--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/31 (Sat)
 RECUERDOS: LOS VAN VAN GANAN EL GRAMMY 2000



これ、Facebook のアカウント持ってなくても観られるのかなぁ?
Los Van Van がグラミーを受賞したときの映像です。
グラミーの授賞式と、キューバに凱旋したときの映像。初めて観た♪

RECUERDOS: LOS VAN VAN GANAN EL GRAMMY 2000


もし観られなかったら、Facebook にこの際登録してみてはいかがでしょう?Timba や Afrocubana の情報満載よ。

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(1) |


2009/10/26 (Mon)
 さやかさん、燃えてるらしい。



週末、日曜日ってば怖ろしいことにもう11月なんだけど、その日曜日、さやかさんはクラシックのコンサート。「新しい耳」テッセラの秋・第5回音楽祭 で演奏する。

先日リハーサルに行ったところ、この音楽祭のプロデュースをなさってる廻由美子さんとおっしゃるピアニストが、素晴らしい方だったそうで。
なんというんだろう?さやかちゃんから聞いた印象では、とても解き放たれた演奏をなさる感じ?彼女の演奏を聴いて久々にクラシック魂に火を点けられたんですって。しかし「クラシックの演奏家は腰が固いのよね、香月さんはいつも通りやっちゃって。」ってな感じのこともおっしゃったそうで。
で、さやかちゃんと共演なさる山本愛香さんに「ん~、もうちょっとこんな感じで。」ってご機嫌な演奏をしてみせると、山本さんも1回聴いただけで再現してみせちゃうと。クラシックのピアニストではあるのだけれども、パーカッションも演奏してたそうで、いい感じなんですって。
なんだかウキウキ燃えてますよ。
そうして燃えて、また新しいものが彼女の中に入って、ますます素晴らしくなるんだろうな~と思うと、とてもわくわく嬉しいです。

で、演目は南米やスペインの音楽が多く、Palma Habanera でも取りあげている曲のアレンジ前のクラシックをやったりもするそうで、「ふだんクラシックを聴かない人にもぜひ聴いてほしいんだ~。」と言ってました。

「新しい耳」テッセラの秋・第5回音楽祭
第1夜 ~ Esperanza ~


with 山本愛香 (p)

会場 ; 三軒茶屋 サロン・テッセラ
開演 ; 16:00 (開場 ; 15:30)
チケット ; 4000円 (ドリンク付き)
申し込み・問い合せ ; 03-5216-7131 (アレグロ・ミュージック)
e-mail ; yourmail@allegromusic.co.jp

Salon Tessera
〒154-0004東京都世田谷区太子堂4-22-6-4F
tel ; 03-3421-0541
Map1
Map2

きっとすごくステキな演奏だと思うので、お時間のある方は是非。

Japón | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed)
 J-WAVE Gilles Peterson's WORLDWIDE SHOWCASE 2009 ~ AFRO-CUBAN FLAVA ~



~ テーマは "アフロ・キューバン" ~

なのだそうです、Gilles PetersonMySpace)。スペイン語に侵された私の脳は読めなかったんだけどね、ジャイルス・ピーターソン。
Gilles は、過去20年以上に渡りラジオ、クラブDJ、レーベルのオーナーとして活躍し続ける "音楽の伝導師" であり、クラブDJとしてACID JAZZムーブメントを起こした中心人物。現在英国営放送BBCを始め世界15か国で WORLDWIDE を放送中、J-WAVEでも2つのWORLDWIDE を放送している。ここ 読むと、これまでの彼の功績がなんとなくわかるかも。

2008年、初キューバを体験した Gilles 、それまでキューバ音楽に対して一般的な知識しかなかったのでいろんなものを吸収したそうで、ついにはアルバムまで作ってしまった。"伝説の EGREM スタジオ" で録音された "Gilles Peterson presents HAVANA CULTURA New Cuba Sound" 。

