--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/05/31 (Tue)
 Michel Maza



元 Charanga Habanera の Michel Maza 、ご存知の方は多いと思う。 今は一本立ちして、バックバンドを従えソロ活動をしている。
・・・と、思ってたんだけど?
もしかして、ミチェル・マサ迷走中?

2002年、初めてソロのミチェル・マサを観たときには、ご存知の方はご存知、ご存知ない方にも想像がつくであろう理由からだと思うのだけど、目が行っちゃっててかなりやばい感じだった。
肉付きのよい大男がダラダラしてるって感じでもあった。

2003年、おそらくキューバの路上でしか売られていないのであろうカサ・デ・ラ・ムシカのライブ版 CD がめちゃくちゃかっこ良くて、期待を胸にライブへ。
ところが、ライブ版ではあんなにかっこいいホーン隊が、どうにもいけない。ぜんぜんきまらないの。
行く度にホーン隊にがっかりさせられていた。
肝心のミチェル・マサも、目が行っちゃってることはなくなったけど、バンドを指揮するのに一生懸命で、後を向いていることが多い。 看板なんだから、ちゃんと観客にアピールしろよ!と思うことしばしば。
ダラダラした体型のオヤジだと思っていたら、24歳くらいだと知ってびっくり。
そんなこんなで、自身のグループを持つソリストとしての自覚がないとしか思えなかった。
そして、他のグループのライブに行っても、客席にミチェル・マサがいることがとても多かった。 ゲスト参加しているミチェル・マサの写真集が出来るんじゃないかと思うくらい。
ただ単に暇なのか、とても音楽好きだとか研究熱心だとかなのか、よくわからない人だった。
それでも、お気に入りというわけではないのだけど、いつかあのライブ版と同じものを聴かせてくれるはずなのだと思いつつ、なんとなく通っていた。

2004年になる頃には、相変わらずダラダラしたヤツではあったけど、ちゃんと観客へのアピールもするようになった。でも、ライブ版のような演奏は、ホーン隊、最後までしてくれなかった。
私が帰国した後、夏ごろだそうだが、ミチェル・マサのライブに行ったらびっくり、バンドメンバーが来なくて、遊びに来ていたミュージッシャンを集めて、即席でセッションのようなライブをしたことがあったそうだ。 どうしちゃったんだ?

その後何がどうなったかは知らないが、年末に私がキューバに行った際には、不満だったホーン隊もばっちりきまる、素晴らしいライブをしてくれるようになっていた。 そして、毎週月曜日にはガリアーノ、木曜日にはミラマールでマチネーを、夜の部も週1回くらいのライブをレギュラーで行なっていた。
演目は1/3くらいコピーのレゲトンだったんだけど、それでも充分楽しくて、全てのライブに通いたい!と思うほどだった。
身体も多少絞られて、ダラダラしていなくなっていた。
コピーのレゲトンが多いのにはちょっと、、とは思ったけど、ステージングも考えて、ちゃんと観客に向けてライブを行なっていて、先に対する楽しみも私の中でかなり湧いてきていた。

ところがところがところが、、、現在はミチェル・マサ、もしかするとバックバンドを持っていないのかも。。
あまりチェックしていなかったのですが、このところミチェル・マサ名義のライブが無いようなのです。
GW にキューバ旅行した友人は、Michel Masa & Charanga Forever というマニアが喜びそうなライブを堪能してきたそうです。
今日は、CUBAVISIÓN を観ていたところ、Elito Revé y su Chrangón で、コロをやっていた。。。
ミチェル・マサ、あのグループには必要ないと思う。。
実際、フロントが並ぶとミチェル・マサだけ大きくて、違和感があった。
確かに Elito Revé のグループからはかわいいムラートのソリストが抜けてしまっていたけど、元からいるもうひとりのソリストの他にもソリストが入っていたし、Elito の他にもコロはいる。 ミチェル・マサがあそこにいてコロをやる必要は、全く全く全くないのだ。
どうしてミチェル・マサがあそこにいて、何をしようとしていたのか全くわからない。。
司会者が「ミチェル・マサのお母さんがどーの・・・」と言っていたけど、よくわからなかった。
ただ遊びに行ってただけなのかなぁ?

 ところでミチェル・マサのお母さん、ダビ・カルサドの奥さんだったんだよね?
 どんな人なんだろう?

