--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/31 (Sun)
 Bamboleo Vivo en Japón



* さらに * 追加情報有り & リンク再び直し *



そーなの。。。Charanga Habanera in POPULAR ! の上映イベントとして日本に招かれたキューバのバンドは、Bamboleo なのです。。という噂。
何故?!とは思うのです、強く強く強く。
でも彼ら、日本に来られれば、何だっていいのかもしれません。
「日本公演がしたい」って、よく言ってましたもん、メンバーが。
でもって、秋葉原で新しい PC を購入したいのですって。


電子チケットぴあ で、チケットが発売日が発表になったようです。
でも、@ぴあは手数料とかいろいろかかるようなので、様子を見ましょう。
当日券は、どちらも7000円。

品川プリンス エプソン品川アクアスタジアム ライブホール ステラボール
■公演日:2005年10月21日(金) ■開演:7:00PM ■開場:6:00PM
■席種・料金: 1F立見・6500 2F指定・6500
■@ぴあ 発売日情報:2005年8月20日(土)
■備考: [共演]村上龍
問合せ先:[ TOKYO FMエンタメ事業部 ]03-3221-0080

CLUB CITTA’
■公演日:2005年10月25日(火) ■開演:7:00PM ■開場:6:00PM
■席種・料金: スタンディング・6500
■備考: 立見(ドリンク付)
問合せ先:[CLUB CITTA’]044-246-8888
CLUB CITTA’のチケットを持って行くと得をする お店 があるそうです。


村上龍さんがパーソナリティをしている「RYU'S RAINFOREST」が TOKYO FM で毎週土曜日 21:00~21:30 に放送されているそうなので、せっかくだから、Bamboleo がんがんかけてほしいです。

Bamboleo はねー、Funk とか Jazz (Funk , Latin など)が好きな人に受けると思うんだよねー。
キューバじゃない、別のアプローチで売ってみてほしいです。
でもって、ゆくゆくはキューバ音楽のすごさを思い知らせるのだ!


  * 追記 *

映画のプロモーションのためのイベントなのかと思ったら、「村上龍プロデュース キューバ・アーティスト来日公演シリーズ 今年はバンボレオ!」ってことらしいです。
「MC : 村上 龍」とあるので、両日ともMCで入ると思います。

品川の21日から川崎の25日まで、3日空いてますねー。
この間、追加公演があるのかなー?
でも、チャランガ・アバネラは、毎度クローズドで2回くらいライブやってるからなー。 今回も、そういうことになるのかしら?
キューバ音楽には縁のない招待客がお行儀良く着席して観るライブ。
でも、それでもいいの。 彼らのプロモーションになるのなら。
これって、愛?
今年に入ってからは観ていないけど、去年までの Bamboleo に関しては、私、かなり自信あります。
踊ることを知らない招待客も、Bamboleo の音楽的魅力について、気付いてくれることでしょう。


  * さらに追記 *

CLUB CITTA’での公演は、既に7月30日よりチケット発売中。
@ぴあ 及び イープラス

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/28 (Thu)
 Sitio web del cine ¡ POPULAR !


映画 POPULAR!の公式サイトがオープンしたようです。
タイトル不明。中身なし。

Charanga Habanera in POPULAR !

米国の公式サイトはこちら。
やっぱりトップページのみで中身なし。

¡ POPULAR !

メーリングリストがあるようで、お申し込みは info@popcuba.com のようです。
たぶん、英語、もしかすると、プラススペイン語。


timba | trackback(0) | comment(3) |


2005/07/24 (Sun)
 SITIO WEB DEL BONI Y KELLY



ボニケリサイト の Discography ページが大胆拡充。
全曲30秒試聴!
プラス、ボニケリイチオシのレゲトン/ソンのフュージョン「Maria Magdalena」はなんと 1曲まるまる MP3 ダウンロードできるというオマケつきでございますって!