'I got the call about a year ago now – a trip to Cuba in September '08 to check out the new generation of Havana-based artists. What a great opportunity! I'd never been before and had literally only just stepped out of the cinema having watched the Che movie. But would there be anything going on outside of Buena Vista, rumba and reggaeton? I was about to find out.' - Gilles Peterson

Featuring the work of over 20 musicians and artists recorded across 28 tracks, the double CD album is a celebration of Cuba's freshest musical talent from Latin, Afro jazz and fusion to hip hop, funk, reggaeton and R&B.
CD1 consists of brand new recordings produced by Gilles Peterson jointly with Roberto Fonseca and Vince Vella. Fans of Cuban music will also recognise a handful of traditional Cuban classics such as "Chekere Son", which have been carefully re-imagined and re-recorded.
CD2 features tracks from Gilles" favourite new discoveries. New talent such as vocalist Danay (described by Gilles as "Cuba's Jill Scott") and Doble Filo, in addition to international award-winning artists such as rapper Kumar and pianist Roberto Fonseca.
Release date: 26th October 2009

キューバのニューウェーブカルチャーを紹介するラム酒 "Habana Club" presents のサイトHavana Cultura で、このアルバムについて語っています。冒頭で Ramsés Radríguez さまに2ビート叩かせているのを観てぎょっとしてしまったし、げんなり。でも続けて観てみると、Novísima Trova や HipHop 、Rap 等のキューバのニュー・ウェーブ系アーティストが多いように感じますが、それは上に乗っけているフレーバであり、そしてその風味付けしている彼等も、もちろん Afrocubana を内包しているいるのがわかる。また、上の引用文には「Gilles が Roberto Fonseca と Vince Vella と共にプロデュースしたというように書いてありますが、どうやら Roberto Fonseca がミュージックディレクター的に働いているようですし、Rumba の演奏をしているのは Rumberos de Cuba のメンバー。ちょこっと映像にあった Yemayá を踊っているのは、Yoruba Andabo の私が苦手なバイラリーナですが。(スペイン語版では Roberto Fonseca の映像に Haroldo López-Nussa のクレジット入っちゃってっます。。) ブログでは Changüi を紹介 もしており、熱心にあれこれ聴いてみたのでしょうね。全部 試聴 してみると、けっこういい感じの仕上がり。Chucho の妹 Mayra Caridad Valdés の Jazz スキャット滅茶苦茶かっこいいし。スペイン語の部分に英語字幕ほしい方は、こちら をご覧ください。また、Qetic にも詳細情報があります。

ラインナップはこちら。
DISC-1
01. Pa' Gozar
02. Arroz con Pollo
03. Roforofo Fight feat. Mayra Caridad Valdés
04. IpaCuba feat. Danay, Francis del Rio & Julio Padrón
05. La Revolución del Cuerpo Pt.1
feat. Ogguere, Danay & Obsesión
06. La Revolución del Cuerpo Pt.2 feat. Roberto Fonseca
07. Lagrimas de Soledad (No Existen Palabras) feat. Danay
08. Think Twice feat. D'nay & Obsesión
09. Chekere Son feat. Mayra Caridad Valdés
10. Afrodisia
11. Mami
12. Rezando
13. Y Viva Felicidad *Bonus Track for Japan
DISC-2
01. La Revolución del Cuerpo – Ogguere
02. Homenaje A Benny Moré - Gente de Zona
03. Listos 'Pa La Lucha - Free Hole Negro
04. La Perla del Son - Wichy de Vedado
05. Candao Cerrao - Yusa
06. Acompáñanos – Kumar
07. Me Lastimas – Obsesión
08. Individual - D'nay
09. Pasa el Borrador - Los Aldeanos
10. Amor Internacional - Doble Filo
11. Por un Milagro - Cubanito 20.02
12. Sentimiento - Francis del Rio
13. Que Tú Te Crees - Doble Filo feat. Pepito
14. Puñalá - Descemer Bueno & Kelvis Ochoa
15. Spiritual Sin Egoísmo - Telmary Diaz
16. La Jungla - Harold López-Nussa

