を持つ子達は皆、高校在学中からプロからの引き合いがあり、ISA にも籍は置くが暇なときに練習しに来るだけなのだそうだ。
キューバって、有名ミュージッシャンでも自分の楽器持ってない人多いし。

jazz cubano | trackback(0) |


2005/04/21 (Thu)
 CUBADISCO 2005



いよいよ1ヵ月後に迫った CUBADISCO。
今年は日本が特別招待国ということもあり、日本からの参加バンドも多く、なんとそのペアダンスの楽しみぶりからダンサーさんとして招待されたご夫婦もいらっしゃるそうで、観客としてキューバにいらっしゃる方も多いのではないかと思います。
そこで、いくつかの CUBADISCO 関連のサイトをご紹介します。

Cubarte スペイン語 (英語のページもそのうち UP されるはず。)
キューバの文化イベント主催機関のサイト

CUBADISCO 公式サイト スペイン語
そのうち全てのプログラムが UP される予定のようです。ほんとかなぁ?

FERIA INTERNACIONAL CUBADISCO 2005 スペイン語
Soy Cubano 内 CUBADISCO , 2005年度のページ

INTERNATIONAL FAIR CUBADISCO 2005 英語
Soy Cubano 内 CUBADISCO , 2005年度のページ

* 関連記事 *
La Demajagua スペイン語
BOLETÍN 26 PENTAGRAMA スペイン語
CubAhora スペイン語
la Orquesta Sinfónica de Hong Kong のディレクター Yoshikazu Fukumura さんて日本人はどなたなのでしょう?
coro masculino の Roppongi さんて方、ご存知の方はいらっしゃる?
Carinseek Caribbean News スペイン語
Timba.com スペイン語・英語・ドイツ語
国際交流基金 日本語
国際交流基金 英語


otoras | trackback(0) | comment(0) |


2005/04/20 (Wed)
 Orishas Web Site



初めて Orishas を聴いたとき、衝撃的にカッコイイ!と思った。ほんと、衝撃的だった。
Rap とか HipHop って、よくわかんないし、苦手だったんだけど、Orishas は別物。とにかくかっこいい。
以来、ずっと大好きだし注目している。

EL KILO 発売直前、私の大好きだった Orishas のサイトがなくなってしまった!
すっごくショックだった。悲しかった。
でもきっと、EL KILO 発売に向けて新しいサイトの準備中かな?と思ってたら、新しいサイト出来ました!

Orishas The Best


これがもう、すっごい充実振りで、メンバーおのおののサイトもあるんだけど、Orishas 紹介のみならず、キューバ案内からサンテリア紹介、観光ガイドから政府のオピニオンまで、ありとあらゆることが紹介されている。すっごいです。
Wallpaper 、 WINAMP や MSN Messenger のスキンまである。

なんといってもうれしいのは、ミュージックビデオ大放出!
あれ?昨日より、11本も増えてる!そのかわり Skin が減ってたけど。
なんか、追加されたのはプライベートビデオとか TV 録画のようです。素晴らしい!
いちいち自分の PC に落とさなきゃならないのが面倒くさいんだけど、永久保存版に出来るし♪
落とさなくても観られるはずのものもあるんだけど、情けないことに私の PC では観られない。。どうしてだかわかる方いらしたら、ご教授ください。
ん~~???なんか、よくわからないドラマも入ってた。どうせなら全部見せてくれればいいのに、抜粋。Yotuel が役者さんしているようです。

めんどくさいなーって方は、EL KILO から 'Nací Orishas' をどうぞ。
このビデオって、、普通のキューバの集合住宅の普通に観られる風景を撮っているんだけど、お姉ちゃんたちの衣装が過激なせいで、売春宿に見えるかも。。
ちょっとこれもマット・ビアンコ風?盛りは過ぎてると思うんだけど。それともブガルー?

ずっと気になっていた Flaco-Pro 、交通事故で死んじゃったって噂を信じてたんだけど、私のスペイン語読み取りが間違っていなければ、いろいろ事情があって Orishas は辞めちゃったけど、2003年には "Cuban Rap Ligas: La crema de hip hop made in Cuba" という CD を出すなどしているみたい。なんか、すっごく遠まわしな言い方って言うか文学的って言うか、ちょっとわかりづらい文章なので、間違ってるかも。。

Orishas のファンクラブサイトであるらしい Club de Orishas には、radio.blog があって、ライブ録音を聴くことが出来る。
私のお気に入りの旧 Orishas site は、E-Card として、、、こちらに昨日まであったんだけど、なくなってる。。。しくしく。。
アドレスとっておけばよかった。

