--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/30 (Thu)
 Habana Blues


2年ほど前にご紹介 した映画 "Habana Blues" を、久々に観た。
何度観ても、素晴らしい。ご紹介したときはまだ観てなくて、観た後に感想を書いたりはしなかったのだけど。。
前回のキューバ滞在時、何人かのキューバ人から「ハバナ・ブルースを観た?」と訊かれた。
キューバでも去年の映画祭で上映されたのだけど、「それは一部の招待客向けで、政府が一般のキューバ人には見せないようにしている。」と言う。
でも闇で出回っている VCD で、多くのキューバ人を泣かせている。
それだけ現実に即した本当にありそうなお話で、観るキューバ人の胸を熱くさせる。
監督は、キューバの映画学校で学んだスペイン人。
キューバの現状と現実をよく理解しているし、いいところも悪いところも知った上でのキューバ人に対する愛情たっぷりに描いている。
本当にキューバ人は、愛憎ない交ぜに、人を切なくさせる。
登場人物すべてが、よくいる人たち。キューバ人も、キューバを訪れる外国人も。
誰も彼ものことを、理解できる。いっぱい見てきたから。

物語は、外国で成功したいバンドメンバーが主人公。
でもそのバンド、ロックグループ。
バンドとして登場するのは、へヴィ・メタルだったりファンクだったり。世界中のどこでも、演奏されているような音楽。キューバ音楽愛好家が好んで聴くような音楽は、Los Van Van の曲がちょっと流れるだけ。

それもまた、キューバの現状。
差別のない国と言われるけれども、クラスはある。ちゃんと住み分けしている。
たとえ収入が同じであったとしても、生活習慣は違うし、意識も違う。
聴く音楽も、違う。

インテリ層の中には、我々が思う "キューバの" リズムを、受け入れられない人もいる。以前も書いたと思うけど、ナベサダやテルマサ・ヒノまで知るジャズファンで、クラーベが入った音楽は聴くに堪えないという人がいる。踊らない人種であることを誇りに思ってる人もいる。「白人だけど黒人のように踊る」ことを自慢する人もいるけどね。
もちろん、インテリ層にも Son や Salsa を楽しみ踊る人もいる。でも、Los Papines のコンサートには白人もいたけど、Rumba や Yoruba のライブなどに来る白人は、まずいない。いたら外国人目当てのヒネテーロかな?と思う、私は。まぁこれには、「ガラが悪い」と言って行かない黒人もいる。
ライブに行くキューバ人の多くは、普通じゃないと思った方がいいかもしれないけど。
んー、白人黒人でも分かれるけど、その人の属するクラスによるものでもある。
その人の生まれ育った家族の習慣や地域環境にもよるし、人それぞれでもある。
そーいうのって、全世界共通か。キューバ人はみんな "キューバ" 音楽で踊っているってわけじゃないってこと。

ほんと、人によるのだけど、まぁ、上のクラス、多くの場合白人は、"キューバ音楽" を好むことをしない。
他の国と同じく、ロックやポップを聴くことの方が多い。
Habana Blues でロックが使われたのは、映画として誰にでもわかり易い普遍性を持たせる為でもあるのだろうけど、キューバ音楽に惹かれて行ったわけではないキューバで、監督が普通に接していた世界なのかもしれない。
この世界、私はほとんど知らない。
X Alfonso や Interactivo のライブに行ったときは、見たこともないようなお洒落な人たちがいっぱいいたよ。白人比率、とても高かった。
キューバ国内の音楽事情には、こういった一面もあるのだ。

映画 Habana Blues のオフィシャルサイト では、主人公たちがスペイン人音楽プロデューサー(プロモーター?)達に紹介して回ったいろんなグループのライブシーンを観ることができる。Telmary ちゃんも歌ってるし。
音楽的趣向からは離れているかもしれないけど、映画を是非ご覧いただきたい。
キューバがよくわかるから。

