--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/29 (Tue)
 Los Van Van


Los Van Van はこのところ毎週火曜日に Casa de la Música Galiano でマチネーをしています。キューバ人は250MN で外国人は20CUC 。250MN は、10CUC ちょっとって感じかな。10CUC の違いは大きいわね。でもキューバ人にとっての250MN って、普通の人にとっては月収の半分。有り得ないね。3大テノールの日本公演とかワーグナーのオペラ全部セットとか、その昔10万円ってのがあったように記憶しているけれども、それはこの機会を逃したら観ることが出来ない!って感じのもので、毎週やってるのに10万円じゃあねぇ。。
先週18時半からだと言われて焦って行ったら始まったのは19時半か20時くらいだったと思うので、今回は、19時前に家を出てみました。なかなかマキナ・パルティクラールがつかまらなくて、だんだん焦ってくる。どのくらい待ったんだろう?たぶんー、、20分以上?Galiano への到着は、19:25くらい。行列は、ぜんぜん動かない。モデルさんのように美しい子を3人連れた男性がいたんだけど、話がまとまらなかったようで、去られてしまったのを見たり、、んー、、、でもなんか、以前とはちょっと違う感じかな?自力?で来ている美しい女性のグループが増えた感じ。
20時近くなって流石に始まっちゃったんじゃないかって気になって、「戻ってくるから。」と後ろのグループに言い置いて入り口の辺りを見に行く。だって、通常のマチネーでは外国人用とキューバ人用は別の列があるから、キューバ人も250CUC だとしても、倍払う外国人用には別の列が有る可能性もある。が、どうやら別の列はなさそう。キャパ越えで入場制限しているらしいので、もう始まって30分経ってしまったとかなら帰っちゃおうかなー、という気にもなる。
が、Samuel のカメラ。たぶん4-5年前の来日時に修理に出したいとのことで預かって、修理代が8千円くらいかかるとのことで修理せずにそのまま預かりっぱなしだったカメラを、今回は持ってきたのである。先週のライブにも持ってきたけど渡しそびれてしまったので、今日も持っていったの。とっとと渡して開放されたい。
というわけで、入り口にいた Juan のお兄さんであるといううわさのマネージャーに、「Samuel もう通った?」と訊くと、「そんなこと知るわけないだろう。」と。「これ、Samuel のなんだけど、渡してくれる?」と訊くと、「それより入って自分で渡せばいいじゃないか。」と。親切ってわけじゃなくて預かるの嫌だからって感じだったんだけど、重たい柵を動かして入れてくれた。「ちゃんと払えよ。」って。
「入場制限してるんだってば。」と数回止められたけど、「彼女はいいんだ、日本から来てるんだから。」ぜんぜん理屈になってないけど、彼が言うならしょうがない、という感じで入れてもらえた。たぶん、メンバーやスタッフじゃ無理だったと思う。
彼に入れてもらえるとは思いもしなかったので、棚ぼたって感じ。
が、いざエントランスを支払う段になってバッグを見ると、20CUC 札がない!!!1CUC が2枚と10MN が2枚。。。バッグに入れ忘れた?まさか!ここまで来て入れないなんて!そんなバカな!!!あわあわしながらお札を全部出して、目が見えなくなる。。でも1CUC 札をめくったら20CUC 札が出てきた!!2020、うん、20って書いてある。この時点で後ろめたさは消え去った。
うきうきっと入場すると、まさに、Arrasando が始まったところ!あのまま並んでいたら、きっと入れたとしても1/3くらい見逃してたかもって感じ。たぶんね。

中は激混みで、昨日の Interactivo とはやはり違う。客層が黒いし。肌の色じゃなくてね。コーラ買ってストロー挿して、人混みを縫っていちばん前へ。今日は無理かと思ったけど、行けた。けど、ヴァイオリンじゃなくてトロンボンの前ね。ヴァイオリンまでは辿り着けなかったわー。
ジャケット脱いだりバッグを腰に着け直したり、いろいろライブを観る体制に身支度している間に Arrasando が終わってしまった。

