--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/28 (Thu)
 "Papacho" con Grupo Cache



もう半年も前のことになっちゃいましたが、へっちゃんパパチョが Grupo Cache のライブに遊びに来たときの動画です。先日ブロードバンド導入を記念して UP しました。
あの時のことは既に書きました が、「Papacho 叩く気満々で、カブちゃんがスケジュール通りライブの締めで「Se acabó!(直訳すると、「終わった」)」って言ったら、「俺は叩きたいのに、ヤツは Se acabó って言ってる!!」とミネ君に猛烈に抗議をし(ているように見受けられた)、まだミュージシャンがいるステージに向かいコンガの音の出具合を確かめ始めちゃっ」たときのものです。
叩く気満々なところから、ど~ぞ。




"Papacho" con Grupo Cache de Japón


事情を察してくれよと思いつつ、仁君の音から遠ざかり、Papacho の音が拾えるように努力してみました。が、如何せんレストランでのライブ、音響設備が整っていないので、どうにもこうにも音が悪いです。って、私の動画は全て音が悪いですが。

Grupo Cache は、お気に入りのグループです。
ちなみにピアノの崇也さんは、Alfie でのさやかちゃんセッションの際ミネ君に「ピアノの腕前は Boris より上。」と言われてました。
日本にも素晴しい腕前を持つミュージシャンはたくさんいます。是非いろんなライブで楽しんでください。

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/22 (Fri)
 Falleció Ricardo Abreu, director del grupo Los Papines



Los Papines の創立者にしてリーダーの Ricardo Abreu がお亡くなりになりました。たぶん、19日に。享年75歳。
1933年12月生まれ、Papín の愛称で親しまれた彼は、非常に若い時分から奏者としての活動を始め、Estrellas de Chocolate や Conjunto Félix Chapotín 等の(当時の)現代的グループのメンバーとして活躍、1955年から Cabaret Tropicana などで演奏するようになり、Los Papines の前身となる Guaguancó Papín ( y sus Rumberos)を結成。1960年(1959年との説 もあり)、兄弟である Luis 、 Jesús 、 Alfredo (故人)と共に Los Papines を始動。Juventud Rebelde より。
現在キューバ滞在中のミネ君がお葬式に行ったそうですが、Omara Portuondo も参列していたとのこと。

Los Papines は、1回だけ観たことがあります。もう1回チャンスがあったのだけど、しかも無料だったのに!その日日本から遊びに来る友人夫妻を待って、待ちぼうけ食わされて1日を過ごしてしまいました。
普段どろどろの Rumba 漬けの私としては、あれ?って感じで、でも、Rumba とか Afrocubana とか別物だけど素晴しいショーを観せていただいたって感じでした。
こうしてずっと世界中の人々を楽しませてきたんだろうなーという彼らの姿勢に対する感動と、元は白人プロデュースのショーだったんじゃないかしら?という疑念と、いろいろ渦巻いて複雑な思いはしたけれども、とても楽しかったし、観客も熱狂していたし、観終わったときは爽快な気分でした。疑念は未だに残ってるけどね。

観客は、どろどろ Rumba を楽しんでいるいつもの Rumberos たちもいたし、会場が Teatro ということもあって着飾った黒人家族もいたし、同じく着飾った白人家族もいました。Afrocubana を観に来る白人キューバ人て、ほとんどいないの。いるとしたら、ほぼ外人目当ての人。100%ではないけど、99.8%くらい。だから、びっくり。
Los Papines は、家族揃って楽しめるエンターテイメントなのね、って思いました。

彼らの暖かい、観客を楽しませようとする姿勢は、一流グループのみが持つものでした。それはきっと Papín さんの姿勢であり、グループの姿勢として作り上げたものでしょう。
既にメンバーの内のお一人のお嬢さんがメンバーとなっていますし、この先も受け継がれていくものであると思います。

afrocubana | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/21 (Thu)
 子供の情景



またまたー、キューバ音楽に関係ないです。





これは、映画 子供の情景 の日本公開にあたって映画の撮影地バーミヤンの子どもたちに本を贈るクリック募金です。(ちなみに、、「子供」という文字は「供」が子どもに対する差別用語だから使っちゃいけないって言われたことがあります。。子どもは気にしないと思うけどね。)
ひとり1回のみクリック有効。
1クリックで、セーブ・ザ・チルドレンを通じて、本1冊(2米ドル相当)が寄付されるそうです。

こちらは1回こっきりの協力ですが、毎日クリックできるクリック募金2種がサイドバーにあるので、よろしく♪ "por los chicos" は1ページ目をクリックするだけで、アルゼンチンの子どもが1食食べられるそうです。


