--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/08/30 (Tue)
 POPULAR!



他にもいくつかのページを発見。
CINEMA TOPICS ON LINE
映画生活
チラシコレクション

他にも、チラシを販売しているサイトもありました。 30円のところと50円のところ×2。

公開が近づいてきてるって感じですね~。

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(7) |


2005/08/30 (Tue)
 Commin' Soon TV



Commin' Soon TV のサイトに Charanga Habanera のドキュメンタリー映画 POPULAR! のページが出来ました。
「映画情報」のページに、いくつかの写真と共に、村上龍氏による映画の監督 Jennifer についての文章が載っています。
とりあえず、「観たい」に1票投票しましたが、してみて気付いた。 初めての投票でした。 未だ、私の1票しか入ってません。
皆も投票しよう!

ここ にリンクしろと書いてあるのに、そのアドレスからはページが開けないようなので、「映画情報」ページにリンクを張っておきました。

Commin' Soon TV で POPULAR! の予告編が観られるかどうかは、未だ不明。
これから探しまーす。

timba | trackback(0) | comment(4) |


2005/08/29 (Mon)
 Super doce



ボニケリ出演中。
しっかし、ホントにくだらない番組だ。
何が面白いんだか、、、って、スペイン語わかれば面白いのか?
いや、違うと思う。
司会者、ちょっとどいて!
後ろにいるのは!!ウィルビ?

timba | trackback(0) | comment(2) |


2005/08/27 (Sat)
 Los Muñequitos de Matanzas



ご覧になりました? World Event VillageLos Muñequitos de Matanzas
かっこよすぎです。 素晴らしい!
残念ながら、まだ生で観たことないのです。。
私のキューバ滞在中にも、2回ほど Habana でやったらしいのですが、どちらも見逃してしまいました。
Los Muñequitos de Matanzas が来る!というガセネタには何回か踊らされたのですが、ガセネタでしかありませんでした。

Los Muñequitos de Matanzas は、1952年、Guaguanco Matancero の名で結成され、1956年に現在の名に。
アフロクバーナ最高峰のグループと言われています。
映像を観て音を聴いて、やっぱり最高峰だと思いました。

久々に映像付きでアフロクバーナを聴いて、今の日々に欠けているのはこれだ!と思いました。
キューバにいた頃は、週に2-3回はアフロクバーナのライブに行っていたので、里心がついたというか、身も心もこの欠乏をひしひしと感じてしまいました。
私の細胞がこれを求めています。
カタ(ウッドブロック)の音が、心を逸らせます。

afrocubana | trackback(0) | comment(10) |


2005/08/26 (Fri)
 César López y Habana Ensemble



昨年の東京 Jazz に引き続き、今秋来日する César López y Habana Ensemble の前売りチケットが、本日より発売されます。

【メンバー】
César López (sax)
Alexis Bosch (p)
Amhed Mitchel (ds)
Juan Pablo Dominguez (b)
Eliel Williams Lazo (perc)

このコンガのエリエル君のファンです、私。
エリエルについては、後日じっくりと書きましょう。
そうそう、今年 ソロアルバム 出しました。

【日程・会場】
2005年10月7日(金) 開場:19:00 開演20:00
DUO Music Exchange(渋谷区道玄坂2-14-8)

2005年10月10日(月・祝) 開場:14:30 開演15:00
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール(横浜市中区新港1-1-1)
~横濱JAZZ PROMENADE Live After Live Ⅰ~

【チケット料金】
前売¥5,000 当日¥5,500(税込・オールスタンディング)

【チケット発売】
8月26日(金)10:00~

【チケットのお申込み】
住所・氏名・電話番号・メールアドレス・公演日を明記の上、サウスピア info@southpier.co.jp までご連絡ください。
●尚、横濱JAZZ PROMENADE2005のチケットと10月10日公演のチケットを合わせてお申し込みの方に限り、特別割引実施中。
詳しくは、上記アドレスまたは横濱JAZZPROMENADE実行委員会事務局(045-682-2015)へお問合せください。

■そのほか、下記でも取り扱い。
チケットぴあ   : 0570-02-9999(Pコード:210-082)
ローソンチケット : 0570-063-003(Lコード:36020)
CNプレイガイド : 03-5802-9999
e+(イープラス)
キョードー横浜  : 045-671-9911

【主催】
FMヨコハマ
サウスピア

【後援】
横濱JAZZ PROMENADE実行委員会(10月10日のみ)
横浜JAZZ協会

【協力】
キョードー横浜

【お問い合わせ】
サウスピア 045-640-6633
キョードー横浜 045-671-9911

以上、サウスピアサイト のほぼ丸写しです~。


セサル・ロペスと彼のコンセプトについては、東京 Jazz 2004 サイトに詳しく載っています。
「シーザー・ロペス」とか「ハバナ・アンサンブル」とか書いてあるけど、キューバ音楽ファンなら「セサル・ロペス」と「アバナ・エンセンブレ」と言いましょう。
また、セサル・ロペスは「元イラケレメンバー」と書いてありますが、昨年のイラケレ来日時にもメンバーに名を連ねてましたし、おそらく今もメンバーであると思います。


