--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/10/31 (Tue)
 Bamboleo メンバー


いよいよ来週金曜日にせまった Bamboleo 日本公演。
最新号の Salsa 120% に、Lazarito へのインタビューが載ってました。
「男女コーラスとドラマー・ベーシストが去年と違う」とのこと。
なんと! Osmany とうとう辞めちゃったんですかね?あんなに Lazarito と仲良さそうだったのに。
それに、日本に行ったら君のママにお嬢さんを下さいって言うんだって言ってたのに。

その他気になった記事は、ペルー臨時代理大使が、ペルーでのお薦めのグループはペルージャズだとお答えになってるとこ。ジャズとペルー特有の音楽とのフュージョンだそうです。そーいうのも素敵よね、と思いました。


ところで、六本木のレストランボデギータ 、年末に閉店、休業するそうです。
とりあえず、今日の "C-Image"(音します。) 、明日の "Sones de Oriente" 、明後日の 岩村健二郎&カモンカモン&ハモンハモン ボデギータ涙のホーム戦" 、全部行っとく?
そして毎週金曜日は、Dos Sones de Crazones による NOCHE DEL MEDIO でした。
Dos Sones の 携帯サイト には、MatamoroSon リポートも早々と UP されてます。
毎晩キューバ料理、、、もステキです。

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(2) |


2006/10/28 (Sat)
 DVD (後編)


そもそも何故 DVD について書こうと思ったかと言うと、El Sur の New Arrival CD サイトを眺めたら、DVD が目立ったから。
で、いろいろ検索してて出てきた ディスクユニオンのニュース一覧 にも、ずらっと DVD が並んでた。
気になってたのは、Música Cubana Live in Tokyo の DVD なんだけどね。で、El Sur のサイトを覗いてみたのである。

そして知ったのは、KLIMAX の DVD "De La Mejor Música Cubana" が発売になってたこと。
再びそもそもなのだが、DVD 制作流行だと思ったのは、Piloto に「DVD が出来上がったんだ。」と言われたから。
キューバでは KLIMAX ってぜんぜん人気がなくて、それなのに DVD 作っちゃうなんて!と思ったのであるよ。
でもね、考えてみたら、キューバ人は DVD 機器の所持をおそらく禁止されていて、まぁその内 CD のように Calle 物 DVD も安く出廻るのだろうけど、DVD はキューバ人が買うわけじゃないものね。CD もだけど。
日本にはあまりいないかもしれないけど私のように Piloto に "様" を付けて呼んでしまうようなファンも世界中には(沢山?)いるだろうから、KLIMAX の DVD が制作されてもおかしくはないわよね。それが Piloto かぶり付き DVD であれば、尚更。と思うのは私だけではないはず。
でも実際は、たぶんかぶり付き DVD ではない模様。ちぇっ。
そう、Teatro Nacional でのライブ DVD です。
The Cuban Masters All Stars として Chucho Valdés, Cesar "Pupy" Pedroso, Mayra Caridad Valdés
The Cuban New Generation All Stars として Roberton (Van Van), Vania (元 Bamboleo), Leoni (Charanga Habanera), Cubanitos 20-02, Amaury Perez, Alexander Abreu, Orlandito Sanchez, Roberto Riveron, Marcos Greco, Thelmary がゲスト出演。
フロントの華を添えるカンタンテのみならず実力派 Musicos がゲストっていうところ、特徴的です。他の Timba グループにはないこと。
Chucho Valdés, Cesar "Pupy" Pedroso, Juan Formell, Giraldo Piloto へのインタビュー付。
1時間36分があっという間に経ってしまうそう。

もひとつ気になるのは、私が知らない間にリリースされていて横浜公演までその存在すら知らなかった Los Van Van の "40 Aniversario En Vivo Teatro Nacional De Cuba" 。何故40周年記念なのだ? Teatro Nacional の40周年記念か?
元メンバーの Pedrito Calvo, Cesar Pedroso "Pupy" , Changuito の他、Los Muñequitos de Matanzas, Silvio Rodriguez, Carlos Varela がゲスト出演。
45分と、短いです。

