--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/03/10 (Fri)
 Tirso y Michel Masa

Tirso ですが、今なんと、Afrocubana のカンタンテとしてメキシコに行っているそうです。
Rumba とか歌っているってことだと思う。
で、Michel Masa は自分のグループを持っていないのでライブができないらしい。
Tirso & Michel Masa としてやっていたのは、やはり Tirso のグループであったそうな。
うぅ~~~む。

スポンサーサイト

timba | comment(3) |


2006/03/10 (Fri)
 Los VAN VAN

バンバンのヨーロッパツアー、日程はたぶんバンバンのオフィシャルサイトにでていると思うけど、わざわざ送ってくださったので、掲載します。

 2日 Roma Carso
 3日 Stockholm
 4日 Copenhagen
 5日 Zurich
 7日 Paris
 8日 Bordeaux
 9日 Toulouse
10日 Basel
11日 Rimini
12日 Torino
14日 Pergia
15日 Roma Carso
16日 Compobosso Blue Note ?
17日 Vicanza ?
18日 Anversa
19日 Milano
20日 Milano
21日 Modena ??
22日 Vanessa
25日 Noare
26日 Bilbao

すごい、強行スケジュールですね。

timba | comment(1) |


2006/03/10 (Fri)
 SON

SON を聴きたいと言う方、けっこういらっしゃるようで。
以前の滞在時には Timba Timba Jazz で Afrocubana だったので、Son をあまり聴きませんでした。
Sierra Maestra と Jovenes Clasicos del Son くらい。
その後の旅行で Juego de Manos 。
Habana Vieja のレストランなどではさまざまなグループが Son を演奏してますし、あまり有難味を感じていなかった。
でも、素晴らしい演奏をするグループはたくさんありますよね。
でもって、オリジナルでやっているバンドもたくさんある。
Santiago の Son とは違うけれども、Habana にも Habana の Son があります。

Habana でオリジナルをやっている Son が聴きたかったら、Dilirio Habanero か Diablo Tun Tun 。
どちらもエントランスが大体10CUC くらいで、夜23時か0時くらいから2ステージって感じです。
Sierra Maestra や Jovenes 、Juego de manos 、Pancho Amato 、Café Amargo 、Tres de la Habana 、、、いろんなグループが演奏してます。

UNEAC では隔週水曜日に Son と Afrocubana を交互にやっています。
こちらは外国人はエントランスが5CUC で、17時から。

Habana Vieja のレストランの他、Hotel Nacional のお庭でも、毎日演奏しています。
どこも音楽チャージはないけれど、投げ銭や CD 購入を促されます。

Hotel Nacional といえば、Buena Vista Social Club Presente のグループがライブをすることもあります。これは、お値段がけっこう張るのと、どちらかというと箱バン的な演奏のような気がして、私の好みではありません。

また、Casa de la Amistad では、毎週火曜日に Noches de Chan Chan cin Música Tradicional Cubana と題して、Septeto Habanero が、最終火曜日は Compay Segundo の孫のバンド、Grupo Ecos de Siboney が演奏してます。
21時から1時で、エントランスが5CUC 。 まだ食べたことないのだけど、ステーキがおいしそうです。

まだ確かめていないのだけど、たぶん毎週決まった日に Habana Vieja の Casa de la Cultura で Grupo Chapotin が Chapotin を演奏してます。
Chapotin は Son ではなくて Chapotin だけど。

日曜日の16時からは、San Francisco で Son と Afrocubana のライブがあります。

行くんだったら今週末から Manzanillo と Santiago de cuba に行くんだけど、今ちょっと気力が萎えてしまっている私。。
Habanatur にバスのチケットを買いに行ったら、今はもう扱っていなくって、Via Sur に直接行かないと購入できないそうな。。
ほんとだったら、先週 Manzanillo に行って、今ごろもう Santiago de cuba にいるつもりだったのに。しかも、Via Sur ではなくて、Astro でキューバ人料金で。
中国が1000台バスをプレゼントしたので、今長距離バスが豊富なのです。
行ったらめくるめく日々が過ごせるのであろうか? Baji さんもいないのに。
でも、まことさんもムーチョさんもガジ子さんもさやかちんも、みんなみんな来るんだよねー?ほんとにほんとに来るんだよね??
Coto がみんなを連れてエンサヨに遊びに来てくれって言ってました。
ガジ子さん、Bajo やる? Coto のバンドで。