DISC-1 は Gilles が Roberto Fonseca と共に新しくレコーディングした楽曲を収録し、DISC-2 にはGilles お気に入りの "今" のキューバ音楽を収録したそうです。
このアルバムは、10月24日に発売。なのですが、先週の金曜日からタワーレコードの渋谷、新宿、秋葉原、吉祥寺、池袋店にて先行販売が行われているそうです。

ところで Vince Vella の MySpace に貼り付けられている Podcast 、かなり私好みでございます。ちょこっとしか聴いてないけど。たぶん好きなのがいっぱいありそう。


んで、ここからが掲題のイベントについて。

J-WAVE Gilles Peterson's “WORLDWIDE SHOWCASE 2009”
~ AFRO-CUBAN FLAVA ~

Therefore artists have been asked to do a special cuban-afro influenced set, watch out for Japan's true salsa band Salsa Swingoza. ってなわけで、Salsa Swingoza も出演しちゃいます。

日時 : 2009年10月23日(金)Open18:00 / Start19:00(~23:00end 予定)
会場 : 恵比寿 リキッドルーム
料金 : 前売 5,500円/当日 6,000円 (いずれも税込・ドリンク代別)
★前売チケットNow On Sale!!(前売り券は、10/22木曜日まで購入可能です)
チケットぴあ (PC・ケータイ共通) 0570-02-9999 (Pコード:330-044)
ローソンチケット 0570-08-4003 (Lコード:79757)
e+ (イープラス)内特設ページ
★当日券は、17:00より会場にて販売スタート!!

出演 :
【 プレゼンター 】
Gilles Peterson
【 LIVE 】
cro-magnon / 東京発新世代型 ダンス・バンド
quasimode / BLUE NOTEが選んだ クラブジャズ・バンド
Salsa Swingoza / 日本屈指のリアル サルサ・バンド
演奏時間は、各40分程度だそうです。
【 DJ 】
石井亮 (J-WAVE WORLDWIDE)
【 スペシャルMC 】
社長 (SOIL & "PIMP"SESSIONS)
【 Tokyo Heavy Hitters 】
沖野修也 (Kyoto Jazz Massive)、小林径(Routine Records)、須永辰緒、松浦俊夫、DJ KENTARO、 DJ MITSU THE BEATS(GAGLE/Jazzy Sport)、MURO、Yama a.k.a SAHIB(J.B.P./a.s.s.)、ラファエル・セバーグ(U.F.O.)
【 VJ 】
矢部 直(U.F.O.)
【 キューバン・ダンサー 】
Orlando & Miki

主催 : J-WAVE 81.3FM
企画・制作・招聘 : (株)シャララカンパニー
お問い合わせ : LIQUIDROOM 03-5464-0800


リキッドルーム2階に Café & Diner を展開してもいる TimeOut に、Gilles と大儀見元の対談が UP されています。5回シリーズの、只今2回目まで。この対談で大儀見さんがバタを演奏したという噂なので、その映像も近々 UP されるのかも?楽しみ♪

この対談映像によると、キューバでの体験を踏まえての Gilles のセッションは「来年には」らしいのだけど、各アーティストがどんな Afro-Cuban Flava を聴かせてくれるのか、楽しみ。もちろん VJ の矢部さんがどんなものを観せてくれるのかも。ダンサーの Orlando は本物だし。
そして、どんな新しい世界が開けるのかな?と。。

Japón | trackback(0) | comment(1) |


2009/10/18 (Sun)
 HAVANABUZZ HAPPY HOUR



先日お知らせした HAVANABUZZ HAPPY HOUR 、ご覧になった方いらっしゃいます?私はグースカ寝ていて、すっかり見逃してしまいました。。

現在 Havana Buzz: Animals of Cuban Music にあるものを見る限り、どうやらモヒートで乾杯してから、3つの動画を見ながら語り合ってたみたい。Timba と Reggarton どっちが好きー?みたいな感じで。 Jennifer は、「I've gotten used to reggaeton, and now I like it, but the first time I heard it candela! noo」って言ってますね。いつの間にやら Reggaeton が好きになったみたいね。