そして、キューバ物とは言い難いのですが、その伝説のみ知っている Chano Pozo の "The Legacy Of Chano Pozo" 。 ドキュメンタリーです。
143ページのリーフレット付3枚組 CD "El Tambor De Cuba" もあります。Amazon.co.jp
Beats 21 の CD 評
Chano Pozo が最近気になってるのです、私。

他にも "CUBA DE HOY, SALSA Y TIMBA" や "LIVE" といった Timba 系いろんなグループの TV 映像やライブ映像を集めたオムニバス DVD も発売になった。画像がいまいちとのこと。

Afrocubana 系や CD にも気になるものがあるのですが、また後日。

Descarga.com にも気になる DVD がいくつか。
Afro Cuban All Stars の "Live in Japan" 。
調べたら、Amazon.co.jp で何かの間違いじゃないか1611円で販売してます。パッケージが違うのだけど、発売元も同じだし、曲も一緒。たぶん、同じものだと思います。
2002年、Afro Cuban All Stars が pure gold だった頃のものであると Descarga.com には書いてあります。オリジナルメンバーであったのですよ、この頃は。今は、BVSC や ACAS として世界各地で公演してますが、メンバーチェンジを繰り返してのことです。それでも、良いメンバー揃えてるんですけどね。
私にとっても、右も左もわからず楽しい楽しい時期だったので、良い思い出と共に記憶に残るライブです。 BVSC よりもずっとずっとエキサイティングなライブでした。

そしてね、これ
凄いですよ!こんな DVD があるんですね!
彼が好きだと言うキューバ人多いのですが、私もけっこう好きです。特に、ミュージックビデオが。
これでは、誰が主演しているのでしょうか?

で、これら私が購入するかというと、Van Van の "Live at Miami Arena" でさえ2年で3回くらいしか観てないし、TV もほとんど観ないし、音楽を聴くよりも虫の音を聴いているほうが好きな私としては、勿体無いかなーと。。観てみたいけど。


CD 等についてお知りになりたい場合は、El Sur Recordsディスクユニオン やアオラの EL ARRULLO などにサクッとだけどプロによる親切な評が出てますし、Descarga.com には詳しいデータがありますので、ご参考に。
何故かキューバの CD って、演奏者について全く書いてなかったりするのよね。演奏がいいのは当たり前で、ディレクターが誰かっていうのが重要なのかも???

全般 | trackback(0) | comment(5) |


2006/10/27 (Fri)
  charangahabaneradvd


タイトルの横文字、長すぎて読む気にならない単語?いえいえ、Charanga Habanera DVD です。



先日書いた "Popular!" への監督 Jeniffer からのコメントに、上記映画 "Popular" の DVD お知らせ Blog のアドレスがありました。
只今期間限定 "Popular!" Special Edition DVD を 販売中 とのこと。

最新記事は、 その特別ヴァージョン DVD プレゼントのお知らせ。
4ヶ国語で
  Send your email to win the Special Edition of Popular!
  Evia su correo para ganar una copia de la nueva version de Popular!
  Entri vostro email per vincere una copia di nuova versione di popolare
  普及したのコピーに勝つためにあなたの電子メールを送りなさい
って書いてあるけど、、、「普及した」って「Popular!」のことあるね、きっと。

この Special Edition には、日本版 "Popular!" DVDamazon.com )にはない映像が本編以外で含まれているみたい。

また、この Blog にある You Tube 映像は、先日お知らせした オフィシャルサイト の Trailer & Clips にある予告編とは別のもので、と思ったら新たに Trailer & Clips に加えられてたけど、"OUTTAKE-CLIP_NO_INCUIDO" で、最終的には使われなかったオリジナルヴァージョンからのフィルムですって。
Chucho Valdés や Juan de Marcos 、David Calzado のインタビューもふんだんに含み、Habana Vieja でトラディショナルを奏でるグループと交わって演奏しちゃったりしてる Leoni, Noel, Randolph, & Junio がいます。
オフィシャルサイトの方が画像が大きくて観易いかも。

