--/--/-- (--)
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/23 (Wed)
 Leonid ???



【Leonid じゃないそうです。。。】

Olga ねーさんとデュエットしたりコロしたりしてたのって、Leonid Torres ?間違ってたらごめんなさいね。ギター弾いたりしてたんだけど。
似てると思うんだけど、髪の色が黒過ぎるし、特別扱いされてないし、違うかも?

「東洋人の顔は見分けがつかない。」と言うキューバ人とイタリア人には、「私たちは白人と黒人の顔の見分けがつかないわ。」と言ったら、冗談を言ってるのだと思って笑われたけど、まぢで見分けがつきません。。。「本当よ。」と言ったらびっくりしてたけど。


ところで、Plaza de la Revolusión でご覧になった方がいらっしゃいました!うらやまし過ぎるっっッ!
Cuba から Buenas の Cubanito さんです。


全般 | trackback(0) | comment(12) |


<<>Sabor de mi Rumba - Alain Pérez | TOP | Concierto para la Paz en Cuba>>

comment











管理人のみ閲覧OK



わたしは最近テレビに出ている若者たちの顔の区別がつきません。。。。

ベッピンさんとかハンサム君とは思うんだけど。。。

2009/09/23 14:49 | junko [ 編集 ]


そーね、私も。
歌手も、歌聴いても区別つきません。曲の傾向や発声等、似てるんだもん。。

2009/09/23 18:15 | macomoco [ 編集 ]


イタリア人のほうが失礼。

キューバに行ったとき、キューバ人は”日本人”と言ってくるか、あるいは、”日本人?中国人?”と、間違いの無いようになのか、聞いてきました。でもイタリア人はすべてのアジア人が中国人だと思っているようです。
トリノは特に日本人が少ないから、見分けが出来るほど見慣れていないからなんでしょうが。

2009/09/24 10:51 | yoko de torino [ 編集 ]


Chinese?

とでも言うのか?わかんないけど、イタリアではアジア人を指す言葉ではないの?スペイン語では、Chino ってアジア人全般のことだったりするけど。
キューバでは、たぶん Chino って言うと怒る日本人がいるから訊いてくるんだと思うよ。それだけ日本人が行ってるってことだと思う。

2009/09/24 13:05 | macomoco [ 編集 ]


違う

イタリアで”Cinese”(イタリア語綴り)と呼ばれる場合は確実に中国人だと思っての事です。まっ、でも中国人にも同国の人間だと思われて中国語で思いっきり話しかけられる私達ですから、アジア人以外の人が見分けがつかないのは当然ですね。
最近でこそなんとなくヨーロッパのそれぞれの国の人の顔の特徴の違いが判るようになりましたが、子どものころはすべてがアメリカ人でした、私にとっては。それと同じか・・

2009/09/25 01:09 | yoko de torino [ 編集 ]


キューバに行ったときは、人々は私を見るやいなや、パブロフの犬みたいに「ちーな」って口にでてしまってるような印象だった(笑)
最初は「ちゃうで」って思ってたけど、そのうちどうでもよくなって、「ちーなー!」「はーい!」てな感じやった(笑)
最後の方は体力も消耗してきたので、反応できませんでした(笑)

2009/09/25 01:30 | junko [ 編集 ]


私は、、

中国語はないなぁ。タガログ語(たぶん)とタイ語で話しかけられたことはあるけど。
yoko さんは、血筋的には日本人入ってないのでしょう?でも、見た目だけじゃわからないものね。違いは、育った場所と、身につけた仕草とか雰囲気なのかなぁ?

キューバ人の男の子が「日本人は Chino って言うと怒るけど、同じじゃないか。」と言うので、私が「メキシコ人と間違えられたら?」って訊いたら、「メキシコ人には僕のようなムラートはいない。」と。なので「ブラジル人とかジャマイカ人とか、、」と言ったら、「彼らはスペイン語を話さないよ。」って。

でも私たちにはなんとなく、日本人かそうでないかってわかるんだけどね。飛行機で隣になった韓国人の男の子と、「アジア人同士は何となく違いがわかるよねー」って話したこともあるし。
中国にはいろんな民族がいるし、日本人も南からは行った人と北から入った人とでは人種が違うんだって。

2009/09/25 01:43 | macomoco [ 編集 ]


China

って、私の名前。って勢いで。
私もそう。「私の名前はチナです。」って思ってたもん。いろんな人がそう呼ぶから。
名前覚えられなくて、そう呼ぶ人たくさんいたし。

2009/09/25 01:52 | macomoco [ 編集 ]


入ってません

日本人の血は入っていないよ。国籍と血筋に視点が行くのはやはりそれはアジア人なのかな?中国人が外国でも中国人どおしで結婚して血統を保つ、そう言う考えからでしょ。多くの国では血統、親の国籍に関係なく生まれた国の国籍を取得できるので、日本のように両親が外国人だから出生と同時に日本国籍がもらえないというのは、たとえばイタリア人からしてみればとても不思議な事だそうです。
市役所で言われました。”日本という国は寛大な国かと思ったら、人種差別をする国なのか?”と。
私が"日本人”と名乗ることに抵抗があるのでしょうか、Macomocoさんは。
両親も日本で生まれ、日本の教育を受け、母国語を話せない(これは恥ずべきことですが)。小さいときは自分が日本人でないことさえも知らなかった。国籍の違いを理由にいじめられるのを避けようとした母の思いから、学生時代はすべてを隠していた。
でも私は日本で生まれ、日本人のように育ってきたので自分を日本人と呼ぶことにはまったく抵抗は無い。逆に、韓国人というほうが抵抗があります。韓国人であることに誇りを持ってはいますが、生まれてからずっと日本で育っていれば自分が日本人であると思ってしまいますよ、やっぱり。
骨を埋める場所は日本だと思いますし。日本が基盤ですから、私にとっては。