というわけで、今、ミチェル・マサの今後に注目している。

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/30 (Mon)
 Salsa



キューバ音楽に於いて " Salsa " ってなんなの?と思うことがあります。
古いタイプのキューバ人には、「全て Son だ。」と言う人もいます。 また、Casino と称されたりもします。
キューバ以外の国では、キューバン Salsa とも。

私はキューバ音楽を分類するとき、" Salsa " という言葉を使うことを、躊躇してしまったりします。

キューバ音楽には、ひとまとめにして " Salsa " で済ましてしまったほうが楽だろうなと思うほど、似かよったどこでどう区別しているのか、その特徴は何なのかが私にはわからないリズム(?)がたくさんあります。
Changüí , Son , Guajira , Chapotín ,・・・ Pilón はちゃんとガゴンと叩いてくれればわかるけど。

たくさん聴き込んで、勉強しなきゃね。

アドルフォ・グスマンやクバディスコなどで賞を贈る際の括りとしては、Son や Timba などペアで踊る音楽を総称して、" Música Bailable " と言うようです。
実はほとんどのキューバ人はそんな名称にこだわったりはしていないことは知っているのですが、何がどう Salsa なのか、どこからどこまでが Salsa なのか、よくわからないのです。
まぁ、最近は Salsa Romantica としか言いようのないものをやるアーティストも増えてきたので、キューバのミュージッシャンが演奏する音楽にも Salsa に分類されるものがあるということなのですが。。


そうだった、何を書こうとしたのか、そのきっかけを忘れてました。
もっと広義での Salsa の成り立ちを解説する本 " salsa " という本の紹介文を読んで興味を引かれたので、ご紹介しようと思ったのでした。

「サルサは「リズム」ではない、「コンセプト」なのだ…。世界のさまざまな国と文化や、あらゆるジャンルの音楽と複雑に交わりながら発展してきたサルサ」

だそうなので、つまりぜ~んぶ Salsa なのね!それでいいのね!と思えるようになるかもしれないなと思って。
ん?うん。それが幹でありその基となった音楽であっても、枝分かれした時点で、大きな Salsa という枠の中に取り入れられたってことなのかな?と。
どうなんでしょう?

まーね、私が「キューバ音楽」と括ったところで、それは「カリブ海音楽」であったり「ラテン音楽」であり、「ワールドミュージック」に取り込まれてしまうのであるよね。

otoras | trackback(1) | comment(0) |


2005/05/30 (Mon)
 Elito Reve



今今今からレベの演奏が!

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/30 (Mon)
 バンバン・ライブ



Gramma の Cartelera に以下の TV プログラムが掲載されてました。

8:30 - 10:45 Noche de premiaciones del Concurso de Música Cubana Adolfo Guzmán

これって、先日放映されたアドルフォ・グスマンのバンバン35周年プレミアライブよね。
2週続けての再放送。
私の予想としては、この時間 premios Cubadisco 2005 の大賞発表と授賞式が放映されると思ってたんだけどなー。
でも、こんどこそ!ダウンロードにトライ。
がんばってみます。

バンバンライブの放送は、たぶん日本時間の月曜午前10:50~11:45頃だと思います。
インターネット放送の見方は、CUBAVISION サイト の右のメニューバーにあるテレビのイラスト、「en vivo」、または「Programación en vivo TV Cubana」のいずれをクリックしても、開きます。

timba | trackback(0) | comment(16) |


2005/05/28 (Sat)
 CUBADISCO 2005 Teatro コンサート詳細情報  2



期間内のテアトロにおけるコンサート等の情報 2


CUBADISCO 2005 に関する全ての情報は CUBADISCO 2005 情報に集めています。

TEATRO AMADEO ROLDÁN
(Calzada esquina a D, Vedado. Telf. 832 1168).
SALA ROLDÁN,
viernes 27, 8:30 p.m.,

homenaje a la maestra Digna Guerra; invitados: Coro Nacional, orquesta Cubadisco, dirigida por Manuel Dúchesne Cuzán , además del grupo Obiní Batá; director artístico: Daniel Alcolea.


otoras | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/28 (Sat)
 Vivela Japón! Salsa Tour site



Vivela Japón! Salsa Tour site のトップページが変わりました。
Tim Pop のプロモーションビデオではなく、バンバンヒット曲数曲のダイジェストに。
プロモーションビデオは、今まで通り Artist のページで観ることができます。私はできないけど。。(何故?)