son | comment(1) |


2006/03/10 (Fri)
 SON

BAJI さんのがいらっしゃるという "Matamoros Son" Festival del Son は、Santiago de cuba で2年に1度開催される Festival で、Santiago de cuba の人達にとってはこちらの方が Festival de la Torova よりも楽しみなようです。
Santiago de cuba で知り合った Son Caliente のメンバーが、「何故 Festival de la Torova なんだ?Festival del Son の方がずっとすごいんだぞ。」って言ってました。
できれば私も行きたいです。

この Son Caliente についてはまだ書いてないのだけど、ライブが始まったとたんに踊り出さずにいられない、ゴキゲンな演奏をします。
リーダーはトレス奏者なんだけど、だからといって内容が Son なわけではなく、どっちかっていうと Timba です。
Musicos はかなり腕が良く、演奏に狂いはありません。
そしてカンタンテは4人。
女性の目で見ると美しいけどちょっと華に欠けるように思う、けれどもたぶん男性からするとたまらんモノがあるって感じの女性と、男性3人。
4人ともパンチがあって、それぞれの持ち味でいい歌を聴かせてくれます。

今日は、Coto のエンサヨにやっと行ってきました。
途中で思ったより遠すぎると思って道を尋ねた人が偶然 Coto のグループのトロンボニストで、道すがら、日本のトランペット奏者が度々エンサヨに遊びに来て一緒に演奏してたと言ってました。もう帰ってしまったらしいけど。
どうやらこの1ヶ月の間にエンサヨだけでなくちゃんとライブもするようになったらしく、19日に Salon Rosado Tropical でライブをすると言ってました。
Santiago de cuba に行かなかったら、行ってこようと思います。
ところで Coto 、なんと、ベースを弾いてました。
終わってから「びっくりした。」と言ったところ、どうやらベーシストが見つからないので Coto が演奏しているけど、見つかったらトレスを弾くようになるそうです。
でね、トレス中心の音楽なのかと思いきや、Timba でした。
ピアノが音楽ディレクターのようで、ピアノを中心に演奏してました。
トロンボーン、トランペット、サックス各1本、トランペットがバンドの売りのひとつのようで、歌と絡んだりソロを吹いたり。
コンガとドラティンとグィロ、脇で歌うコロがひとり。
コンガがドラティンに指示を出していたようですが、ドラティンのキメは気持ち良かったです。脇のコロはおじさんなんだけど、ハーモニーを作るのに素晴らしい音感をしているようでした。
フロントは3人。
女性とひとりの男の子がリードボーカルをしてました。
男の子は美しい声をしていて、ニコニコ顔がとても愛おしく感じられてしまうような子。 Frank Solis というのですが、田舎の子って感じで、流行りものとは縁がなさそうなイメージ。
女性は歌は上手いんだけど、ステージに立ったらどう変わるかはわからないけど、仏頂面していることが多かったです。たまに笑うとかわいいけど、けっこう大柄。
もうひとりはコロと Rap 。この子ひとりが今時の子って感じで、Michel Masa のようなキメをしたり、いかにも Timba バンドであるって感じの踊りやキメをしてました。
私にはわからなかったくらいのわずかな音のずれを Coto が聴きつけ、やり直しをしたのだけど、Coto ってとてもいい感じでした。
このグループ、Coto y Eco de Caribe に Coto のトレスが入ると、どんな感じになるのでしょうか。
Son Caliente の場合は、トレスはトレスとして存在しているけれども、でもってトレスがリーダーなのだけれども、絡んで演奏するって感じではなかったのですが、Coto 。どう絡むのか、楽しみです。早くベーシストが見つかるといいな。

Coto は映画の Music Cubana をもう観たか? DVD で観たと言うと、持っているか?春に上映されると言うと、もっと情報が欲しいと、興味津々のようでしたが、Coto はあまり映ってなかったような???どうでしたでしょう?