スポンサーサイト

otoras | trackback(0) | comment(3) |


2007/08/25 (Sat)
 あれこれ


ほぉ!と、ちょっと面白い文があったので、ご紹介。
湯川カナの、今夜も夜霧がエスパーニャ の湯川さんが書いていらっしゃるのだけど、日本のフラメンコ人口は本場スペインに次いで世界第2位だそうで、湯川さんは、なぜ日本人はフラメンコを気持ち良く感じるのかについて推考する。

以下湯川さんの文章を勝手に要約、文意が変わっていたらごめんなさい。( )内は macomoco の考え。

アンダルシアで生まれたガルシア・ロルカは、15世紀に誕生した韻をふむ16音節=8音節×2のロマンセという詩の形式を20世紀に復活させた。
ロルカの名を高めたのは『ジプシー歌集』などの詩作品。
また、戯曲『血の婚礼』もセリフが8音節で詩的、生死観などどっぷりロマの世界でフラメンコ的である。

フラメンコは、3拍子と2拍子(とも限らないのだけど)がちょうど半々の6拍ずつ組み合わさったリズムであり、もっとも典型的で「カンテ〔フラメンコの唄〕の母」とも呼ばれるというソレアーという形式では、歌詞は8音節、曲のリズムは12拍。この12は、3/3/2/2/2と区切られ、それぞれの最後〔ウラ〕にアクセントが置かれる。
(ちなみに、私 macomoco がカンテを習った先生はソレアの場合、裏ではなく頭にアクセントをとっていたし、私にもそのように思う。踊る場合のことは知らない。)

三浦雅士氏の『身体の零度』によると、3拍子というのは馬のギャロップに特徴的なもので騎馬民族=遊牧民の舞踊リズムであり、2拍子は農耕民族のリズムだという。
(ギャロップって、3拍子というより3連符?)

フラメンコの故郷アンダルシアは名馬の産地として知られ、出身者がイギリスで乗馬を指導してきた長い歴史がある。
ロマ発祥の地と言われるのは農耕民族インド。
フラメンコは、3拍子と2拍子が(しかもちょうど半々の6拍ずつ)組み合わさったリズムである。まさに、騎馬民族と水田耕作民族の両者の特色を残す舞踊なのではないだろうか。

農耕民族である日本は2拍が中心なのだという考えを、わらべうたの「あんたがたどこさ」の拍数を例に論証してみようとして、ゾッとした。

あんた-がた〔2拍子〕
どこ-さ〔2拍子〕
ひご-さ〔2拍子〕
ひご-どこ-さ〔3拍子〕
くま-もと-さ〔3拍子〕

2拍子と3拍子が6拍ずつ、って、見事なフラメンコじゃないっすか!
スペインと日本が5母音8拍のベタなリズムでつながっていることを書こうとしただけなのに、こんな風に進んでしまいましたって。
(5母音8拍については、同じく湯川さんによる こちらあちら を。)

以上。
おー!そーかそーか!
続きを考えてみた。

(ン)それを〔2拍〕
猟師が〔2拍〕
ちょいと隠〔3拍〕
すっ〔2拍〕

この「ちょいとかーくー」以外は2拍だった。
これで鞠つきしてたんだよなー。
2拍と3拍が同居してたなんて、なーんも気付かなかったなー。
不思議にも感じなかったなー。

「最後の「11⑫」をアタマに持ってくる数え方」ってのにも、キューバのリズムとの共通点を感じます。


そして、思いがけず先日訃報を書いた Pére Pére さんが登場する文と出会った。
名古屋 "吉衛門" のママさんの 2002年 メキシコ・キューバ旅行報告
Pére Pére さん、素敵です。
ハウテンボの話、したかなぁ? NG で日本に来た話はいろいろしてたけど。。