映画「子供の情景」、原題は「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない。恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」。2007年に「ブッダは恥辱のあまり崩れ落ちた」のタイトルで東京フィルメックスに出品された。
物語の舞台はアフガニスタンのバーミヤン。多くの学者、識者、世界中の一般の人々が懇願したにもかかわらず、タリバンによって仏像軍が壊されてしまった所。(まぁ「現地人にはその価値はわからん。」と言って文化遺産持ち去り放題のイギリス人もどーかなって思うけどね。壊すよりはマシだけど。。)もうずーっと長く戦争が続き、今後米軍により更に大規模な増兵が予定されている場所。なのよね。。
主人公は、どうしても学校に行きたい女の子。とはいえ、早熟だった監督のハナ・マフマルバフは、数ヶ月前にドキュメンタリーを TV で観たんだけど、8歳で学校教育に疑問を感じ早々にドロップアウト、映画監督である父モフセン・マフマルバフの運営する映画学校に入り、同年短編映画を初監督。まだ20歳。この映画は、17歳から撮り始め、19歳で完成。

オフィシャルサイトのトップページにあるシノプシス映像を見ただけで、かなり衝撃を受けてしまう。ドキュメンタリーで既に観ていたんだけどね、それでも新めて。
ぽっかりと空洞になってしまっている巨大の仏像があった跡、タリバン兵ごっこをして遊ぶ男の子たち。頭に被せられる、目と口だけ刳り貫かれた紙袋。「大人の作った世界で、子供は生きている。」まさにその通り。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/19 (Tue)
 Los Premios del CUBADISCO 2009



16日より開催されている CUBADISCO 2009 ですが、Diario Granma によると Omara Portuondo がアルバム "Gracias" で、Los Van Van が CD-DVD セットの "Aquí el que baila gana" でグラン・プレミオ(大賞)を獲得しました。
また、Los Van Van はこの大賞を含め5部門で受賞するという快挙を成し遂げたそうです。
全カテゴリーの受賞者リストが Juventud Reverde にありました。

★ Categoría カテゴリー
Título タイトル
Intérpretes 受賞者
(Disquera) レーベル
の順で記します。

★ Premio Especial
Entre locos bajitos
Liuba María Hevia
(Bismusic)

Colección 30 años de música
Obra de José María Vitier
(Colibrí-SGAE)

Casa de las Américas. Por las colecciones Música de esta América y Palabras de esta América
Víctor Jara チリのフォルクローレ、ヌエバ・カンシオン歌手
Compañero Presidente Canciones de Violeta Parra チリのフォルクローレ、ヌエバ・カンシオン歌手 です
Mercedes Sosa アルゼンチンのフォルクローレ、ヌエバカンシオン歌手
Hasta la victoria siempre, Che querido
Mario Benedetti ウルグアイの作家、かな?
Julio Cortazar アルゼンチンの作家
Gonzalo Rojas チリの詩人
Pablo Neruda イタリア映画の Il Postino の人ね。チリの詩人、政治家
Gabriela Mistral チリの女流詩人、教育者、外交官
政治的な人ばかりなのではないかと想像します。
(Casa de las Américas)

Colección Fernanda-6 VCD
Producto especial
(Bismusic)

La rumba de Matanzas a La Habana
Selección y compilación: Jorge Rodríguez
(EGREM)

★ Antología
Casa de la Trova
Selección y compilación:
Enrique Díaz Vázquez
(EGREM)

★ Archivo
Arsenio Rodríguez y su Conjunto
Colección Agrupaciones bailables de Cuba
Selección y compilación: Jorge Rodríguez
(EGREM)

★ Compilación
15 años locos por la música. Bismusic
Selección y compilación: José Manuel García
(Bismusic)

★ Testimonio
Aquí el que baila gana
Juan Formell y los Van Van
(EGREM)

★ Música popular tradicional
Oye mi voz
Típico de Sones
(Ahí Nama Music)

★ Música folclórica
Soy la décima guajira
Varios intérpretes
(EGREM)

★ Música popular bailable
Cubano cubano
Yumurí y sus Hermanos
(Bismusic)

★ Jazz
Venir al mundo
Ernesto Camilo Vega
(Colibrí)

★ Música instrumental
Ahmed Dickinson plays Ñico Rojas
Ahmed Dickinson
(Cubafilin Records)

★ Solista concertante
Ahmed Dickinson plays Ñico Rojas
Ahmed Dickinson
(Cubafilin Records)

★ Música de concierto
CD+DVD Clásicos cubanos del siglo XIX
María Elena Mendiola
(Colibrí)