son | comment(3) |


2006/03/05 (Sun)
 Yoruba Andabo

ぱんだちゃん、飛んでますね。
この Blog が開けないのはぱんだちゃんのせいかと思ってはずしたつもりだったのに。

Los Van Van は、水曜日からヨーロッパツアーに出ていて、月末28日に帰国するそうです。
そして、帰国後、Teatro Karl Marx で凱旋ライブ。
全部のライブに行こうと思っていたのに、先週末にライブがあったことを翌日知って、ちょっとショックを受けてる私。

先週末、Yorba Andabo の無料ライブがあって、行ってきました。
ふだんはあまりやらない Congo が素晴らしかったです。
Bailarin のひとり、名前を忘れてしまった、、Babalu Aye は只今イタリアに行っているそうで、Congo は5人で演じられましたが、Rumba は新しく入った Musicos 2人も踊ってました。
Musicos もパーカッションが2-3人、カンタンテがひとり増えていて、マネージャーのようなことをしていた人がいなくなってました。
私のお気に入りのパーカッショニストは、パーカッションを叩くよりもコロカンタで入る方が多かったです。叩いて良し、歌って良し、踊って良しの素晴らしい子です。
Rumba のナンバーも替わっていて、よりアグレッシブになったように思います。
明日 Dilirio Habanero でライブがあるので、行ってくるつもり。
週末は Afrocubana 盛りだくさんで、あちこちでライブがあっていくつかのグループから「どこどこで演奏するから来い」と言われたりしてるんだけど、心の中で密かに Yoruba Andabo を選んでます。

Yoruba Andabo は、土曜日の Las Vegas には戻れなかったのかもしれません。
今日は Rumberos de Cuba が演奏するそうです。
Clave y Guaguanco は、毎週土曜日に Las Vegas で演奏すると宣伝していますし、Yoruba Andabo に取って代わって土曜日に Las Vegas で演奏することになったということは Rumberos de Cuba にとっても Clave y Guaguanco にとってもある種勲章のようで、2グループともしきりに宣伝しています。

無事学生ビザの手続きに入ったので、これからマチネーに通い詰めるつもりです。お楽しみに。
あ、でも、来週末から Santiago de cuba に行ってきます。
もしあちらの都合が良ければ、Manzanillo にも寄ってくるつもり。

afrocubana | comment(0) |


2006/03/05 (Sun)
 una Fiesta

今日は曇り空で、一日家でのんびり過ごそうかなぁと思ってたのだけど、Ire Aye の Rolando から Leon Mozanbique さんのお誕生会に一緒に行こうと誘われて行ってきました。
行ってみると、メンバーはほぼ Ire Aye 。
リーダーの Fariña は、本人が今日お誕生日なので、たぶんおうちで Fiesta をしているのでしょう、来ませんでした。
Leon Mozanbique さんはリズムの Mozanique と関係があるのかと思いきや、関係ないそうで、Iroso Obba などで演奏していた人らしい。おうちにはボンゴとクラベスと壊れたマラカスがありました。
スイス人かスウェーデン人の生徒さんも来ていたのだけど、他の人とあまり交わろうともせず、Ron も飲まず、カルドッサも食べず、でもコーヒーは飲んでいたのでイスラム教徒でもモルモン教徒でもないと思う。
Rumba になるには楽器が足りないしーと思っていたら、Bolero 大会。
生徒さんも少し叩いたのだけど、ほぼ Leon さんのボンゴと何故か私のクラベスで、人々が代わる代わる Bolero を歌いました。こんなの初めてです。
Ire Aye からは3人の男性カンタンテとひとりの女性カンタンテ、カンタンテでもいいのではと思うような歌の上手いパーカッショニストもいたし、Leon さんや Leon さんのお嬢さんも歌い、歌が尽きることはなく、わしはいつまで叩き続ければいいのじゃ?状態。1時間以上やっていたかも。
少しの休憩を挟んで、Rumba が始まりました。
パーカッションはボンゴとクラベスと壊れたマラカス、木の椅子を2本のスプーンで叩くカタ、バケツが2つ。
Columbia に Matanzas と Habana というのがあるのも知ったし、その違いもわかりました。
こちらは Bolero を歌わなかった Ire Aye 以外の人達もこぞって歌ったり、家の女性達はコロをしたり踊ったり、23時前においとましたのでいつまでやっていたのかはわかりません。