また、映画からのカット写真やヨーロッパでのバックステージ、六本木でのクローズドライブ、"ぴあ" の封切り映画得点で4位になったときのページコピー、Haila と共にステージで踊る村上龍など、写真がた~くさん。
Charanga Habanera が溢れる Blog です。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2006/10/26 (Thu)
 DVD (前編)


キューバではこのところ、俄かに DVD 制作が流行っている。いるように思う。
(書いてたら長くなっちゃったので、前後編に分けました。)

私が前回のキューバ滞在で購入した DVD は、3つ。
Lazarito Valdés Y Bamboleo & Manolito Simonet Y Su Trabuco の "Knock Out" ( BIS Music
Yoruba Andabo の "Rumba En La Habana Con Yoruba Andabo"
Frank Emilio Flynn に捧げられた IN なピアニスタによる "Amor & Piano... Homenaje A Frank Emilio Flynn" ( BIS Music )。
奇しくも Timba と Afrocubana と Jazz の3枚となった。

"Knock Out" は、Teatro Karl Marx での競演ライブがあった当時 Bamboleo にはまだドラムスもグィロもいなくて、おそらく去年の来日メンバーとほぼ替わりない面々。なので、音の厚みも貫禄も、Trabuco とは勝負にならなかったような。観客の様子からも、それが見えたような。。
フロントメンバーの入れ替え等あったばかりの来日時よりも、Bamboleo 良かったですが。
Trabuco にはあまり興味がないのだけど、ノリノリのヴィオリニスタ Nicolas や人の良さそうなキーボードのおじさんとか、観てるの楽しかった。
バンド勝負って感じはなかったし、Lazarito と Manolito のピアノ対決も、もっとあるのかと思ったらほんのちょっとだけだったし。
リングに上がる Lazarito と Manolito といった感じで始まるアイデアは面白く、DVD が始まった時点では期待大だったんだけど。
個人的には、Karl Marx に勤める Vladimir のインタビューや Vladimir の奥様 Tania やその娘 Gabi と友人が客席に映るのが楽しかった。
その他、Omara や Haila などへのインタビューなどがあった。と思う。貸し出し中のため、確認できないんだけど。

Yoruba Andabo のは、いまいちという噂があったのだけど、まぁいろいろな事情から購入。ちょっと高かったんだけど。。
観て思ったのは、DVD からは生の迫力は感じられないということ。
でも、日本一 Yoruba Andabo を観たと思うと豪語した私には、画面から観えて聴こえるものを補えるだけの臨場感が身に付いている。たぶん私、補いながら観てたと思う。すごく楽しめた。
Congo は、これから!というところで終わってしまっていて、とても勿体無いと思った。でも、Congo をやることって滅多にないので、観られるだけでもラッキーなのでは?
2年間ヨーロッパに行って来ると言って行ってしまった Héctor や Rumberos de Cuba に移籍してしまった、名前忘れちゃった、、Eleggua や Obatala をやってる女性がまだいる頃なので、Bailarin が明らかに不足している現在よりも、Yoruba はいいと思う。Héctor の Babalu Ayé は、3-4年前の方がずっと良かったと思うけど。

"Amor & Piano" は、DVD は CD のメイキングで、演奏を通して観られないという点で欲求不満に。もちろん CD 付なのだけど、CD だけで良かったかも。
CD は、私にとってはジャズーな感じです。どうして Jazz ファンは Latin Jazz を Jazz と認めないのでしょうか?わかんない。
若手 IN なピアニスタとして選ばれた人々は、以下の通り。
Emilio Morales
Aldo López Gavilán
Rodolfo Argudín (Peruchín)
Tony Pérez
Lázaro M. Valdés
Ernán López Nussa
Rolando Luna
Roberto Carcassés
Alexis Bosch
Miguel Angel de Armas
Musicos の名前はって言うか何にもなんだけどあまり詳しくないのですが、それでもほとんど聞いたことある名前ばかりが並んでます。
Lázaro M. Valdés は、Bamboleo の Lazarito です。がんばってますね。
他にも、
Tata Guines (Congas)
Carlos Emilio (Guitarra)
Changuito (Percusion)
Jorge Reyes (Bajo)
Pancho Amat (Tres)
Emilio Del Monte (Percusion)
Dagoberto Gonzalez (Violin)
Don Pancho Terry (Chekere)
Cesar Lopez (Saxo alto)
Tomas "El Panga" Ramos (Guiro y congas)
Orlando Lopez "Cachaito" (Bajo)
Piloto さま, Vera, Ignacio Piñeiro, Jose Antonio Mendez, Antonio Ma. Romeu と、大御所の名前が並んでます。
内容はオメナーヘ(オマージュ)なので、あまりエキサイティングなものではないのですが、豪華。
Dagoberto のヴァイオリンを聴くと、ああ、さやかちゃんの先生だな~と思います。イケイケです。