2009/09/26 03:36 | yoko de torino [ 編集 ]


抵抗ないよ。

もし気を悪くしたのだったら、ごめんなさい。東アジア以外の人に姿を見ただけで違いを判断しろってのは難しいけど、東アジアの人にはなんとなくどの人が何人かわかるよねって、それは、血による顔の違いではなくて、その人の雰囲気でなのかな?って、そう思ったの。私は南アジアの人がどの国の人かは、わからないけど、彼らはわかるのかもしれないし。
それと、「中国人」と言われて怒って「日本人だ」って言ってたのは、不思議に思ったけど。怒るほど拘ることではないと。ヨーロッパでは「中国人」って侮蔑の対象になってることが間々あるので、わからないわけではないけど、悪意なく言ってくることもあるでしょう?そういうときに、怒らなくてもいいんじゃないかと。特に相手がキューバ人の場合、China が単に「女の子」とか「かわいこちゃん」を意味する場合もあるから。
キューバには北朝鮮とかベトナムから来てる人も増えてるから、「Koreana?」とか「Vietnamita?」って訊かれたこともあるよ。

国籍法のことは、そう決めた理由はわからない。たぶん、日本を守るためだと思うけど。現実的にありえないと思うけど、例えばスペインは一定期間以上スペインに住んで(働いて?)いれば、スペイン国籍がもらえて2重国籍も許されているけど、どこかの国の人が知らぬ間に増えて、ある日突然今日からスペインは××国に併合しますってなっちゃうかも?ってことなんだと思う。そのありえないことを恐れてるんだと思ってた。人種差別って言うより、国の存続の問題だと思ってたけど、実際はわかりません。

米国民で、自分のことを祖先の出身地人だと名乗るのは、キューバ人とイタリア人と中国人だって聞いたことあるけど、イタリアのイタリア人はそういう民族意識は強くないの?
まぁイタリアと一口に言っても、いろんな歴史を持ったいろんな地域があって、たぶん人種もちょっと違いそうな気がするけど。北イタリアでは、「ナポリ人は、とか、南イタリア人は、」とか言うでしょう?トリノで「ミラノの奴らは、」とかさ。「私の家はどこどこの出で、」とか言うじゃない?イタリアは階級もあるしさ。
ヨーロッパって地続きで、紀元前からローマ人が遠くまで遠征して混血してるってのが、意識に違いが出る理由かもね。でも同じ地続きの中国は、あまり人種のミックスがされていないような。。

そういえばキューバで、「中国人?」って訊いたら「モンゴル人だよ。」って言われて、「ロシア人なの?」と訊いてしまったことがある。。モンゴルって独立国なのよね。すっごく失礼なことしてしまった。

2009/09/26 05:22 | macomoco [ 編集 ]


気を悪くはしていないよ。

違う違う。
"中国人”って言われて怒るわけではないけれど、大抵の日本人はあまりにも中国人だといわれすぎてうんざりしている。それが現実。
生まれて間もなく海を渡ってアメリカに養子に行った子ども達は成長するにつれて顔つきが日本人ではなくなるんだよね。写真を見ると”ハーフ?”と思ったり。やっぱり食生活、環境って顔を変えるんですよね。
お化粧の仕方も国によって特徴があるだろうから、それによっても顔が変わるのかもしれないけれどね。
イタリアにいるととにかくいろんな顔見られるから。アフリカ人ってみんな同じようだけれどでもやっぱり違うんだよね。
モンゴル人か。彼らって日本人に近いよね、顔。

2009/09/27 02:52 | yoko de torino [ 編集 ]


そういえば、

友人のいとこ、日本人の血しか入っていないハワイの日系アメリカ人と結婚した日本人の子供、足が長くて体系がアメリカナイズされていた。ハワイで生まれ育って、きっと食生活と椅子の生活のせいだって言ってたけど。。

アフリカ人も、民族によって違うよね。それに、米国の黒人ってあまり白人と混血されていないはずなのに色が薄いけど、ヨーロッパやアフリカの黒人は色が黒~いよね。日差しが違うのかな?
モンゴル人より、インディアンの方が日本人に似てると思う。モンゴル人は、顔がホームベースのような形をしてるって気がする。
初めて米国のインディアンに会ったとき、日本人かと思ったもの。ひとりの人じゃなくて、米国でいろんなインディアンがいろんなお店をやってたんだけど、そこにいる誰もが日本人ぽい顔してた。

2009/09/28 03:33 | macomoco [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://musicacubana.blog4.fc2.com/tb.php/849-b991e51d

| TOP |

ブログ内検索

 かなり使える子です。

カテゴリー

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

macomoco

  • Author:macomoco
  • ¡ Bienvenida !

    ぱんだ


    何者?!と思った方は、こちら をご覧ください。
    いや、何者でもないのですけどね。 ただのキューバ音楽好きです。
    そのうちきっとキューバに舞い戻り、現地からの生情報をお届けするつもり♪

    ブログ内検索機能はかなり使える子なので、どうぞご活用ください。 名前等、アルファベットだったりカタカナだったりします。

    キューバ観光、キューバ滞在についてなど、お気軽にご相談ください。
    どう音楽三昧をするのか、キューバをどう歩くのか、どう過ごすのか、おいしいレストランやかわいいお洋服のお店、お薦めのお土産等、また、カサ・パルティクラルのご紹介など、キューバを楽しむお手伝いをさせていただきます。

    下のメールフォームか、コメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて質問内容とメールアドレスをご記入の上、ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さぼにゃん

Amazon 検索

NO MUSIC, NO LIFE.

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。