私は、、デスクトップに基板を差し込まなければ、聴けない~!

timba | trackback(0) | comment(2) |


2005/07/23 (Sat)
 タレ込情報あり



八月一日から東京ベイシェラトンホテルで演奏するパンチョ・アマトご一行さまが、只今レストラン・ボデギータでお食事中。
パンチョ・アマトとレゲトン踊りたい人は、六本木ボデギータに集合だ!
(今日はレゲトンナイトなの゛)

パンチョ・アマトは、レゲトン踊るのであろうか?
インテリヘンテな色男のような風貌をしていらっしゃるけど、やっぱりキューバ男なのであろうか?
やはりインテリっぽい素敵な叔父様風有名ミュージシャンと踊って、耳を噛まれた経験あり。
以来彼は、ミミカミートと呼ばれている。

以上、PHS より。

timba | trackback(0) | comment(2) |


2005/07/23 (Sat)
 Charanga Habanera in POPULAR !

* 追記あり *



Salsa Japan ! サイトに映画 POPULAR のロゴらしきものが掲載されているので、お知らせ。
10月から 渋谷シネ・ラ・セットでロードショーだそうです。
モーターサイクルダイアリーズやってたところですね。
毎月1日の映画の日と、水曜日に行くと、男女とも1000円です。

お! こっち には「ポプラル!」(10月初旬~)って書いてありました。


もしかすると、10日くらいお休みするかもしれません。
ラップトップちゃん入院です。
デスクトップ君には、LAN ケーブルのポートがありません。
基板購入済み。だけど、、、その基板を扱いかねている私。。


* 追記 *

なんと!こんな方がいらっしゃいました。
この方 どなた なのでしょう?
きっと村上龍のお友達なのでしょうね。か、文化人か。。
ターザン山本さん???


***


家に帰ると映画の試写会の案内状が届いていた。

キューバ音楽を題材にした『ポプラル!』である。なんでも作家・村上龍がエグゼクティブプロデューサーとして参加しているという。

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の公開によって世界中で人気を博したキューバ音楽。だがその音楽はキューバで本当に人気のある音楽とは違うというのだ。

革命以降の若いニュージシャンが作り出した最先端の音楽…それがトップ・オルケスタ〝キャランガ・アパネーラ〟を描いた灼熱のドキュメンタリー、それがこの映画。『ポプラル!』というわけである。

ウン、これなら試写会には行ってみたくなる。それに空白の部分には村上龍の自筆で「前略、アメリカの女性作家が作った映画〝POPULAR〟の日本公開をプロデュースしています。PowerfulでStraightなキューバ音楽ドキュメンタリーです。ぜひ、知って下さい」と書かれているのだ。

まるでボクあてに直接書かれたような錯覚を一瞬味わった。実はこれ村上龍の自筆を試写の案内状に印刷したものなのだ。こっているよなあ。

いずれにしても新しい世代のキューバ音楽なら興味がある。試写会に行ってみようという気になった。


***


「ニュージシャン」だとか「キャランガ・アパネーラ」だとか、、微妙に間違ってるんだけど、これはマジで書いていらっしゃるのでしょうか???不明。。。

そっか、村上龍は、「日本公開をプロデュース」してるのね。
パワフルでストレートなのかー。
もしかして、、、Salsa Japan ! UP 画像は、招待状か?!

ターザン山本さんの日記は7月18日付。
この先試写会にいらっしゃるだろうから、ここもチェックしなければ。
感想文が載るかも。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/23 (Sat)
 熱いキューバン・リズムとエキサイティングなキューバンダンス



7月26日の愛・地球博のキューバ共和国デーイベントが決まったようです。
一般公開は、共和国デーイベントとしてではなくて キューバイベント「熱いキューバン・リズムとエキサイティングなキューバンダンス」 として紹介されてます。