全般 | trackback(0) | comment(0) |


2006/10/25 (Wed)
 CongaPlace.com


ちょっと面白そうなサイトを見つけたのでご報告。
まだ中はあまり視てないのだけど。

CongaPlace.com

イタリア語と英語です。

キューバにはけっこうイタリア人て沢山来ていて、音楽に興味のある人もいればない人もいるのだけど、たまにパーカッションを習いに来てる人もいます。踊り好きな人もいるし。
で、まぁ、どこの国にもマニアな人はいるってことですね。

私は詳しくないのでわからないのだけど、例えばコンガのページにはチューニングの仕方からリズムなど詳しくあって、もしかして初心者向けの How to ものなのかもしれないけど、キューバのリズムとしては、以下のリズムのページに譜面なども出てました。音見本付のもあります。

Abaqua
Abaqua 2
Abaqua (orch.)
Afroblue
Bembe
Bembe 2
Bembe Chek.
Bolero
Caballo
Charanga
Chacha locafun
Comparsa
Comparsa Nino
Conga
Conga Habanera
Conga Oriental
Guaguanco
Guaguanco 2
Guaguanco 3
Guag. Matanza
Guag. Habana
Guaracha
Guiro
Makuta
Mambo
Mambo var.
Mapalé
Marcha3cong. AUDIO-VIDEO
Masacote
Mozambique
Mozamb. 2
Mozamb. 3
Nañigo
Pachanga
Palo
Palo 2
Pilon
Pilon 3 ways AUDIO-VIDEO
Rumba Colúnbia
Salsa
Son Montuno
Songo
Timba1
Timba2
Tres Golpes
Tumbao
Tumbao var.1 AUDIO-VIDEO
Tumbao var.2 AUDIO-VIDEO
Tumbao 12/8 AUDIO-VIDEO
Tumb. 1 hand AUDIO-VIDEO
Tumbao 6/8
Yambu
Yesa

興味のある方は、覗いてみて。

afrocubana | trackback(0) | comment(0) |


2006/10/25 (Wed)
 Festival del Son と Fiesta del Tambor


行こうと思ってたくらいなのに、全くフォローしていなかった Festival Internacional del Son «Miguel Matamoros» です。18日から22日まで行なわれていました。
juventud rebelde によると、、、ああ、ごめんなさい、英語読み過ぎてスペイン語が頭に入ってきません。

出演グループとして Adalberto Álvarez y su Son, Manolito Simonet y su Trabuco, Pupi y los que Son Son, la Original de Manzanillo, Cándido Fabré y su Banda, Yumurí y sus Hermanos, Soneros de Camacho, el Grupo de Compay Segundo 等と挙げられてますが、ほとんど Habana で活動しているグループじゃありませんか。
この内 la Original de Manzanillo, Cándido Fabré y su Banda は、Manzanillo を拠点にしている海外にも知られたグループ、Soneros de Camacho は知りません。
"Santiago の Son" で名を馳せているグループの名前がここにはありません。なんとか Hermanos とか、Familia なんとかとか。。
でも、きっとここに名前の出てこない "Santiago の Son" の素敵なグループがたくさんライブしたのだと想像してます。
Santiago de Cuba の人達は、きっと滅多に観ることのない Habana を活動拠点にしているビッグネームを楽しんだでしょうし、海外からの Deep な "Santiago の Son" が好きな人達は、朝から晩までどっぷりと "Santiago の Son" まみれになったのかな?
どうでした?バヂさん。
いちおうこの週に Santiago de Cuba の Casa de la Música で誰がライブしたか調べようとしたのですが、ページが開きませんでした。残念。
と思ったら、今ごろ開きました。 EGREM のサイトは、調子いいときと悪いときとあって。いやさ、書こう書こうと思って、関連ページ、先週から開いてたのよ。
う~ん、特に、Habana のグループが特別にライブしたってことはなさそうです。