★ Música de cámara
Pedro Bermúdez. Música en la Catedral de Guatemala siglo XVI
Ars Longa
(Oficina del Historiador)

★ Música coral
Pedro Bermúdez. Música en la Catedral de Guatemala siglo XVI
Ars Longa
(Oficina del Historiador)

★ Música lírica
Lucy Provedo canta a Lecuona
Lucy Provedo
(EGREM)

★ Cancionística
Gracias
Omara Portuondo
(Montuno Production)

★ Feeling
Más allá de todo
Pablo Milanés y Chucho Valdés
(PM Record Bismusic)

★ Trova
Antología Del verso a la canción
Varios
(Centro Pablo de la Torriente Brau)

★ Trova-pop-rock
Catalejo
Buena Fe
(EGREM)

★ Fusión
Señales
M Alfonso
(EGREM)

★ Rock
La evolución
David Blanco
(Bismusic)

★ Reguetón
Lo mejor que suena ahora
Gente de Zona
(Planet Records y Bis Music)

★ Compilación música infantil
Música infantil Vol. III y IV
Selección y compilación: Élsida González Portal
(EGREM)

★ Cuentos infantiles
Cazadores de cuentos III
Kiki Corona
(EGREM)

★ Crónicas humorísticas
Crónicas
Jorge Díaz
(EGREM)

★ Ópera prima
Raíces en colores
Ariel Bringuez
(Colibrí)

★ Concierto Audiovisual
Aquí el que baila gana
Juan Formell y los Van Van / Ian Padrón
(EGREM)

★ CD-DVD
Aquí el que baila gana
Juan Formell y los Van Van / Ian Padrón
(EGREM)

★ Banda sonora
Los dioses rotos
Juan Antonio Leyva / Magda R. Galbán
(ICAIC)

★ Multimedia
Arnaldo Rodríguez y su Talismán
Arnaldo Rodríguez / Rafael Olivera / Elier Rivero Pérez
(EGREM)

★ Making off
Clásicos cubanos del siglo XIX / María Elena Mendiola
Marcelo Martín y Daniel Diez (Jr)
(Colibrí)

★ Videoclips
“Revolución” CD Amigos. Raúl Paz
Orlando Cruzata / Rudy Mora / Lester Brito
(Sandalia Music y Bismusic)

★ Videoclips infantiles
Pubertad
Ernesto Piña
(Estudios de Animación ICAIC)

★ Notas discográficas
Soy la décima guajira / Varios
Sonia Pérez Cassola
(EGREM)

★ Grabación
Solo tú y yo / Giraldo Piloto y Klimax
Ahmed Fernández / Orestes Águila
(Bismusic)

★ Grabación en vivo
Aquí el que baila gana / Juan Formell y los Van Van
Maykel Bárzaga / Maykel Bárzaga (Jr)
(EGREM)

★ Diseño
Venir al mundo / Ernesto Camilo Vega
Nelson Ponce / Káloian
(Colibrí)

★ Diseño DVD
CD+DVD Lo que tu querías / Gardi
Tomás Miña
(EGREM)

なお、Premio Internacional a los álbumes は、"El viaje y el laberinto" で Sting と Edin Karamazov 、"Seguiré caminando" で proyecto Amparanoia 、"El padrino de la sala" で Andy Montañez 、"Reafirmación" で Edwin Colón Zayas 等が受賞し、ロンドンにいる Sting から 喜びのコメント が届いた。Sting の本名って、Gordon Matthew Summer っていうのね、初めて知った。

Yemaya's Verse では、"Música popular bailable" 部門の受賞者が何故 Yumurí ?!と書いてます。(ノミネートされたのが) Pupy y Los Que Son Son, Manolito, Klimax, Adalberto Alvarez, and Maraca, the winner was ... Yumurí. Huh? Wtf just happened? I mean, seriously. ってな感じです。
毎年恒例ですが、彼女は現在 Habana でライブ三昧中。ブログは生リポート満載です。

全般 | trackback(0) | comment(5) |


2009/05/18 (Mon)
 Musicos によるキューバ旅行記 2009



それぞれに全く違う旅をしていて、面白い。

Los Hermanos
深津純子さん
佐々木誠さん en Stgo de Cubaen Cuba
仲田美穂ちゃん
宮地傑さん


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/16 (Sat)
 Gen Ogimi en Royal Horse



キューバ音楽じゃないんですけど、来週大儀見さんの2Days Live が大阪の ロイヤルホース で行なわれます。


5月19日(火)
特別企画 大儀見 元(Per) 2DAYS「サルサナイト」
【大儀見 元(Per)、中島 徹(P)、沢田浩史(B)、
戸高一生(Vib)、安藤 弘(Per)、マニー・メンデス(Vo)】

●開場時間:17:00 ●開演時間:19:30/21:30 
●チャージ料金:S=4,200円 A=3,800円 barcounter=2,000円

大儀見 元さんをお迎えしての2ディズの初日は、サルサナイトの企画!!官能的なリズムに踊り狂い、酔いしれて頂きましょう!!