Hugo がなんだか疲れて見える。先週トロンボンを吹いたのかどうかはわからないんだけど、今日は吹いてた。ソロも良かった。けど、なんか、具合悪そうでちょっと心配。
Robertón の奥さんは、先週と同じく Robertón を見つめっ放し。凄く美しい人だし、幸せそうだし、見つめる目も表情も素敵。でも私が男だったら、鬱陶しくなっちゃうかも。。どうなんだろう?
Juan は、Arrasando のときにステージに観た気がするんだけど、その後姿を消したし、最後のメンバー紹介も Lele がしたので、たぶん途中で帰ったのかも。
何人かのスポーツ選手がいたようで、Mayito が「どこの国にもいない、キューバにしかいない、我らの誇りである・・・。」って感じで紹介してた。たぶん野球選手が2人ステージに上がってたけど、最初に名前の挙がった Sotomayor さんは、ステージの下から挨拶しただけ。なんだかとっても気品のある感じの素敵な人だったけど、ソトマヨールって聞いたことあるけど誰?

今回のライブの特筆事項は、Soy Todo をやったこと。たぶんベネズエラ公演でやるんだろうな。だからやったんだと思うんだけど、超久々で飛び上がりそうになるくらい嬉しかったよー。
Mayito に神様は降りてこなかったみたいだけど、キューバ人がお賽銭に走る走る。ステージに駆け上がって Mayito にお賽銭。懐かしい光景。それに乗じて外国人もお賽銭したりしなかったりなんだけど、ステージに上がって写真撮りまくり。

前回もそうだったんだけど、Samuel のソロがないような。。その分ライブはちょっと短めな気がする。10分くらい?
そして今日は、チェロの人がいなかったな。。やっぱりメンバーになったわけじゃないのかな?

終わってから、超残念なニュースを聞くことになった。
スタッフの一人が「久し振りー!まさか僕を忘れていないよね?髪伸びたねー。太ったねー。」と言いながら、「また来週ね。」と言うので、「あれ?来週?火曜のマチネーはないんだよね?元旦のライブのこと?」と訊くと、「元旦のライブはないよ。明日からベネズエラだし、ベーシストが奥さんを迎えにイタリアに行くから、その間はライブはないよ。」じゃあ、来週って何?!と思ったんだけど、「大丈夫、連絡取り合おうね。」って、あんた私の連絡先知らないでしょう!まぁ他の人に訊くからいいんだけど。
そうそう、毎年恒例だと思い込んでいた元旦の Malecón ライブ、来年はないらしい。超特大ショック!ショックショックショック。ベーシストがいないからってことは、やっぱり彼の妻が望んだように、私がイタリアまで彼女とその子等を迎えに行けば良かったのか?彼女は10日にキューバに来るそうなので、それまでライブはないってことなのね。

ところで Hugo 妻、「最近ぜんぜんうちに来ないわね。」と言いつつ私が PC 貸してもらったときに周辺機器を忘れていったと昼間電話してきた。「ミッキーの時計も忘れてたわよ。」と言うので、「私、ミッキーの時計持ってないから私のじゃないと思う。」って言ったんだけど、「でもまさこが使った後にあったのだから、まさこのよ。だいじに保管してあるから。」と言い張る。うーん。PC 周辺機器も時計も私のじゃないと思う。ライターは忘れたんだけど、それはもう戻ってこないとは思ってる。で、「今日ライブ行く?」と訊いたら「え?ライブあるの?」と。「うん、ガリアーノで。」「私は行かないわ。今友人の家にいるの。1月2日までずっといるから、うちに来ても誰もいないわよ。」「ああ、Hugo はベネズエラに行くしね。いつ帰ってくるの?」「え、Hugo はどこにも行かないわよ。」と言ってた。
のに、ライブに来ていて、「ねぇ、ネイルの本は?早く欲しいのよ。ほら、今ネイルしてないでしょう?早くその本を見て新しいのをして貰いたいのよ。」と言う。「Palma Habanera のライブに来ると言ってたから、持って行ったんだよ、でも来なかったよねー。」「あー、行きたかったけど行けなかったのよ。」当日に約束しておいて来なかったのよ。まぁいろいろあるだろうけど。
「で、ネイルの本はいつくれるの?」「私、あなたの家ならいいけど、お友達の家のある Cerro までは持って行けないよ。」「あら、なんで Cerro なの?うちに持って来ればいいじゃない。」「え?1月2日までうちにいないんじゃないの?」「どうして私が私の家にいないのよ。」「え?今日、私に電話くれたよね?」「電話したわよ。」
あああ、もうわからないので、「じゃあ、明日か明後日、おうちに持っていくよ。おうちにいるのよね?」「当たり前じゃないの。」だそうです。この展開について行けなかったら、キューバに長くいることは難しいです。たまにいるから。こういう人。ちなみに彼女はとても愛情深くて、素敵な人です。
なんか、、もしかしたら夫婦喧嘩してたのか???それで Hugo 疲れてたのか?どうだろう?行ったら訊いてみよう。