Habana Ensemble は、現在キューバの有名なジャズクラブ "Jazz Café" にて、Habana にいるときは、毎週金・土曜日に演奏しているのだが、夜中の0時過ぎ演奏開始にもかかわらず、22時ごろ行くと既に満席で入店できなかったりもする、超人気グループ。 他にこんなグループ、ありません。
私が初めて観たときは超モダンなジャズをやっていたのだけど、その次に観たときはかなりバイラブレだったりと、ライブ毎に違った顔を見せてくれる。 そんなところにもセサルの遊び心を感じられて、今日は何を聴かせてくれるのかと、行く度にわくわく、どの顔も期待を裏切らず、とても楽しい。
去年の東京 Jazz では、「 PA がラテンを知らないために出すべき音を出しておらず、もったいなかった」との意見もあり、もしかしたら去年聴いて ??? と思った方、それは彼らのせいではなかったかも?

jazz cubano | trackback(1) | comment(0) |


2005/08/25 (Thu)
 Latin Grammy Awards



去ってしまった後で直接お祝いを言えないのが寂しいですが、Los Van Van の "Chapeando" がラテングラミーの the Contemporary Tropical Music カテゴリーにノミネートされました。

でも待って、直接お祝いを言える人もノミネートされたのです。
もう1枚同部門にノミネートされた "Cuba le canta a Serrat" はコンピレーションアルバムなのですが、長期滞在中の Pancho Amat も参加しているのです。
その他の参加者は、Omara Portuondo, la Aragón, el grupo de Compay Segundo, Vania, Ibrahim Ferrer, Silvio Rodríguez, Aceituna sin Hueso, Haila, Charanga Habanera, Bamboleo, Frank Fernández, Pablo Milanés, Chucho Valdés, Pío Leyva, Pupy y Los que Son Son, Taicuba, David Álvarez, Leyanis López, Somos Amigos, la Familia Varela Miranda と、オールスターですね。
ミランダ・ファミリーを愛してるお姉さま、喜んでください。

また、the Tropical Music カテゴリーでは、"Buenavista Social Club presents to Guajiro Mirabal" でトランペットの Manuel Mirabal 、"Flor de amor" で Omara Portuondo がノミネートされました。

the Classical Music カテゴリーでは、"Homo ludens" で Silvio Rodríguez と Chucho Valdés 、the Instrumental カテゴリーで Gonzalo Rubalcaba の "Paseo" 。

そして!! the Urban Music カテゴリーで Orishas の "El Kilo" がノミネートされましたーーー!

ブッシュがヴィサを出すかどうか、注目されています。


で、ですね、先日書いた「バンバン ヴィエネ アオラ」が間違っていたようなので、訂正です。

VAN VAN VIENE AHORA
EN SOL NATURAL
PORQUE VAN VAN Y TODOS SUS SERES
FORMAMOS PARTE DEL SISTEMA SOLAR
COME ON WITH VAN VAN,
COME ON MAN, VEN A BAILAR

sistema は a で終わるけど、男性名詞でした。

全般 | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/24 (Wed)
 Música Afrocubana - Yoruba Andabo



バンバン台風が去って、祭りの後って感じで少し腑抜けています。

Timba! Timba! Timba! な私ではありますが、キューバ音楽に関して何が誇れるかって言うと、実は Yoruba Andabo のライブを観た回数なのではないかと思うのです。 たぶん、彼らのライブを一番多く観た外国人て、私だと思う。
延べ1年キューバにいて、ほぼ週に1-2回観ていたのだから、私より多く観た人がいたら、お目にかかりたい。
かといって、何がわかっているのかと言うと、何もわかっていない。
気持ちいいだけなんです。
だから、誇れるようなものではないのかもしれない。っていうか、ないね。。

彼らの何がそんなに私を惹きつけるのか、それはもう、実際に観ていただくのが一番ではある。
今年 DVD が発売されたので、是非ともご覧いただきたい。
もちろん、CD もあります。

私はキューバ音楽に出会ってから、リズムのうねりの中に身を置くのがとても心地よいものだと感じてきた。
中級クラスの皆さんが叩く Rumba 目当てにパーカッションを習っていたこともある。 初級クラスでぴーぴー言いながらとりあえず叩いといて(ごめんなさーい)、その後行なわれる中級クラスの見学をするのである。
1本の太鼓が叩き出すリズムに、もう1本の太鼓が叩き出すリズムが加わって、そしてもう1本の太鼓が別のリズムを叩き出す、、、そうしていくつものリズムが重なってグルーブする。 あのうねりが、なんとも言えず気持ちいいのである。 そのうねりが生まれる瞬間に立ち会える快感もある。

太鼓じゃなくたって、別にいいのです。 音の出るものなら、リズムを出せるものならなんだって。
実際、キューバの民家で行なわれるフィエスタでは、カホンとも言えないような木箱と、鉄板を叩くスプーンで演奏されたりもします。 アフレケテとかね。

Timba って、その延長線上にあるものだとも思います。
音階のあるピアノや弦楽器、木・金管楽器を使ってはいますが、リズムの重ね合わせでもあります。
そして、Soneo 。