5月20日(水)
特別企画!大儀見 元2DAYS「セッションナイト」
【大儀見 元(Per)、中島 徹(P)、沢田浩史(B)、
カオリーニョ藤原(G)、CHAKA(Vo)】

●開場時間:17:00 ●開演時間:19:30/21:30 
●チャージ料金:S=4,500円 A=4,000円 barcounter=2,000円

こんな贅沢なカップリングは、今後実現不可能で御座います!
お聴き逃し、お見逃しの無いようお願い申し上げます。

ロイヤルホース公式ブログ



でね、先日の Palma Habanera ライブのあとにいつもの如く「ティンバレスが聴きた~い!」と大騒ぎしたところ、「来週大阪でやりますよ。そんなに五月蝿く言うなら、大阪まで聴きに来やがれ!」と言われました~。
うぉっ!と頭を抱えたのですが、ちょっとそれは出来ません。。目を光らせ真剣な顔して仕事の算段をしてたので、おねえさんは行くかもしれません。
関西方面の方、是非私の代わりに聴きにいらしてください。素晴しいですから。
22歳以下の方は証明書があればチャージが半額になるそうです。

2日間の内、1日目がティンバレスだそうです。


そうそう、Palma Habanera ですが、大口さんのピアノが素晴し過ぎて、ついつい叫んでしまいました。大儀見さんも例によって中腰で応えていらしたのですが、途中ですっくと立ち上がって、「何だこれは。。」って感じで大口さんをじっと見てから他のメンバーと目を見合わせてましたよ。この日はフランス人のクラシック弦楽奏者3名も来ていたのですが、彼らも身を乗り出して観てました。ほんと炸裂してました。大口さん LOVE でございます~♪

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2009/05/11 (Mon)
 Claves



夕べというか今朝?TV で ベルリンフィルのワルトビューネ・コンサート を観ていたところ、メキシコ人作曲家 Auturo Márquez の Danzón #2 で使われていたクラベスがステンレスっぽく見えて、ステンレス製のクラベス???と思って調べてみました。

ステンレスに見えたのは実はファイバーグラス製の LP の King Klave だったようで。正確には specially formulated fiberglass が素材の名前。
音は高いのだけど、それほど硬い音ではない感じがしました。LP のサイトで音が聴けるので、どーぞ。オーケストラの中でたぶんマイクを通していないので、控えめな感じでした。でもどうやら、マーチングバンドなどで他の音に負けないで音を目指して作られたもののようです。屋外のクラシックの演奏にはちょうど良い出音って感じでした。放映にあたって調整してあるのかもしれないけど。

クラベス探していて、めちゃくちゃかわいいもの見つけちゃった♪REMO の Kids Percussion !かわいー!かわいー!!
この ロリポップドラム もかわいい!欲しい!持ってどーするんだ?



そして Dudamel もかわいい!!!指揮する姿が歓びに溢れていて、かわいい!!きゃーっ♪
Dudamel は、ここ で以前ご紹介してます。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/10 (Sun)
 横浜ラテンフィルムフェスタ2009 キューバ映画祭



ご無沙汰致しております。書こうと思うことはたくさんあるのですが、書くに至らず。。
そしてキューバ音楽ってわけではないのですが、El Benny もあるってことでご勘弁を。

Buena Vista Social SiteBBS で知ったのですが、5月30日から6月5日まで 横浜ラテンフィルムフェスタ2009 キューバ映画祭 が開催されます!内容は、札幌のキューバ映画祭と似たライン。
これで観たかったけど観られなかった映画が観られます。
私は、低開発の記憶とルシアとカンガンバが観たいかな~♪

エル・ベニーはもちろん Benny Moré の伝記映画ですし、フルカウントって、Los Van Van が観客席で演奏したって映画かなぁ?

是非 MARYSOL のキューバ映画修行 で予習していらして下さい。カテゴリー「メモリアス」の低開発の記憶なんて、観ては読んで読んでは観てってのを何回も繰り返したくなるんだろうなーって思いながら読み続けてます。
ラテン!ラテン!ラテン! の vagabunda さんが UP なさった 低開発の記憶 -メモリアス-の予告編 があります。公式サイトは こちら

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。