そんなこんなしていても Samuel はぜんぜん出て来ず、出てきた Boris に「Samuel のカメラ持ってきたんだけど、まだいる?」と訊くと連れて行ってくれて「まさこがカメラ持って来たぞ。」と。彼女を紹介しつつ、「それ、だってもう壊れてるんだぞ、いらないんだけど。」と。壊れてるのは知ってるけどさ。それでも彼女は目を輝かせてカメラの包装を解く。きれいでかわいい子。Samuel は女の趣味がいいと思う。Boris はきれいな子を連れているのは1回しか見たことないけど。その際は「Boris のきれいな彼女を初めて見た!」と他の子と騒いでたんだけど、「きれいな子けっこういるよ。」との情報もあり。
諸々が終わったときにはいつも送ってくれる Hugo も Mundo さんも居らず、寒いしー、、かかってきた電話にいろいろ言い訳している様子から、今日は女連れではないと見て取れる Boris に「真っ直ぐおうちに帰る?Linea 通るでしょう?乗せてくれる?」と訊いてみる。「いいよー。20ドルだぞー。」「え?私ボテージャしたんだけど。」ってなわけで送ってもらえることになったんだけど、張り付いてないと忘れて置いて行かれそうなので、いろんな人と挨拶をしてるのを1-2メートル離れたところで見張りつつ。
内ひとりが声をかけてきて、どうやら彼女ではないことを確認したらしく、「僕は仏教徒なんだ。これからマレコンに行ってオーラを受けに行くんだ。一緒に行こう。」と。このクソ寒い中、マレコンになんて行かない。「あなたは外国に住んでいるの?」と訊くと、「いや、キューバだよ。ジャズのフェスティバルのプロデューサーなんだ。」と言う。「え?!!!次の Jazz Plaza はいつあるの?」私が興味あるのは、それだけです。「2月だよ。」本当かうそかわからないけど、それだけ知れればもういい。ウソだったら悲しいけど。
Boris にも私を連れてマレコンに行きたいと言ったらしいけど、かわしてくれたみたい。でも彼がいなかったら、Boris を見失っていました。。
無事車に乗り込んだところに、Boris のお友達が。どうやら Boris の招待でライブを観るはずが Boris と会えなかったらしく、「1時間半も表で待ってたんだぞ。」と Boris は言ってたけど、怪しい気もしなくはない。Boris はとてもいい人だけど、約束事はあまり信用できない。ごめんね。
Boris のボーヤらしき子と、待ちぼうけでライブが観られなかったお友達2人が車に乗り込み、出発しましたー。一安心。
そのお友達の一人は、レゲトネーロだそうで、Eddy K のグループのメンバーだそう。「Eddy K って、イタリアに移住しちゃったんじゃなかったっけ?」「いや、マイアミに残ったんだ。1年と6ヶ月前にね。」そのせいで1年半前から失業してるんじゃないかなぁ?連れの女の子は英語で話したがり、彼との会話を通訳してくれた。彼が言うことわかってたんだけど、彼女の英訳に英語でお返事しておきました。
途中で Boris がみんなに「ビール飲むか?」と訊いて、振舞ってました。私は「ジュースもいらない?タバコは?」と訊かれたけど、「ありがとう、でもいらない。」と、お断りしました。で、ちゃんとうちの近くまで送ってもらって、いつからいつまでベネズエラにいるのかを確認しました。明日の朝4時出発で1月2日に帰って来るそうな。年末を家族と離れて外国で過ごすなんて、かわいそうに。Mundo さんなんて、米国から娘が遊びに来ているのに。
というわけで、Maraca とのリハで今日のライブにも行かれなかったさやかちゃんは、バンバンのライブを観られずに帰ることになるかもね。