ナルシソ・メディナ・カンパニー の情熱的なパフォーマンス、ピアニストの 川上ミネ 、ギタリストの アントニオ古賀 ・アレキサンダー・ラボルデ・パドロン・珠(たぶん、萩原珠)によるキューバ音楽が繰り広げられます。」 そうです。

ナルシソ・メディナ・カンパニーは、現在 スタジオボデギータ でキューバンダンス、コンテンポラリーダンス、レゲトンのレッスンをしています。 スタジオの写真をクリックすると、レッスンスケジュールが表示されます。
また、全国を回って公演やレッスンもしているようです。
なんとね、私の元お師匠さんも、十数年前にナルシソさんのレッスンを受けている。 なので、ナルシソ振り付けのキューバン・キャバレー・ダンスを観ると、振りがほぼ同じ。
どちらも十数年以上、同じ振りを使いまわしているのであったよ。。
アントニオ古賀さんは、とってもとっても昔からラテン音楽を奏でていらして、なんと!フィデルと対談までなさってる!
2003年にはキューバより「日本キューバ友好賞」を、CUBADISCO 2005 でも、Premios de honor を受けている。
アレキサンダー・ラボルデ・パドロンさんは、日本に長期滞在中のカンタンテ。やっぱりプロだねって感じで、同じマイクでこれほど出音が違うのか?とびっくりするうまさ。声もいいし。
川上ミネさんについては、以前 A Todo Jazz で少し触れました。
珠さんは、どうやらラテン歌手(もしくは演奏者)らしい。ことしかわからなかった。

開場時間        2005年07月26日 13時15分
公演日・開演時間  2005年07月26日 13時45分
終了予定時刻    2005年07月26日 15時00分
会場          長久手会場 EXPOホール


なんとねー、、これとは別に同日に キューバ共和国デーイベント があって、こっちにはパンチョ・アマトが出演するんですよ。
でも、入場できるのは招待客のみ。

otoras | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/22 (Fri)
 Orlando Valle "Maraca"



LA の Ahí Namá から出た Orlando Valle "Maraca" の新しいアルバム " Soy Yo " が、17日に日本でも発売されました。

いい男だと思っていたのに見た目がどんどんお兄さんの Yumuri に似てくるのが悲しいところですが、演奏はめちゃくちゃかっこいいです!
 
Maraca を初めて観たのは Jazz Plaza 2004 でだったんだけど、すっごかった。。。 生で聴いたらもう卒倒しそうなかっこよさです。
めちゃくちゃ・めちゃくちゃ・めちゃくちゃ・すっごくすっごくすっごくすっごぉーーーーーくかっこ良過ぎ・良過ぎ・良過ぎ・良過ぎ!!!!!
始まったとたんに口をホの字型にポカンと明けて手を握り締めてしまった。

マラカは "超" が付く天才です。
以前、世界中のジャズファンに衝撃を与えた超絶テクニックの鬩ぎ合い集団イラケレのメンバーだったのだけど、その後自身のグループを持ち、フランスを拠点に世界各国で演奏していて、普段キューバでは観られないのです。
マラカのグループもまた天才集団で、昔のイラケレを髣髴とさせる、おそらくナンバー1バンドだと思う。
今チューチョ・ヴァルデスや彼がイラケレとして活動しているグループの演奏を聴いても、あれは得られない。
本当にすごかった。
すごい早いパートを一分の乱れもなく重ねたり、皆で違うリズムで演奏してそれを最後にジャン!と合わせて終わらせるとか。。
最後の方ではもう、胸に手を重ねて聞き惚れてしまいました。
CDを持っているのだけど、もちろんCDもすごいのだけど、全く違ってた。

あちこち調べてみたのだけど、残念ながらまだ "Soy Yo" を試聴できるサイトはないみたい。
以前のアルバムなら、いくつか試聴できるサイトがありました。
calabash music がけっこう良さそうです。
Ahí Namá では、マラカの CD ジャケ写真をクリックするか、右上の Artist Search で Maraca を選択すると、マラカのページが開きます。