MIERCOLES 18 Casa de la Música
Salón de los Grandes TODOS ESTRELLAS
Patio "Los dos abuelos" SEPTETO TÍPICO TIVOLI
JUEVES 19 Casa de la Música
Salón de los Grandes QUINTETO DE LA TROVA
Patio "Los dos abuelos" SEPTETO TIPICO TIVOLI
VIERNES 20Casa de la Música
Salón de los Grandes ECOS DEL TIVOLI
Patio "Los dos abuelos" QUINTETO HUMBERTO OCHOA
SABADO 21Casa de la Música
Salón de los Grandes HERMANAS FERRIN
Patio "Los dos abuelos" PORTELA Y SU TIPICO ORIENTAL
DOMINGO 22 Casa de la Música
Salón de los Grandes LOS JUBILADOS
Patio "Los dos abuelos" SEPTETO CUMBRE

こんな感じでした。ここにはマチネーのことは書いてないですね。

Santiago de Cuba の文化を紹介するサイト Ire a Santiago でいくつかピックアップした記事をご紹介しようと思ったのだけど、MatamoroSon で溢れてて、とてもとても。。。ほとんどが、MatamoroSon のオフィシャルページと同内容かも?
Son をこよなく愛する Sabor 溢れる佐々木 "板前" まことさんを紹介する記事 Makoto Sasaki: De Japón a Cuba bailando el Son がありました。いつものごとくの満面の笑顔の写真付。
で、その他、いろんな特集やインタビューなどあったのですが、注目!
どうやら12月にフランスで凄いプロジェクトがあるみたいです。
El cubano tiene el son en su corazón とタイトルされたこの記事によると、

“Vamos a hacer un encuentro en el mes de diciembre con Tiburón, en Francia, en dos conciertos que haremos en la sala más importante de París, donde vamos a tocar todo el repertorio que teníamos cuando Son 14. Estamos conformando una agrupación musical que se llama Todos Estrellas del Son, donde van a estar una serie de personas importantes dentro de la música sonera. Por decir algunos nombres puedo mencionar a Pancho Amat, Cotó, Tiburón, Pupy, Manolito , el Nene de los Clásicos del Son; también va a estar Félix Baloy, y también Omara Portuondo, Isaac Delgado, Cándido Fabré , y toda una serie de cantantes de renombre para la música cubana tradicional y contemporánea también, porque la gente tiene que saber que hay música nueva, hay soneros jóvenes que tocan muy bien. Ahí van a estar cantantes que no se conocen mucho, a pesar de su calidad”.

と、Adalverto が言ってるようです。
今名前を挙げられる Pancho Amat, Cotó, Tiburón, Pupy, Manolito , el Nene, Félix Baloy, Omara Portuondo, Isaac Delgado, Cándido Fabré といった人々をもメンバーとする "Todos Estrellas del Son" という名のグループで、トラディショナルのみならずコンテンポラリーな Son も演奏するそうです。
トラディショナルだけでないのは、無名の優れた演奏をする若い Soneros の現代的な Son も知られるべきだから、だそう。

Familia Valera Miranda の記事 もあるし、Santiago の Son を愛する方は、その他の記事も頑張って読んでくださ~い。


そして、24日から始まってしまったいつかは行きたい la Fiesta del Tambor Guillermo Barreto in Memoriam 。
今年は、先頃亡くなった Miguel "Angá" Díaz に捧げられています。
プログラムは、ドロンパ★CUBA に詳しくあります。
問い合わせ先に書かれているメールアドレスは、 Fiesta del Tambor のディレクター Piloto のです。本人。
ここにメールすると、ファンレターが送れます。が、読んでくれるかどうかは不明。
ってことは、問い合わせ先としての役目は果たさないということだな。