スポンサーサイト

timba | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/10 (Thu)
 Orquesta Aragón , Cumple 70 años



近所の友人宅に挨拶回りをしたときのこと。最初に寄った友人は不在、Centro Habana で新しいアフロキューバンの催しが行なわれるようになったそうで、そこにいると弟が言う。相変わらずだなぁとおもいつつ、Teatro Amadeo Roldán の前を通る際にスケジュールを見よーっと思いつつ歩いていると、Amadeo Roldán の脇でその友人にばったり会った。
ひとしきり再会の歓びを伝え合った後、彼女が「今日は Orquesta Aragón のコンサートがあるのよ。それでここにいるの。」と言う。彼女はこういったステージの催し関係の仕事をしている。サブ・ディレクターのようなことを言っているけど、ディレクターの補佐って感じで、それほど地位は高くないんじゃないかと思ってるんだけど。
Orquesta Aragón は、その昔私の目から鱗を落としたキューバのクラシックのグループ。Danzón や Cha Cha Cha 、Son などを演奏する。ウィーン・フィルや MET 、ロンドン交響楽団やイスラエル・フィルなど来日した名だたるクラシックのオーケストラをかなりの数聴いている私が、「美しい音楽って、こういうものなのね!」と大感激したグループである。さやかちゃんの師匠 Lázaro Dagoberto González もメンバーのひとり。
「えー !!Aragóoooon!!」と言うと、「リハーサル観る?」と。彼女には Jazz Plaza の際などもよくリハーサルを見せて貰っていたのだ。

彼女が言うには、リハーサルに潜り込むのは以前と変わらず簡単なのだけれども、本番を見るのは難しくなったそう。チケットは完売だそうで、兎に角もう当日、誰かに入れてもらわなければ。
キューバってコネ社会で、どこにどういう知り合いがいるかで受けられるサービスが全く違う。コネさえあれば長い列に並ばなくても済むし、こういったコンサートに無料では入れたりする。
幸いなことに以前お世話になっていた家族が Teatro Amadeo Roldán と Teatro Karl Marx のディレクターをしていて、これまでずっとどちらも自力でチケットがゲットできなかった際には入れてもらってたりした。
彼女に難しくてもその家の人に頼んでみようかなと思ったところ、「8時に裏口に来て。」と言うので、彼女に任せることにした。

20時少し前 Teatro の裏口に行くと彼女が待っていて、取り敢えず楽屋口に入ることは出来た。その先がなかなか進まなくて、他の人と難しい顔をしながらぶつくさ言い合っている。舞台袖で聴くことが出来るだけでもいいので追い出されないかどうか心配になったのだけれども、「兎に角落ち着いてここに座っていろ」と。
暫くすると客席への通路に通してくれて、客席へ。端の席に座っていろと。「この席のチケットを持った人が来たら、どうしたらいいの?」と訊いたのだけど、「大丈夫だから座っていろ」と。
始まるまではらはらし通しだったのだけど、その席の所有者は来なかったので、もしかしたら関係者席か何かでとってあったのかもしれない?よくわからないけど、無事にコンサートを観ることが出来ました。

どうやら Aragón 、9月に結成70周年だったようで、その記念コンサートでした。
こういうことってたぶん珍しいと思うのだけど、コンサートの始まり、メンバーがステージに揃ったところで早速スタンディングオベーションをする観客もけっこういた。それだけ愛され期待されていると言うことね、と思う。
なんか、、日本で初めて観たときのようにてんからキラキラしたものが降り注いでくるような感じはなかったのだけれども、半分 Son 、半分 Danzón - ChaChaChá といった演目で、なかなかいい感じ。
おじいさんふたりがときどきステージに出てきて、Aracón の功績を讃えたりした。たぶん以前在籍していたミュージシャンなのではないかと?後日知り合ったおばあさんも「ああきっと昔のムシコだわ。」と言っていたので、たぶん。このおばあさんたちは、申し訳ないことに凄く行きたかったけどチケットが手に入らなかったんですって。。私は外国人でいろんな人が助けてくれるし、彼らに比べたらずーっとお金も持ってるので、一般の人たちよりも得をすることが多くて、こういうときは本当に申し訳なくなる。
その他に Bárbara Yanis というリリコの歌手がゲストとして2曲ほど歌い、女性コメディアン(なんだと思う。。)が華を添えた。華なのか?!華はダンサーさんたちね。1組のペアーが2回ほどステージ上で踊りました。
また、子ども達の Charanga 楽団 Charagonsito も2曲演奏。ティンバレスとピアノのこが素晴しかった。ヴァイオリンソロをした子も。Charagonsito は、Charanga と Aragón を併せて、子ども達とかの愛称になる - sito から命名されたそう。主にメンバーの身内から構成されているとのうわさ。
ちなみに Charanga というのは、楽団の構成のことで、ヴァイオリンやフルートなどが加わった形式の楽団を指します。
クラシックとはいえバイラブレ、気持ち良さそうに楽しそうに踊って楽しむ観客が多かったです。遠くてよくわからなかったのだけど、ひとり通路全部使って踊りまくっているおじいさんがいて、みんな大喜び。