Yoruba Andabo は、Rumba ももちろん素晴らしいのだけど、ショーとしては Yoruba が彼らの目玉かもしれません。 正面からじっくり観ていると、精力をすべて持っていかれてしまうほどのパワーがあります。
そして、極たまにしかやらない Congo は、演奏も踊りも、トリップしてしまいそうな、瞬きする間も与えてくれない代物です。

afrocubana | trackback(0) | comment(3) |


2005/08/23 (Tue)
 Mario "Mayito" Rivera



Mayito のこと、お知りになりたいと言う方のリクエストにお応えして。
あんまり知らないのですが。。

ご先祖は、Congo 出身だそうです。(そこからいくか?!)
本人は確か、Pinar del Río 出身、ENA (音楽高校)にて専門的な音楽教育を受ける。 ISA (芸術大学)にも通ったかもしれません。
パーカッション、ピアノ、ベースそしてなんとトランペットも演奏するという。
コンガやキーボードを演奏する姿は、たまにバンバンのライブでも観ることができます。 ベースを弾いているのは、葛西の Bar HAVANA で毎月第3土曜日にやっている Shige MIX のイベント Caribbean Music Review で、先日初めて映像で観ました。

バンバンに入る前にもあまり名の知れていないグループで歌っていたそうです。
でも、既に10数年前、バンバンに加入。
その後2枚のソロアルバムを出すも、独立はせずに現在に至る。

ソロアルバムは、Pa'bachatear...Chappotín と Negrito Bailador 。
参加コンピレーションアルバムは、Rumba soy yo 、Rumba soy yo Ⅱ、Gracias Formell 、Música Cubana 。
その他にも、ゲスト参加したアルバムがいくつかある。

インターネット上にあるインタビュー記事は、
Guerrillero - Mayito rivera El orgullo de ser pinareño 2003
Timba.com 6 / 2003
High Fidelity Salsa 3 / 2000
探せばもっとあるかもしれません。

書いてみたら、ほんと、ちょっとしか知りませんでした。


Los Van Van Mayito toco congas


timba | trackback(0) | comment(4) |


2005/08/21 (Sun)
 とうとう



今日でお終いですね、バンバン日本ツアー。
淋しいなぁ。。
たとえライブに行けなくても、バンバンが日本にいてどこかでライブをやっているのって、それだけでわくわくの日々でした。
長いこと誰も呼べずにいたバンバンを、飛び込んで呼んでくださった招聘元と企画者には、大感謝です。
ヨーロッパのように、毎年バンバンが来るようになるといいなぁ。。

明日にはバンバンが日本を離れてしまうと思うと、悲しい。。。

timba | trackback(0) | comment(23) |


2005/08/20 (Sat)
 Regino Antonio Jiménez Seaz



【追記あり】



ちょっと前のニュースになってしまいましたが、7月18日朝、キューバの3大アフロクバーナ奏者のひとりである Danza Contemporánea de Cuba( Danza Nacional de Cuba )の Regino Jiménez がお亡くなりになりました。

Regino Jiménez は、1948年ハバナ生まれ。12歳からバタの演奏を始め、63年から Teatro Nacional de Cuba を本拠地とする Danza Contemporánea de Cuba に在籍。 現在はディレクトールであった。
Danza Contemporánea de Cuba は、1959年設立の、Ballet Nacional de Cuba についでキューバで2番目に古いダンス・カンパニー。

また、Grupo Ilú Añá をプロデュース、そのアルバム Sacred Rhythms は ここで試聴 できる。
演奏は Regino Jiménez(iyá), Fermin Nani Socarras (itótele), Jose Pilar (okónkolo) 、歌はサラブレッドで Conjunto Clave y Guaguanco の Amelia Pedroso Acosta と演奏者により、Conjunto Folklorico Nacional の創立メンバーである Librada Quesada Mazorra がコロで入っている豪華メンバー。 Seco(楽器のみ)もある。
ご購入は こちら
IRAKERE の Afrocubanismo Live! にも、Grupo Ilú Añá で参加している。

フランス語のサイトですが、写真は Percussions.org でどうぞ。


今年は、年始に Lázaro Ros と PELLO EL AFROKAN の Pedro "Pello" Izquierdo が亡くなっていて、Afrocubana 好きには残念な年です。

ラサロ・ロスの件は、記念すべき 第1回目の記事 ですね。
続けてページョ・イスキエルドの件も知ったのですが、Blog を始めて3件続けて訃報になってしまうので、書くのを躊躇してしまった。
彼は、モザンビーケを考案し、その後キューバ音楽が再び世界中に認識されるようになったきっかけとなった、とても偉大な人。 82・3年に来日した際のエピソードなども聞いたので、そのうち記事にしようしようと思いつつ、半年以上経ってしまった。。


【追記】
後日調べたところ、Pello el Afrokán の没年は2000年のようです。うーん。。。そう聞いたと思うんだけどなー。で、その時に Pello のことをいろいろ教えてもらったのでしたが。。
Pello についての詳しい記事は ⇒ こちら

afrocubana | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。