Ahí Namá で試聴することの出来る "Descarga Total" でトランペットソロを吹いているのはマラカの弟、日本で活躍中の ルイス・バジェ 。 
ルイスは、ほとんどのアルバムに参加しているそうです。
マラカもすごいけど、ルイスもすごいです。
Jazz Plaza でマラカのライブを観たときに、ルイスはこの集団の一員としてヨーロッパツアーに参加したり CD でソロを吹いたりしているんだよなー、、と、なんとも複雑な気持ちになりました。
ルイスの今後も、とても楽しみ。

"Best of Maraca's Bailables" では、"Descarga Total" を1曲まるまる試聴できます。
めちゃくちゃかっこいーーー!

それでね、"Tremenda Rumba!" の "Castigala" を試聴してたらね、やっとわかったんだよね。
レゲトンは、レゲエの派生型だって。
知ってはいたけど、理解していなかった。
この曲はレゲトンではないのだけれども、何回か Rap が入っていて、ここで出来る試聴の中の最後の Rap 部分でハッ!とわかった。
とにかく聴いてみてくださいって、皆さん既にご理解なさってたかな?

日本のアマゾンでは、"Soy Yo" の他にも いろいろ マラカの CD が購入できます。

Maraca y su otra visión って、私からするとめちゃくちゃ Jazz バンドだと思うのだけど、ヨーロッパではバイラブレなバンドなのかしら??っていうのがちょっと心配なところ。
ミュージックビデオやインターネット上で観ることの出来るライブ映像などは、バイラブレな曲ばっかりなんだよね。。
バリバリジャズ街道まっしぐら邁進していただきたい!
演奏する曲なんか、ルイスと志向(というか嗜好というか。。)が似ているな~と思ったり。
ルイスがお兄さんの曲やったりもしているからかな? でも、それは1-2曲なはず。
やっぱり兄弟、好みが似ているということなのでしょうか?

ユムリ・マラカ・ルイスのお兄さん、バジェ家の長男 ペドロさん も、日本で活躍中。
ペドロさんの Rumba con Cubanos は、たいていの毎月第4木曜日に六本木 Bodeguita を Rumba の坩堝と化しています。 今月はやらないかも?長崎に行ってるから。
メンバーの一人、Angel Artola はなんと!Orishas のメンバーと幼馴染。Rap を彼(どの彼だかは忘れた)に教えたのは、アンヘルなのです!
Orishas 1枚目のアルバムのスペシャル・サンクスにアンヘルのあだ名、Colo か Coro って書いてあるはず。
以前は一緒に HipHop のバンドをやっていたのですって。
キューバの HipHop 界の草分け的存在らしいです。

そうそう、Kamita Records の HABANA JAM SESSION / Veneracion と HABANA JAM SESSION / Crema Nota が Ahí Namá からキューバで発売されるそうです。 すごいですね!

jazz cubano | trackback(0) | comment(11) |


2005/07/21 (Thu)
 POPULAR 追加情報ざんす


その 後、度々チェックを入れていた 「トルネードへの道」
追加情報っていっても、いつも「打ち合わせした」しか書いてない。。
おお!でもこんどはちょっと進展?  HP が出来るようです。 今どき当たり前なんだけど。
 
「カフェグルーヴ岡島氏とイマジカ配給の作家村上龍プロデュースのキューバ音楽ドキュメンタリー映画『ポプラル』のHPの打ち合わせをする。」

村上龍がプロデュースしたのか??っていうのも、プロデューサーって何をする人のことなのかわからないので、なんとも言えないんだけど。。。

Cinema-imagica.com もときどきチェックしてます。

まめにチェックしてたら「試写会プレゼント」とか、「ノベルティグッズプレゼント」とか、あるかもしれない???
たばこの POPULAR だったら、いらないかも。。あ、でも、それも面白いかもね。 POPULAR のデザインを使ったノベルティグッズ。なかなかレアです。
チャランガ・ファンは、いらないか。。 キューバ・ファンは、欲しいかも。