afrocubana | comment(0) |


2006/03/05 (Sun)
 comments

失礼ながら、皆様のコメントにまとめてお返事を。順不同かも。

◆ Yuko ちゃん
Habana は寒くてバブシャワーを使うどころではありません。お風呂に入っている最中、シャワーを浴びている最中から凍えています。
Santiago de cuba に行ったときに、あまりにもの暑さにバブシャワーを身体に塗りたくってさらさらパウダーシートで拭くという荒業を試みてみました。けっこう涼しくなりました。
でも、思っていたものと違ったかも。
バブシャワーを使えば、後に暑くなったときにも爽快!なのかと思ってたんだけど、たぶん、シャワーを浴びた直後の暑さを避けるためのものなのね。。
キューバでは、暑くなったら熱いシャワーを浴びたりしないから、あんまり関係なかったかも?
熱いシャワーを望んだとしても、あんまりないからね。
日本では、暑い日に熱いお風呂に入ってさっぱりっていうのアリだけど、キューバではあまり熱いシャワーを浴びる習慣がなくて、夏なんかお水ですよ、冷たくないお水。
でももうしばらくしたらきっと暑くなるから、お風呂上りのスッキリ爽快を是非味わってみたいと思ってます。

Bamboleo でいえば、私だったら20歳の女の子だったっけ?彼女の方を選びます。すっごくかわいかった。お洋服も。
まだ1回しか行ってないけど、Bamboleo のライブに遊びに来てたよ。
クビになったという話だけど、ぜんぜんそんなの関係なく楽しんでたみたい。
Yuko ちゃんはいつもおしゃれだから、Yuko ちゃんの着ている服とか髪型とか持っているものなんかを興味深く観察している人が居るはず。言われなくてもきっと誰かが思っているよ、Tania だって。


◆ さかな好きさん
初めまして。コメントありがとうございます。
Bamboleo のその後ですね。私も気にはなっています。たぶん水曜日には学生ビザの手続きが始まるはずなので、100MN でマチネーに行けるようになります。そしたら早速行ってきますよ。
10CUC を払う気にはなれなかったので。。悲しいねぇ。。。
と書きつつ、これを UP する日もいつになることやら。。
Bamboleo を招聘した人が今年も招聘したいと思うのなら、今年も来日するのではないかと思うけど、別のグループが既に決まっているという話も聞いたので、どうでしょう???
キューバでは今でもけっこう Bamboleo が大好きな人ってたくさんいるみたい。
もうダメって思っている人もいるみたいだけど、なんたってマチネーが10CUC だし、キューバ人は名前に弱いようで、未だに NG 最高!って信じている人もいるみたいだし、先日 UP した記事にあるように、「Bamboleo だよ!!!」って大喜びしている人もいる。
「Bamboleo がいちばんなの?」と訊いたら「バンバンとかチャランガとかはマチネーをしないから。」とも言ってたけど。
行ったらすぐにレポートを書きますね。

◆ クバニータさん
クバーナたちとのバンバン体験といえば、先日行ったバンバンライブでクバーナ同士の喧嘩がありました。私の真横で。
これでステージが中止になったらどうしよう!!!って心配したけど、何事も起こってないかのように、ライブは続きました。良かった良かった。
以前 Bamboleo がそれで中止になっちゃったことがあるんだよね。
友人が行ったチャランガも中止になっちゃったそうだし、喧嘩沙汰があるとけっこうライブがそこで終わっちゃったりするから、危険であるとともにすっごく迷惑。
クバニータさんがお持ちの Habana Nights という DVD 、日本では去年「カリエンテ!」ってタイトルで発売されたものだと思います。須田ぴょんがライナーノーツを書いている。