終演後、昼の暑さが納まった Malecón をそぞろ歩きたくなるような、そんな気分にさせてくれる素敵なコンサートでした。

clasica | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/09 (Wed)
 Cumple 40 años de Los Van Van



ことの始まりは1年と数ヶ月前、Torino で Los Van Van のライブに行った際、Juan Formell に尋ねたのです、「来年は Los Van Van 結成40周年だけど、何か大きなコンサートをなさるのですか?」。「記念コンサートを開催するよ、キューバでね。我々にとって重要なのは、キューバで行なうってことなんだ。」
それは以前から感じていたことだけれども、Los Van Van の国外公演は、キューバから外に出て頑張っているキューバ人、そしてラテンアメリカの人々への大きな応援になっている。彼らはもちろん遠征先の国々のファンのためにも演奏しているのだけれども、その国にいるキューバ人やラテンアメリカからの人々に語りかける。そしてメッセージを伝える。頑張れ。辛いんだろう?頑張ってるんだろう?わかってるよ、頑張れ。そして数年前 Teatro Karl Marx で行なった国内ツアーの締めくくり、DVD "Aquí el baile y gana" にもなったコンサートで、感じた。Los Van Van は、キューバの人々のものなんだ、と。それまで幾度も通った Casa de la Música でのコンサートとは、ミュージシャンと観客の間に通っているものが全く違っていた。
40年間変わらず彼らを愛してくれたキューバ人の前で40周年を共に祝うコンサートを行うこと、それは、Los Van Van とキューバの Vanvaneros にとってとても大切なことなのだ。「マエストロ、私も参加させて頂きたく存じます!」なんてスペイン語はわからないけど、「行きます!」宣言を私の口がしたので、これはもう、是非とも行かなければならなかったコンサート。行ってきました ♪

ジャスト21時、ステージの幕前に Los Van Van の歴史を辿る写真が映り、その脇での Juan の弾き語りがオープニング。そして幕が開き、Arrasando の演奏、4人のカンタンテが、客席から登場。沸き上がる会場に、そこにいられた幸せに頭がくらくら。
何度も書いているように、音楽的に彼らの凄いファンってわけではない。Vanvanera fanatica と、Los Van Van のメンバーや他の人たちから言われるのだけれども。私は、彼らは最強のライブバンドだと思っているし、彼らのそうである姿勢が大好き。素晴しいと思っている。
前回行った Karl Marx でのコンサートは、近くに知り合いがいっぱいいて前から3・4列目のど真ん中だったけれども、今回は、周りは知らないカップルだらけ、9列目で端っこで背の高い人たちが前にいてステージを観るには前のような好条件ではなかったけれども、ひとり踊りまくり歌いまくり叫びまくりで周りの迷惑を顧みずに楽しみました。
例によって私、CD にあまり興味がないので、購入したもののあまり聴かずに Los Van Van の新譜を誰かに貸してしまったきりになってるので予習不足、曲のタイトルとかあまりわかりませんが、Arrasando を中心に2時間半くらいの演奏。Mayito や Robertón も勿論素晴しいのだけれども、キューバでは Lele が歌うと観客が大喜び。たぶん、彼の歌う歌詞の内容がいいのだと思う。Samuel が作っているのだけれども、歌詞は Lele の人生に添っている。誰の息子であるか、誰の父親であるか、など、実際の彼を反映しているのが共感を呼ぶのかも?Yeni ちゃんは、1曲しか歌わなかったなー。。YouTube か何かで観たライブ映像だと2曲の持ち歌を歌っていたから期待していたのだけれども。。
途中 Pedrito Calvo 、Angel Bonne といった過去のカンタンテが自らの持ち歌を、そしてピアニスト Pupy がゲスト参加。後半、Omara Portuondo が Juan Formell と彼のギター演奏でデュエット!!!素晴しかったですぅ~♪
締めの曲は、Juanes が行なった Concierto por la Paz でも締めとして使った Chan Chan 。あれ以来 Juan はお気に入りのようで。ゲストが全員ステージに上がり、インプロビゼーション回し。Paz 同様、Alexander Abreu がトランペットを吹きました。