Cubanismo に関しては、私は大好きなんだけど、キューバ人で存在を知っている人はミュージシャンくらいで、「外貨を稼ぐためのバンドさっ。」と吐き捨てるように言われたのが印象的でした。
要するに、国外でしか活動をしていない、企画グループだってことですね。頻繁にメンバーチェンジがあるけど、常に第一線で活躍する人ばかりが集まっていて、海外公演を精力的に行っている BVSC 方式。
キューバのバンドは需要があるし、海外に行けばキューバにいるよりもずっと稼げるし、ホームをキューバに置きつつ出稼ぎできるってのは、キューバのミュージシャンにとってそのメンバーに選ばれるのはまたとないチャンス。
革命前からキューバのミュージシャンは、こうして稼いできたんだよね。
Cubanismo は、演奏は確かだし、すごくいいです。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/17 (Fri)
 Nueva Trova


昔ながらのトロバドールが歌う Trova は、聴いたことがない。
Nueva Trova は、いちどセントロ・ハバナの Casa de la Trova に聴きに行ったことがあるけど、"これって、フォーク・ソング?" って思った。
うん。フォークソングとかニュー・ミュージックの類だと思う。実際、南米では Nueva Canción = New song =新しい歌と言うわけだし。

旋律と、歌詞で聴かせる。
強い力を持っている曲には、感じることもある。
でも、ほとんどの場合、やっぱり歌詞がわからないと面白くない。
よしんば歌詞を聞き取れて直訳がわかったとしても、その意味するところがわからないってことも、大いにありそう。それは、ダブル・ミーニングだったり、キューバ人としてキューバに生まれ育って生活していてこそ実感できるものであったり。
愛だ恋だの普遍的な心情であったりすれば共感できることもあるだろうし、彼らのいる所に想いを馳せて心情を想像できることもあるだろう。聞き取れてせめて直訳くらいできれば。

18歳の友人宅で一緒にテレビを観ていたとき、「まさこはシルビオ・ロドリゲスとパブロ・ミラネスのどっち派?」と訊かれた。「私はシルビオ派なんだけど、ママはパブロ派なのよね。」と。
キューバ音楽に興味のある方なら、この Nueva Trova の2大巨匠の名くらいご存知かと思う。キューバ革命のあったころ革命の歌を歌い、キューバのみならず南米ではヒーローである。 Nueva Trova は、ここから始まった。
そして今でも世代を超える多くのファンを持つ歌手であり、国会議員(?)でもある。シルビオは今でも硬派な歌を歌い、パブロは恋愛の歌が多くなったそうではあるが。
キューバの家庭では、テレビで彼らの歌を聴きながら、一緒に口ずさみ、「なんて美しいの。」と感嘆し合う。言葉一つ一つに、感じ入る。そういう風にして聴く。


7月末に行なわれた『<キューバの心を歌う「トローバ」3巨匠>ビセンテ・フェリウ&ラサロ・ガルシア&アウグスト・ブランカ キューバ、ヌエバ・トローバ (新しい歌) の夜』。
http://www.arion-edo.org/tsf/2007/program/concert.jsp?year=2007&concertId=m09
多少気にはなっていたのだけど、特にお知らせすることもしてませんでした。
そしたら、見つけましたの。八木啓代さんのサイトのモノローグに、その模様が詳しく。
http://www.nobuyoyagi.jp/JAPANESE/DOC/mono.htm
どちらのサイトも、Nueva Trova についての解説があるし、出演者のプロフィールや人となりを知ることができる。是非ご一読を。


ところで全然キューバンじゃないんだけど、20日の Salsamania 、The Boogaloo Band 登場です。
すっっっごく懐かしいくらい久しぶりなんだけど、きっと面白いと思います。
あと、さやかちんのライブはどれもお奨めです。
他にもいろいろお奨めしたいのあるんだけど。。ゴンちゃんのとか。

やっぱライブでしょ♪


otoras | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/01 (Wed)
 Los Van Van 来日 らしい。



20070801012235


未確認情報ですが、99%確実。
うっき~゜

10月ころの予定♪

timba | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。