ありがたいことに、この Blog を読んで私のことを心配していてくださった方がいらして、フィルムをいただいたので、一安心。
その後デジカメ君は、うはうはさんに譲ってもらったのだけど、カメラ無しの生活に慣れてしまって、以前のように写真撮りまくりってことはなくなってしまいました。
Cancun の写真が3枚くらいしかなくて、キューバ人から「これしか撮らなかったのか?!」とびっくりされました。びっくりした人達のためのお買い物で忙しかったのさ。
創作和食の写真は撮ったけど、目の毒。。。

◆ noritops さま
ご無沙汰しとりますー。ようこそ。
タンクさえ重くなければ、また遊びに来れたのかしらー?こっちで一緒に遊べなくて残念だす。
もしかして書き足りないかなぁ?と思って心配だったのだけど、こんなもんでも良いのでしょうか?

◆ まことさま
もうじきお目にかかれるのですよね。
Santiago de cuba での日々を楽しみにしてます。
「友人達が演奏するの!」というとみんなびっくりします。 Habana では Santiago de cuba に行ったことのある人は少ないし、 まして Festival de la Trova のことは存在すら知らなかったり。
まことさんの定宿の Dueña が、「今日まことから電話があったのよ!もうじき来るの。」と喜んでいらっしゃいました。私は宿探しをしていてそこにたどり着いたのでした。

◆ hisako さん
早速のコメントありがとうございます。
が、私がぜんぜんインターネットをしていなかったので、大変申し訳ないです。
いつも読んでくださって、どうもありがとう。

◆ my previous roommate さま
あなたが私の事を訊かれたように、私もみんなにあなたの事を訊かれています。
だから、私が居る間に2回来るはずって答えてたのだけど、Cancun 情報によると、2月は忙しくて来られないとか?
このままそこで働き続けたら、死んじゃうよ。 Cancun のお方もかなりご心配なさってました。電車の中で倒れた話をしたら、ショックを受けてました。
忙しいのも楽しいけど、ほどほどにね。
今は私の部屋も空いているし、3-4月は Karelia が帰ってくるから、楽しいかも。
早くおいで。
ぜんぜんメールしてなくてごめんなさい。

◆ Ahinama さま
歯医者さんね、、、んーーと、めーるします。もう治療済み?
ずっとそう思ってたんだけど、こっちに来てからほぼ誰にもメールしてませんです。。
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

◆ hanako さま
hanako さんもずいぶん楽しまれたのでは?
でも、為替レートの悪さに参ってますし、物価高にも参ってます。。。厳しいね。。

◆ Avalon さま
もしかして、もうキューバに来て既に帰国してしまったとか???どきどき。。
ほんと、きっとどこかでニアミスしてますね。

停電は確かに以前より多くなったけど、それほどではありません。それに、今年はどうやら「エネルギー年」らしく、フィデルが「もう停電はない!」と言ったとか言わないとか。
停電したら、「ああ、これがキューバ名物の停電ねー♪」と停電を楽しむしかないです。
私は16階に住んでいたのだけど、停電したら「キューバだもんね。。」と思いつつ階段で上り下りしてました。
ロウソクってけっこう明るいんだってことも知ったし、問題があるとしたら、PC やカメラのバッテリーが充電できないことくらい。
っていうか、キューバでは起こる全てのことを楽しめないと、最悪の旅だったわ、、、って思っちゃうことになるかも。
キューバレポートは、別のところでしているのですよー。ここはほぼ音楽のみ。
キューバは以前より物価が高くなったけど、短期の旅行であれば問題なく楽しめると思います。
Wilma などの台風の影響で去年の秋頃は野菜や果物がなかったそうだけど、今は充分あるし、Malecon の氾濫で閉まっていたお店などもほとんど再稼動しています。
人々の生活は、一昨年の5月の米国の法改正により厳しくなり疲弊しているとのことでしたが、既に1年以上経っていてみんなもうそれに慣れたのではないかなー?って感じ。
ただ、以前よりも引ったくりや強盗が増えているらしく、「気をつけろ」とよく言われます。
人気のないところや暗い道を歩かないとか、どこの国に行っても気をつけるべきことに気をつけていればいいと思うのだけど。
Cine Yara や Copperia の辺りはひったくり銀座なので人が多くても気をつけなければならないそう。自転車でひったくっていくそうです。
観光客の多く集まる Callejon de Hammel や Gran Palenque 、Casa de la Música などはスリが多いので要注意。道を歩くときもバッグは抱えるようにして前に持つなど、これもまた海外ではどこでも注意しなければならないようなこと、してない日本人が多いようで、よくキューバ人から「あそこの日本人に注意してこい」って言われます。
宿は、私だったら Vedado か Miramar 以外には住みたいと思いません。 Habana Vieja や Centro Habana は観光客目当てのたかりや引ったくりなんかが多いと思うので、お勧めしません。
「キューバって危なくないの?」と聞かれる度に、「治安は日本と同じくらい。」と答えて信じがたいという顔をされるのですが、キューバ人に日本の危険度を訊かれて「キューバと同じくらい安全だよ。」と答えたら、びっくりしてました。
外国人はキューバ人と持っているお金が違うのは明らかだし、日本人はどうしたってキューバ人に見えないので、スリや引ったくりの標的にされ易いとは思うのですが、キューバ人にとっては年末の10月から12月以外はたいていの場合安全のようです。