エブリは来日時にちゃんと映画 POPULAR 関係者たちにプロモーションしたのであろうか?
Charanga Habanera "ESTA ES MI CHARANGA" で書いたように、オープニングイベントにチャランガ・アバネラが来られないのであれば、El Boni y Kelly がライブをすればいいのにって思うんだけど。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/20 (Wed)
 Miembro del Boni y Kelly



ボニケリ のバンドメンバー、なんか、すごいことになってるようです。

なんとね、トランペットに Alexander Abreu Maresa が入ったのですよ。
Timba.com でその経歴や参加 CD を見て下されば、そのすごさがおわかりになるでしょう。
先日ご紹介した マジートのソロアルバム にも参加してます。

その他にも、トロンボーンの AMAURY PÉREZ RODRÍGUEZ 、ピアノの Marcos "Marquitos" Crego
この人たち、CD に参加したってんではないのです、バンドメンバーなのですって。 すごいですね~。。

元々ベースは私の大好きな Wilber Yusvel Rodríguez Guerra だし。
その他のメンバーは、今年1月現在、コンガは Luis Guillermo Palacio Galvez 、ティンバレスが Marciano Hernández Rodríguez だったと思います。
この3人は、El Clan からの移籍組。 Alexander Abreu も、元々は Carlos Manuel y su Clan に在籍していて、El Clan の CD に参加しています。

早く聴いてみたいです~!


ところで先日の 浜辺のキューバンナイト 、仲田美穂さんのピアノソロで、エブリは持ち前のサービス精神を発揮してステージ上で踊りまくり、イタマエさんがソネオでエブリを煽りまくりって感じでかなりすごかったらしいです。
イタマエさんがルンバの事を歌ったら、エブリがワワンコー踊ってリスポンスしたり。
燃え上がったでしょうね~、みんな。
ライブ終了後には写真撮影会やサイン会、エブリは DJ タイムもその後みんなでした花火も楽しんでいったようです。
エブリと花火ですよ~! たまりませんね!
まさに浜辺のキューバンナイト、忘れられないキラキラした宵だったことでしょう。

詳細は Electropico 音楽三昧日記 を待てって感じですかね。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/18 (Mon)
 今日の CUBAVISIÓN



夕べというか今朝1:00 a.m. からやってた日曜お昼の番組 "SUPERDOCE" Punto G en Súper 12” は Los Van Van, Buena Fé. が出演した模様です。
緊急タレこみ連絡が入ったのですが、残念ながら、観られない場所にいたもので。。
6:00 a.m. には再放送があったみたい。
これも見逃した。。
ちゃんとチェックしてないと、ダメねー。
皆さん、チェックなさってますか?

見逃してすごく残念だけど、でもいいの、私も 葛西の Habana で5年位前のバンバンとか10年位前のバンバンを観てきたから。。
マジート、昔の方が声が良かったような。。
ガリガリに痩せている今はだぶだぶな身体をしているミチェル・マサのいる Charanga Habanera なんかも観ちゃったし。

9:30から、"EL EXPRESO" という番組が始まるんだけど、Pedrito y el Clan, Juanito Carlo, Yolie, Pedrito Calvo, Los Zafiros, Coro Diminuto, Juan Carlos Rivero. Alumnas de Rosalía de Castro が出演する模様。 たぶん。
明けて1:00 a.m. からは、Concierto¨Buena Fé¨ があります。


 ** 追記 **
頭を見逃したので "EL EXPRESO" だったのかどうかわからないのですが、2003年に行なわれた DAN DEN の15周年記念ライブでした。
バンバンのカンタンテ、グアジャカン・ロベルトンとパウリート FG がゲスト出演。
パウリートは、「僕はたばこを吸わないよ、止めたんだ」と、5分くらい歌ってました。

timba | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。