ところで Tour Infomacion のページにあるスポンサーサイトに遊びに行ってみました。
行ってみるものね、バンバン紹介ページがありました。
メンバー紹介からバンバンの歴史まで。
特に歴史はファン必見!
オフィシャルサイトの Histria を基に書かれているのだけど、ちゃんと辞書を使って読んだりしてなかったので、勉強になりました。

でも、メンバー紹介にひとつ間違いを見つけちゃった。
ウゴ・モレホンとアルバロ・コジャドさんの写真を貼り間違えているのだ。

先日アルバロさんの親友という日本人男性と知り合ったのだけど、アルバロさん、聞けば聞くほど素晴らしい方です。
私はいつもマジートとヴァイオリンかぶりつきなので、ホーン隊は遠くてあまりわからないんだけど。グィロもね。



timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/26 (Thu)
 Huis Ten Bosch



一家して Charanga Hanabera ファンというステキなご家族をお持ちの Piaa さんがハウステンボスに問い合わせのメールを出したところ、キューバ音楽の公演は「予定にございません」とのことだそうです。
たぶん、お話が流れてしまったのだと思う。
聞くところによると、担当者はキューバ音楽イベントに精力的なのに、上の方では食指を動かさないとのこと。
こうなったらみんなで問い合わせメールを送りまくって、来年への布石としましょう。

「8月22日にバンバンやって!」っていうのもいいと思うんだけど、帰国日いつなんだろう?
昼間の出し物でやってくれれば、九州・長崎以外の人が当日帰宅できていいかも。

ハウステンボス・オフィシャルサイト
お問い合わせフォーム

出入り "してた" 業者によるハウステンボスを楽しむための成長型「裏」ポータル ハウステンボスへの道 ってのも見つけちゃいました。
まだ内容は見てませんが、面白そうな予感。

timba | trackback(0) | comment(13) |


2005/05/25 (Wed)
 しまった~。。



もしかして土日に CUBADISCO が放映されたかしら?と思って番組表をチェックしたら、先日のアドルフォ・グスマンのバンバンライブ、日曜日に再放送してました。。
昨日の朝ってこと。
残念観たかったー。
それに、インターネット放送をダウンロードするフリーソフトを手に入れたのだ。まだ使ってないから出来るかどうかわからないけど。
テトラさんのサイト にありました。
保存したかったー。。

CUBAVISION のプログラムチェックは、DIARIO Gramma 左サイドバーで Cultura のページを開いて一番下の Cartelera でするのがいちばん正確なようです。
アドレスの日付をいじることで、時間帯によっては翌日分も見ることができます。
例:http://www.granma.cubaweb.cu/2005/05/24/cultura/0cartelera.html
→http://www.granma.cubaweb.cu/2005/05/25/cultura/0cartelera.html
CUBAVISION の Cartelera にある Programación は信用できない。。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/24 (Tue)
 しくしく。。。



記事書いたけど、また消しちゃった。。
っていうか、FC2 って、時間かけて書くとその間に勝手にログアウトされてしまうだ。
で、「保存」ボタン押すと、「ログインできませんでした」みたいな画面が出てきて、書いたものを取り戻せないのである。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/23 (Mon)
 Los Van Van Gira Japó



既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ロス・バンバン日本公演のオフィシャルサイトがオープンしました。

Vívela Japón! Salsa Tour/05 Juan Formell y Los Van Van

Tim-Pop のプロモーションビデオが観られるのだ!
ライブ映像だから、人々がどれだけ熱狂しているかが観られるよん。

何故か私の PC では「ファイルを再生できません」になってしまうのだけど、「Artist」のページには Tim-Pop (内容同じか不明)と Vive のミュージッククリップがあります。

また、招聘元のティエンポ・イベロアメリカーノのISLA DE SALSA 2005 のページにもミュージックビデオがあります。
これが Vive ですね。
歌の内容は、あるモノを使え使えと歌っています。
「何故だか知ってるかい?」とか説明してますし、サムエルはそのモノを使っているから大通りの真ん中でティンバレスを演奏していても守られているらしい。
「使え使え使え」とカップルの行く手を邪魔しまくり、最後に Juan Formell がお部屋まで押しかけてそのあるモノを手渡してすかさずマジートの「それ使え!それ使え!」の声が。。。めでたしめでたし。

ahinama さん、TB しておきました。

timba | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。