生活は、、実際キューバ人の家に遊びに行ってみないとわからないと思います。
家の設備や生活ぶりには、はっきり言ってかなり差があるので、いくつかだけ見てそれで判断するのは間違い。同じ建物の中でも AV 機器が揃ってたりとかで裕福に暮らしている人と何も持ってない人が混在してます。
ただ、以前キューバに観光に来た日本在住のメキシコ人が「どこの国でも貧しい人は汚いのに、キューバではどんなにみすぼらしい服でもきれいに洗濯してあるからびっくりした。」と言ってました。
社会主義国だから保障されたものがあって、人々の心には余裕があるということなのでしょうか。自分自身にプライドを持っている人が多いと思います。井の中の蛙だったりすることもありますが。
知らないキューバ人の家について行って身包み剥がれるという噂もあるので、いい人なのか悪い人なのか見極めるのって難しいと思いますが、気をつけてください。
逆に、歓待してくれる家もあります。
いい人が多いと思うけど、中には悪い人もいるし、キューバ人と外国人は手に入れられるものが違いすぎるから、外国人はキューバ人に与えてくれて当たり前と考えている人もいます。それは違うと思うんだけど。
私は、「ご馳走してくれ」と言う人にご馳走したことはないし、そういう人と友達になろうとは思いません。
Avalon さんがキューバを満喫できていたらいいな~と思います。

◆ クバニータさん再び
コスタリカ、いかがでした?
すっごく美しいところだと聞いています。私も行ってみたいなー。

◆ ドラマーおくさんさま
Yoel さんねー、もっと詳しく訊いてみます。ネットで確かめるのは、帰国後か?

◆ hanako さん再び
hanako さんは、また来る予定はないのですか?
以前はあっ!という間に突然キューバに行っちゃいましたよね。

◆ こちらでお目にかかった研究家さま
どんな旅だったのでしょうか?とても気になってます。
楽しめたり吸収できたりしてたら良いのだけど。。
Coto のエンサヨにはいらしたのでしょうか?


これからキューバにいらっしゃるご予定の方へ。
今までのところあまりまめにインターネットをしていないのでちょっと当てにならないとお思いかもしれませんが、いろいろお知りになりたいことがあったら "コメントを非公開にして" メールアドレスを書いてください。お返事します。
旅の目的にあったプランの立て方や情報収集の仕方もお教えできますし、Casa Particlar もいくつかご紹介できます。
都合が合えば一緒に遊ぶこともできます。
キューバにいらっしゃる方には、キューバをもっと好きになってもらいたいし、たくさん楽しんで欲しいので、お手伝いできることがあればと思ってます。

未分類 | comment(1) |


2006/03/05 (Sun)
 shishin

oroshi shouga !!! to oroshi ninniku ga hoshii desu.
ato, gana chocolate.

未分類 | comment(2) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。