EGREM によると、コンクール以外のプログラムがスタートする26日には 、Salon Rosado "la Tropical" で Pupy y Los que son son がライブ、また、 calle G entre 21 y 23, Vedado にある Centro de Investigación y Desarrollo de la Música Cubana (CIDMUC) にて理論討論会がある模様。
コンクールの内容は、drums o batería, timbales o pailas, congas o tumbadoras, bongoes y tambores batá 。ISA 後の会場として、CIDMUC の他 Teatro América と hotel Habana Libre が挙げられてます。

期間中、何か特別なライブが普通のライブハウスであるかというと、24日の夜 Casa de la Música Habana で "FIESTA DEL TAMBOR 2006" とやらがあるだけ。KLIMAX のライブは、25日の夜に Café Cantante "Mi Habana" であるだけ。
思い起こせばキューバにいたとき、こんなイベントやってるの気付きませんでしたもの。。

son | trackback(0) | comment(0) |


2006/10/24 (Tue)
 Omar Sosa in Japan


凄い勢いでアルバムを出しまくっているOmar Sosa が今年もまた Blue Note TokyoMotion Blue Yokohama にやってきます。
メンバーは、Marque Gilmore, drums 、Childo Tomas, electric bass 、Mola Sylla, vocals のクインテット。
ブルーノート東京でのライブは明日10月25日より28日まで。モーションブルーヨコハマは、29日。

思えば去年、Angá が来るのをあんなに楽しみにしてた のに、直前でメンバーが変わっちゃったんですよね。。最後のチャンスだったのね。悲しい。。。
Angá が来なかったので、勢いが殺がれて去年も行かなかったです。。。

Omar Sosa に出した CD をご紹介。
2004年に発売された Paquito D'Rivera をゲストに迎えた "Mulatos" は Jazz Journalists Association Jazz Awards 2005 の Latin Jazz Album 部門にノミネート。それを再リリースしたのか2006年発売の "Mulatos" では、 2006 GRAMMY の "Best Latin Jazz Album" と 2006 BBC Radio 3 の "World Music" にノミネートされた。
参加ミュージシャンは、Dhafer Youssef (oud), Steve Argüelles (drums, electronics), Dieter Ilg (double bass), Philippe Foch (tabla), and Renaud Pion (clarinets) 。

その "Mulatos" を元に制作された "Mulatos Rimix" は、Paris をベースに活躍するドラマーでありプロデューサーの Doctor L と Brooklyn をベースに活躍する プロデューサーでありりミクサーの DJ Spinna によるもので、参加ミュージシャンは、 Marque Gilmore 、オリジナルでも参加していた Steve Argüelles 、その他オリジナルの“Mulatos”からのセッションを使用。また、Paris で活躍する DJ basephunk も参加。

また、最新作は、先頃早世した "Angá" Díaz がパーカッション、Childo Tomas (Mozambique) がエレクトリック・ベース、 Luis Depestre (Cuba) がサキソフォンというクインテットで Radio France broadcasting network の FIP でのライブ録音を主にした "Live à FIP" 。
Completing the ensemble は Paris ベースで活躍するイギリス人ドラマー Steve Argüelles 。

jazz cubano | trackback(0) | comment(0) |


2006/10/24 (Tue)
 コメント禁止ワード


コメントが禁止ワードに引っかかって入れられないとのメール等、いくつか着ているので、お知らせします。
登録してあるのは以下の通り。笑わないでね。

qpblog
ブログランキング
Good job
Yo! Cool stuff!
Hi! Nice to meet u people!
Yo
What's up
Hi people
job!
site!
disney
Hi everybody!
*�*

何が引っかかって皆さんコメント出来ずにいらっしゃるのか、不明です。。
何でこんなに沢山コメントスパムが入るのかも、不明。。
これらの禁止ワード登録したところ、かなり減ったのですが。
どなたか、対策教えてくださいぃ~!

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2006/10/23 (Mon)
 Poplar!