1本目では、キューバのレゲトン・スターが Reggaeton について語っています。
Los Van Van の Samuel Formell もインタビューに応え、「レゲトンが出てきたプエルトリコは米国の一部で、米国で流行るってことは世界中で流行らせられるってことであって、多くのミュージシャンに大きな影響を与えたけど、ただの2ビートでしかなく、僕には何の影響もなかったね。何の意味もない。」と言ってます。
また、Charanga Habanera の David Calzado は、「10年経って、今はもう13-4しか有力なティンバのグループはいない。」と。
んで、Bamboleo で Tania (そーいえば昔は Tanja だった。。) が2ビートで Come together を歌って、最後に Mayito がインタビューに答えて「あっちこち何か(訳注;例えば卵とかね)を求めて探したり働いたりして、帰宅してお洗濯する(なのか、洗う)前にリラックスするために聴くのさ。」と言ってました。

2本目は映画 ¡ Popular ! より HAVANABUZZ.com Yulien Oviedo Charanga Habanera La Gorda clip from POPULAR! 。Jennifer って Yulien と仲良しみたいね。私がキューバにいた頃も、彼女 Yulien ちとかライブで取材したりしてたもんなー。
3本目は元 Clan 537 の Insurrecto にスポットを当てた HAVANABUZZ.com EL MICHA + INSURRECTO でした。なんか、、、Clan 537 のとき Insurrecto かっこいいって思ったけど、ただのチンピラに見えるね。。そこら辺の兄さんだ。太ったし。

otoras | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/17 (Sat)
 



今頃チリでは、、、Vanvaneros が何も手に付かずただひたすら夜が来るのを待っている。。。
いいなぁ~。。。

Los Van Van en Chile


熱烈に待ってる人の Facebook を見ていたら、どきどきしてきちゃったよーん。
水曜日からこれですもん。
van van, van van,van van, van van,van van, van van,van van, van van,van van, van van..... mi mente solo piensa en eso!!!!!!
頭ん中これだけ、これしか考えられん!と。
その気持ちはよくわかる!

こんな感じで南米ツアーの模様。

October 16 Santiago, Chile / Teatro Caupolicán
October 18 Rosario, Argentina / MamaSalsa
October 21 Neuquén, Argentina / Casino Magic
October 23 Buenos Aires, Argentina / Luna Park
Octubre 24 Montevideo, Uruguay / La Trastienda

ライブ前のあのわくわく感、たまらんね。



timba | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/13 (Tue)
 Junichiro Percussive 3



パーカッシブ・トリオ、既に何度か書いているのですが、初めて行ったライブで開いた口が塞がらないほど衝撃を受けてべた惚れ し、その後まだ2回しか東京ではライブがなかったのですが、明日、今年最後のライブだそうです。

- Junichiro Percussive 3 - 大口純一郎パーカッシヴ・トリオ
members ;
Junichiro Ohkuchi - 大口純一郎 on piano
Benisuke Sakai - 坂井紅介 on bass
Gen Ogimi - 大儀見元 on percusion
Salsa Swingoza on MySpace

date ; 10月14日(水)
start ; 20:00
charge ; 4200円
member ; 大口純一郎(p)、坂井紅介(b)、大儀見元(perc)
place ; 六本木アルフィー
東京都港区六本木6-2-35 ハマ六本木ビル5F
* 日比谷線六本木一番出口出てすぐ右。パン屋さんのポンパド-ルの上です。
東京メトロ
tel ; 03-3479-2037

これでも観て、あなたもやられちゃってください。そして是非、ライブへ。



Junichiro Percussive 3 "All Blues 3/3"