このために来たのだわー、と思ったし、彼らの歴史の節目のコンサートに参加できて、とても嬉しかった。

timba | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/07 (Mon)
 行ってきます。

間もなく飛びたちます♪

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/06 (Sun)
 コメント欄閉じます。



スパムコメントが多過ぎて、しばらく月数回しかインターネット出来ないことを考えると、閉じた方がいいかなーと。。。
ご連絡は、サイドバーのメールフォームからお願い致します。


と思ったけど、英数字フィルターをかけました。しばらく様子を見ます。




未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/04 (Fri)
 Salsa Swingoza, vivo en CAY



土曜日、表参道の EATS and MEETS CaySalsa Swingoza 今年最後のライブがあります。
今年最後ですよ!とはいえ、今年何回やったんだ?って感じもするのですが。。そして、今回は豪華ゲストが!Swingoza リーダーの 大儀見元 さんが共に Palma Habanera で演奏する 大口純一郎MySpace)さんと SAYAKAMySpace)、そして Tio 末永雄三 さんがゲスト出演!




Salsa Swingoza "Aquí, se puede" 1/2


しかも今回は!!ボンゴ・カンパナの Coco さん欠席の為、初期 Swingoza でコンガを叩いていたコスマス・カピッツアさんがコンガに入り、大儀見さんはなんとボンゴ・カンパナ担当となります!こんな機会滅多にない、とても貴重なライブです。
超お勧め!是非是非。

OPEN ;18:30 , START ;19:30
前売券 ; ¥3,500(立見、ドリンク別、整理番号)
当日券 ; ¥4,000(立見、ドリンク別、整理番号)

チケットの取扱い ;
チケットぴあ(Pコード334-105)
イープラス
ローソンチケット(Lコード77642)
各プレイガイド
チケット取扱い店 ; spiral records(スパイラル1F)

また、今回は シガークラブ とタイアップ、キューバの FOOD&COCTAIL と、CIGAR(葉巻)までもがともに楽しめる SPECIAL CUBAN NIGTHT です!


Salsa Swingoza ; 大儀見元 (vo.bongo)、Manny Mendez (vo)、岩村健二郎 (vo.per)、Juan Carlos Lopez (timbales)、Kosmas Kapitza (congas)、中島徹 (pf)、澤田浩史 (b)、中路英明 (trb)、宮内岳太郎 (trb)、小坂武巳 (trb)、堂本雅樹 (b.trb)

SPECIAL GUEST ; SAYAKA (vln)、大口純一郎 (p)、間所直哉 (perc)、末永雄三 (tres guitter)
GUEST DJ ; RAPHAEL SEBBAG (U.F.O.)

忘れてました、ゲストに 間所"くるくるバタ野郎"直哉MySpace) 君もいました。

大儀見さんのボンゴってのも楽しみだし、何よりもゲスト出演なさる大口さんのピアノが楽しみ!!!


ところで、7日からキューバに行ってきます。4日までしかチケットがないと言われながらもこのライブが観たいがために トラベル・ボデギータ に無理を言って、7日のチケットを探してもらいました。
8日にキューバ到着、そして9日には Los Van Van 結成40周年記念コンサートだよん♪
素晴らしいスケジューリング、危ない綱渡りとも言う。。

例によってキューバではあまりインターネットが出来ないかもしれないのですが、なるべくたくさんの現地でのライブ報告をしたいと思ってます。ご無沙汰しちゃったら、ごめんなさい。

Japón | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。