おおお、知らぬ間に。
映画 "Poplar!" ですが、全世界展開を始めてました。
オフィシャルサイト も一新され、21日から始まった イタリアのラテンアメリカ映画祭 に招待された模様。
プログラムの中に見つけられなかったんだけど。

Trailer & Clips のページで、予告編が観られます。
これも You Tube 。すごいね、You Tube 。
Chucho Valdés や Juan de Marcos も、ほんの一瞬映ってますし、日本のコンサートシーンも。

日本公開後も編集を続けてたそうだけど、米国やイタリアで上映されてるのは日本版とは違うヴァージョンなのでしょうか??

Jennifer は今ごろまたキューバかな?

timba | trackback(0) | comment(2) |


2006/10/22 (Sun)
 Los Van Van Gira en Brasil y Chile & Canada


Van Van 、来週末からブラジル・チリツアーです。

OCTUBRE
Concierto en Vivo Juan Formell y los Van Van en Rio de Janeiro "Brasil"
Fecha: 27 de Octubre
Lugar: Canecao

Concierto en Vivo Juan Formell y los Van Van en Brasilia "Brasil"
Fecha: 28 de Octubre
Lugar: Academia Music Hall

NOVIEMBRE
Concierto en Vivo Juan Formell y los Van Van
en SAO PAULO, BRASIL
Fecha: 1 de Noviembre
Lugar: Sala Expo Barra Funda

Concierto en VIVO Juan FORMELL y los VAN VAN en SANTIAGO DE CHILE
Fecha: 4 de Noviembre
Lugar: Estadio Nacional de Chile

Concierto en Vivo Juan Formell y los Van Van en STGO e CHILE
Fecha: 5 de Noviembre
Lugar: Teatro San Miguel


そして、12月にはカナダ。

DICIEMBRE
Concierto en Vivo Juan Formell y los Van Van en TORONTO, CANADA
On Saturday Dec 09, At Kool Haus (in the Guvernment),132 Queen Quay East. Doors open at 8pm. Tickets $40.00 in advance $50.00 at the door.

Concierto en Vivo Juan Formell y los Van Van en CANADA
El 10 Diciembre/2006, lugar Le Medley, 1170 St Denis, hora 21 h, 50$ en adelanto, 65$ en la puerta. Contacto y venta de boletos: 514 526 0022


で、こんなサイト見つけました。

vanvanintoronto.com


トロント経由で12月にキューバ行きをお考えの方、これに合わせて行くっていうのも楽しいかも。
私も、と思ったのですが、えっと、、Jazz Plaza が第1目的なので、9日にトロントにいたらもう終わっちゃってます。。
もし滞在が、2ヶ月を越えるようならいちどキューバを出なければならないので、どうせだったら、このライブを観に行っちゃうっていうのも一興。カンクン激カラ食品仕入れ&おいしい和食&安物買いツアーも捨てがたいのだけど。モントリオールも行ってみたいなー。
行くんだったら何日か観光したいけど、問題は、1泊するとキューバに1週間か10日くらい滞在できる費用がかかってしまうことですね。
そして、去年12月の半ばにトロントを経由しましたが、当然雪が積もってて、空気は氷のようでした。ってことだな。気持ち良くて好きだけど。私は、暑いの大嫌いで、冬の冷たい寒さが好きなのです。
まだいつ行くかも決まってないんだけど。

You Tube から沢山動画を UP してるのが嬉しいです。
"Agua" は、以前 ahinama さんが Jazzeandblog でご紹介なさってた Estival Jazz の映像ですね。(その記事見つけられませんでしたが。。)

そして、もっと嬉しいのは、Van Van ライブのためにトロントへ行く人のための案内。
B 社にお願いしてこれまで2回トロント経由でキューバに行ったのですが、「トロントほど市街地に手軽に行ける空港はない。」と言われつつ、空港の近くのホテルに泊まってショッピングセンターで遊ぶ以外のことをしていませんでした。
これを参考に、次回はトロントの街に繰り出したいと思います。

記事は12月のライブに向けて続々 UP されていきそうなので、楽しみです。

timba | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。