この撮影をした時のライブは こちら 。そーだわ私、私もうーうー唸っちゃったのであったわ。Jazz って、唸るもんなんだね。
そうそう、Palma Habanera 首都圏3days っていうのか?国内ツアー最終日でもあった先日の alfie ライブ、大口さん唸ってました。あれもかなり凄い演奏でしたっていうか、友人と共に、悶えてましたよー。あれ絶対みんなナチュラル・ハイだったと思う。そう確信しちゃうようなすっごい演奏してた。

Japón | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/11 (Sun)
 Animales de la Música Cubana - HAVANABUZZ HAPPY HOUR -



映画 ¡ Popular ! の監督 Jennifer Paz の最新作 "Animales de la Música Cubana" 、ご存知でしょうか?んーーー、、なんか Reguetón = Reggaeton 、もしくは Cubaton ?に関する映画なのかなー? よくわかんないんだけど、とにかく Timba スター総出演って感じの映画です。




ANIMALS OF CUBAN MUSIC / Animales de la Música Cubana


この予告編の中の Juan Formell の息子で Los Van Van の現 Director musical である Samuel は、たぶん「その傾向は続いているし、心配している。」って言ってるような?
で、「僕、ジュリエン・オビエドは、レゲトンとフアン・フォルメル&ロス・バンバンをミックスしているよ。」 って、ミックスされちゃいましたねー。この曲の完成品は こちら
この上の方の YouTube 映像を Yulien の父 Calixto Oviedo に報告したら、以前書いた ように、「お前のしていることは全てが素晴らしい!!!」ってお父ちゃん大感激だったんだけど、私はちょっと悲しかったよ。よく出来てると思うんだけどねー。。何もこんなことしなくても、、と。

私が最後にキューバを発ってから2年9か月か、、、撮影は主に2009年、一部は2008年に行われたものだそうですが、Timba マニアな Jennifer が Reggaeton をテーマに映画を撮るとはっ!って感じなんですけど、そこまでキューバは Reggaeton だらけになっちゃってるんでしょうか?それとも、この題材で何を語ろうとしているのでしょうか?
キャッチーなタイトルを見ると、ミュージシャン、観客共に Timba 周辺の人たちって確かにアニマレス(獣たち=動物たち)だわーって思うけど、レゲトン???うーんって感じなんですが。

この Animales de la Música Cubana 本編は既に DVD として販売されていて、インターネットで購入できるのですが、なんと!撮影した映像の一部を公開するオンライン・イベント "HAVANA BUZZ HAPPY HOUR" が開催されます!
詳細は Facebook のイベントお知らせページ HAVANABUZZ HAPPY HOUR にありますが、ここは Facebook アカウントを持っていなければ開けません。ので、代わりにお知らせしましょう。
米西海岸時間の10月14日13時から18時の間に Havana Buzz: Animals of Cuban Music のファンページにアクセスするだけで観ることができるそうです。ニュー・フィルムスってかいてあるので、DVD に使われていない映像なのかも?そして、DVD プレゼントにエントリーすることもできます!んですって。
つまり、こういうことですね。

- HAVANABUZZ HAPPY HOUR -
日時 ; 10月15日 午前5時から10時
場所 ; オンラインで Havana Buzz: Animals of Cuban Music を開くだけ。

このページは Facebook アカウントを持っていなくても開くことはできますが、世界各地の Timba をはじめとする Afrocubana 、Jazz Cubano 等を含むミュージシャンやキューバ音楽ファンが情報を公開・交換し合ったりしていて面白いので、この機会にアカウントを開いてみてはいかがでしょう?
ちなみに SAYAKA さんのファン・グループ もありますのよ。


DVD "Animales de la Música Cubana" は、www.havanabuzz.com で購入することができます。
DVD: $19.95 + International Shipping $7.50 = $27.95
日本までは、注文してから8日くらいで着くみたい。

Featuring : Gente de Zona, Charanga Habanera, Baby Lores, El Chacal, Bamboleo, Manolito Simonet Y Su Trabuco, Yulien Oviedo, Insurrecto, El Micha. Cameos
interviews : Los Van Van, Mayito Rivera, Roberton, Los Intocables, Mandy Cantero, RDR, Team Cuba, Paulito FG, Jose Luis Cortes

timba | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/09 (Fri)
 Palma Habanera @ Motion Blue Yokohama



ゲストの César López もきっとビックリしちゃうくらい、楽しいライブだと思います。
是非!!