Orishas site 、まるで遊園地のようである。

ところで、Orishas のミュージックビデオを観ていると、キューバの景色がまるで遠景のように、ノスタルジーの対象のように見えたりする。
それは、Orishas メンバーの意識ではなく、製作者の目から見たキューバを撮っているからかもしれない。
どうなんだろう?
私のキューバの友達グループは、メンバーのひとりと幼馴染。
ある日「 Orishas の誰々が里帰りしているんだ!」と大喜びしていたのだけれども、翌日には「彼は変わってしまった」としょんぼりしていた。
ヨーロッパに長年暮らし、ヨーロッパでも人気者、キューバではヒーロー。大人になることは人を変えたりするし、キューバは彼らにとって、遠いものになってしまったのかもしれない。そんな感傷に浸ったりしながら観入ってしまった。
これは彼らの心象風景?
曲調がマイナーだからかもしれないし、歌詞もそんな内容だったりするように聴こえるからかもしれない。(スペイン語あまりわからない)
それとも、私がキューバ病だから??

いや、それにしてもかっこいい。

ちなみに、友達グループのうちの一人がそのメンバーに Rap を教えたのだそうだ。1枚目のアルバムに、Gracias Colo と、名前が載っている。 Colo って、ペドロ・バジェの AfroCubanos や ファン・カルロスの Sincopa Son でルンバ踊ったりコンガ叩いてるアンヘルのあだ名なのである。
アンヘルは、キューバの HipHop 黎明期の知る人ぞ知る有名人らしい。

* 追記 *

E-Card ありました!
Club de Orishas の Flash に入ってます。
かっこいいサイトだから、是非見て見て。
E-Card 1
E-Card 2

E-Card 2 の SCHWEPPES URBAN MIX で観られた画像はもうかなり前からなくなっちゃってたけど、右下からリンクしてる Schweppes サイトは楽しい。
いろんな仕掛けがしてあって、いろんなページがある。
言葉わからなくても、とにかくクリッククリック!止められなくなっちゃいます。
アニメ もかわいいし、"VER MAS" をクリックするといくつかのアニメが観られる。そして、シャボン玉はじいて遊ぶと、新たなページが現れる。それも面白いんだー。
是非、お楽しみください。

otoras | trackback(0) | comment(2) |


2005/04/18 (Mon)
 ちゃっと



なんと、昨日うっかり初チャットをしてしまいまして、とても楽しかったのでチャットを貼り付けてみました。 サイドバーの下のほうにあります。
過去ログは10分で消える設定にしてあるので、その場限りのくだらない書き込みしても、恥ずかしいことはありません。
スピーカーのような絵をクリックすると音が消え、その横のチューナーのようなものを左右に動かすと文字サイズを変えることが出来ます。
私はけっこう PC を立ち上げていることが多いので、とりあえず何か書き込みしてみてください。
きっとお返事できると思います。
出来なかったらごめんね。

未分類 | trackback(0) | comment(3) |


2005/04/17 (Sun)
 Bamboleo の Reggaeton



バンボレオのレゲトン ですがぁ。

けっこう衝撃的。。。

年末年始にキューバで行ったいくつものライブで、レゲトンしなかったのって、Bamboleo と Los VAN VAN だけだったのです。
他のバンドはほとんどレゲトンをやってました。しかも、オリジナルではなくて、プエルトリカン Don Omar の "Pobre Diabla" が圧倒的に多かった。うんざりするほど。Timba も Rumba も "Pobre Diabla" ばっかりで、毎日3回以上聴いていたような気がする。Yoruba Andabo も "Pobre Diabla" やってます。(まぁ、ルンバってそういうものだからね。。)ドライブに行けば子ども達が "Pobre Diabla" の替え歌を歌いまくるし。。しかもその内容が衝撃的で。。。ま、これは別のお話。

Bamboleo と KLIMAX と VAN VAN が私のアイドルなのです。
Piloto はね、Cubanito 20.02 に曲を提供したりしてますもの、当然レゲトンやります。
VAN VAN と Bamboleo はやらなかったので、さすが!と思ってたのですがぁぁぁぁ。。
オリジナルだからよしとするか、しかし英語でラップしてるし。。。
ああしかし、、リズムはレゲトンでも Bamboleo らしさはありますよ。 でもあのトレスギターのように聴こえるのは何なんだろう?ラサリートがキーボードでやっているのか?ああ、早く観てみたい。。それともこれはレゲトンではなくて、サンティアゴ・デ・クーバのリズムなのだろうか?コンパルサのように聴こえてきたりして。。

ど・ど・ど・どう思います?

これは、、、、、、、レゲトンとしては出来がいいものだとは思えないのですがぁぁぁぁぁぁっぁ。。

どう思います?

timba | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。