詳細は、Welcome to MUNDO SAYAKA

これって、手抜き???いやいや、、ごめんね。

Japón | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/06 (Tue)
 Palma Habanera @ Cohiba Atmosphere Kasumicho



Palma Habanera 未体験の方に朗報です!もちろん、Palma Habanera ファンの方にも。
今週木曜日、Palma Habanera の Cohiba Atmosphere Kasumicho でのライブチャージ、なんと!1000円!うれしーよー。

place ; コイーバ アトモスフィア 霞町
add ; 東京都港区西麻布1-14-1 井門西麻布ビル1F
tel ; 03-5414-0025
東京メトロ乃木坂駅5番出口より徒歩5分
東京メトロ六本木駅2番出口より徒歩11分
date ; 10月8日(木)
start ; 21:00 / 22:30
charge ; 1,000
member ; SAYAKA(vl)、大口純一郎(p)、柴田亮太郎(gt)、小泉哲夫(b)、大儀見元(perc)

是非是非この機会に、Palma Habanera 体験して下さい。
もちろんこれまでずっと Palma Habanera ファンでたくさんライブにいらしてた方も。

そして、翌9日は 横浜 Motion Blue 、10日は国内ツアーの締めくくり、六本木 alfie でのライブです。
Motion Blue のライブには、アルバムにゲスト参加した井上信平さんとルイス・バジェ、来日中の César Rópez がゲストとして演奏します。今後観ることのできない素晴らしいライブになると思います。入れ替え制ってのがちょっと厳しいけど、価値あるライブだと思う。
ツアー最終日の alfie は、めちゃくちゃ盛り上がると思う~!楽しみだぁぁぁ♪

Japón | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/03 (Sat)
 La lista final de nominaciones de Latin GRAMMY 2009



第10回ラテングラミー のノミネートが発表されました。これは、2008年7月1日から2009年6月30日の間にリリースされたアルバムを対象としたものです。

さて、キューバ勢のノミネートは。。
◆ Best Salsa Album - Mejor Álbum de Salsa
"Asi Soy" - Issac Delgado
[Machete Music/Universal Music Latin Entertainment]
◆ Best Contemporary Tropical Album - Mejor Álbum Tropical Contemporáneo
"Gracias" - Omara Portuondo
[World Village/Montuno]
◆ Best Traditional Tropical Album - Mejor Álbum Tropical Tradicional
"Siempre A Punto" - Orquesta América
[Lujuria Music]
◆ Best Latin Jazz Album - Mejor Álbum de Jazz Latino
"Juntos Para Siempre" - Bebo Valdés y Chucho Valdés
[Calle 54 Records/SonyBMG Music Entertainment]
◆ Best Folk Album - Mejor Álbum Folclórico
"D' Palo Pa' Rumba" - Muñequitos De Matanzas
[Bis Music]
◆ Best Instrumental Album - Mejor Álbum Instrumental
"Across The Divide" - Omar Sosa
[Half Note Records]

オフィシャルサイトには、全ノミネート発表ページ の他、PDF の一覧表もあります。

Omara は、20日には San Francisco Jazz Festival の一環として、23日には UCLA でコンサートをするそうです。
Septeto Nacional も10月27日から12月1日の米国のビザが取れたそうで、ツアーを企画中の模様。これまでにもキューバのミュージシャンの米国公演ってあったけど、さて、オバマになってさらに門戸が開かれたのでしょうか?

Muñequitos de Matanzas って、英語で書くと Munhequitos de Matanzas になるのね。はじめて知った。面白~い。

全般 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。